よく耳にする研磨剤について

歯が削れるってホント?

歯磨き粉に入っている研磨剤って歯に良くないの?研磨剤が入っていない歯磨き粉って売っているの?と疑問に思っている方多いのではないでしょうか?ドラッグストアなどで売っている市販の歯磨き粉のほとんどは研磨剤が配合されています。

研磨剤の役割って?

研磨剤といってもどんな役割をしているのかいまいち分かりませんよね?

例えば、、、

台所の流しをクレンザーとたわしでゴシゴシ磨くのを想像してみてください!1週間に1度ならツヤツヤになって綺麗になるだけですが毎日毎日ゴシゴシやっていると表面が傷だらけになりませんか?それと同様で歯磨き粉も研磨剤が配合されているものを毎日2、3回ゴシゴシ磨いていると次第に歯の表面のエナメル質が削られてしまい細かい傷ができてしまいます。そうなるとその細かい傷に汚れが入り込みやすくなり、虫歯の原因にもなるのです。せっかく綺麗に磨いていても着色や汚れが付きやすいと意味ないですよね?なので、研磨剤がたくさん入っているものは気を付けてください。入っていても微量の研磨剤の歯磨き粉を選んで磨けば歯の表面を傷つける心配がありません。全く入っていないものでは汚れが落ちないのも事実です。

赤ちゃんの歯に研磨材は大丈夫なの?

※また、乳歯の場合エナメル質の厚さは永久歯の半分と言われていますので、子供の歯磨き粉は研磨剤なしを選ぶほうがいいです。

その他にも研磨剤なしの歯磨き粉は『歯周病で歯茎が腫れている方』でも使いやすい歯磨き粉になっています。歯周病になると歯茎が腫れてしまい、歯ブラシを当てるのが困難になります。しかし、研磨剤が配合されていない歯磨き粉の場合、刺激がないので腫れている歯茎に使っても問題がありません!逆に研磨剤の入っている歯磨き粉で磨くと歯茎に傷がつき歯周病を悪化させる場合もあります。

研磨剤について知って頂けたでしょうか?

今からでも遅くありません!!歯を守るためにも研磨剤なしの歯磨き粉に変えてあげることをお勧めします