丈夫な歯をつくる為の食事について

歯を丈夫にするには、食事も関係しています。

普段の食事では、歯を丈夫にするカルシウムをとり、清潔な口腔を保つ助けをする食物繊維を積極的にとることをおすすめします。

歯が丈夫であれば、 なんでも美味しく食べられます。

高齢者の方で自分の歯でしっかり食べられている方は全身の健康状態も良好だと言われています!

8020運動

丈夫な歯「8020運動!80 歳で20本の歯を残そう!!」を目指して美味しい食事がいつまで楽しめるようにしましょう。

丈夫な歯には食物繊維が重要

丈夫な歯にする為にまず食物繊維が必要と言われているのは、唾液が潤った状態は口腔内を清潔に保ち、歯周病、虫歯などの予防になり丈夫な歯を保つことにつながるからです。

唾液の働きには「消化を助ける・食べ物のカスを洗い流す・細菌の繁殖を防ぐ」などがあります。

この唾液で常に潤った状態をつくるには歯磨き以外にも食事をする時によく噛むことがポイントの一つになります。

また、食物繊維の多い食品は噛む回数が自然と増えますし、よく噛むことであごの骨を丈夫にし、歯をますます丈夫にしてくれます。

良く噛んで食べることで食事ペースもゆっくりになり満腹感を得やすくなるので食べ過ぎの予防につながりダイエット効果もあります。

食物繊維は、比較的低カロリーなものが多いので積極的にとりいれましょう!

◎食物繊維の多い食品

    ・玄米

    ・こんにゃく

    ・きのこ類

    ・昆布

    ・切り干し大根

    ・ごぼう など…

↓↓他にも一緒に摂ると良いもの

◎たんぱく質

    *歯の土台をつくる

    *カルシウム吸収をよくする

     《卵、肉、牛乳、乳製品、魚、豆、大豆製品》

◎カルシウム

*歯の原料となる 《牛乳、乳製品、小魚、大豆、大豆製品、ごま、小松菜、ひじき》

◎ビタミンA

    *歯のエナメル質をつくる

     《レバー、卵、チーズ、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜》

◎ビタミンD

    *カルシウムの利用を高める

     《魚介類、きのこ類》

◎ビタミンC

    *歯の象牙質をつくる

    *カルシウムの吸収よくする

     《野菜、果物、芋類》

◎マグネシウム

    *カルシウムの吸収を助ける

     《魚介類、海藻類、納豆、玄米、ココア》

  楽しく食べて体の中から健康にしていきましょう!!