口臭の原因の種類について

口臭の原因はどんなものがあるかご存知ですか?

 
    • ほとんどの口臭の原因は口の中にあります。口の粘膜は皮膚の垢(あか)と同じように、細胞が剥がれ落ちて、舌に白く溜まり腐敗します。これが舌苔です。
 
    • 舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生します。食事を歯できちんとかまなければ舌苔が増え口臭の原因になるのです。食べ物は歯を汚す一方で、「かむこと」で舌をキレイにします。

「上司のみだしなみで最も気になる事」を調べた

    • OL を対象に「上司のみだしなみで最も気になる事」を調べたところ、9割以上が「口臭・体臭」を一番にあげました。つまり、半年毎に歯科健診し口臭予防に心がけることは、現代社会で必要なエチケットなのです。

口臭の主な原因は

    • 揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)です。歯周病原菌は、硫化水素より悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に産生します。ですから、歯周病は強烈な口臭があり、まわりの人から嫌がられます、予防しないといけません。
 
    • 一方、ニンニクなどの食物を食べると、アリル化合物あるいはセレニウム化合物などのガスが腸を介して肺から排出され、口臭の原因になります。
 
    • 同様に、肝臓病などでも、臭い物質が肺から出てくることもあります。健康な人でも、肺から出てくるガスは100種類以上あります。しかし非常に低濃度なので、口臭の原因にはなりません。さらに、腸内に溜まったガスも血中に吸収されるものが多いようですが、多くは肝臓で分解されます。肺から出てきますが、健康な人では口臭の原因とはなりません。
 
    • よく胃が悪いと口臭が出ると言いますが、ほとんどは誤解です。時々、胃食道逆流症(逆流性食道炎)など、いくつかの消化器疾患では口臭が出ることがあります。
 
    • 一方、鼻の病気の臭いを口臭と勘違いする場合があります。鼻づまりなどがあれば、耳鼻科受診を考えてください。
 
    • また扁桃腺炎があると、まれに口臭の原因になることがあります。ただ、扁桃腺炎があれば、必ず口臭が出るとは限りません。神経質な方は、すぐ扁桃腺摘出手術を受けようとしますが、先ず本当に口臭があるのか、そして扁桃腺炎が口臭の原因なのか、十分な検査を受けることが必要です。

口臭を予防で舌ブラシを使う!

 
    • 舌ブラシの使用法としては、睡眠中の口の中は、唾液の分泌量が少なくなり、細菌が増殖しやすい状態になっています。ですから、舌のブラッシングを行うタイミングとしては、就寝前と起床時が効果的です。舌後方を主に行って下さい。
 
    • 舌の前方は特に磨かなくても自然にこすれるため、舌苔は元々あまりついていません。軽い力で10回ほど掻き出すようにします。この時、強くあててしまうと舌の表面が荒れてしまい、かえって舌苔が付きやすくなってしまうこともあるので、十分注意して下さい。