歯に着色する原因とは?

どんな理由があるのか知ってますか?

①加齢による歯の黄ばみ

 年をとると歯は白色から黄色に変色していきます。これは表面を覆っている半透明の白色物質である「エナメル質」が加齢に伴って薄くなることで透けて見えやすくなるため。

②外部からの着色

 コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈色することで着色を引き起こします。「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれに当たります。原因になりやすいものは、コーヒー、タバコ、赤ワインなどが良く知られていますが意外なものにも、バナナや大豆製品にも原因になりやすい物質が含まれています。

また、歯垢が歯に付着することでも着色を引き起こします。歯垢は淡い黄色をしており、黄ばみを目立たせますが、歯ブラシで容易に除去することができます。歯垢が付着していると口臭や虫歯の原因にも繋がります。

③虫歯による色の変化

 初期虫歯では、歯の表面が脱灰することによって起きるホワイトスポットという現象がみられます。ホワイトスポットから進行すると、さらに虫歯が進み、歯は黒色に変色します。虫歯が進むと歯の神経は死んでしまい、神経が死んだ歯は徐々に茶色っぽく変色してしまいます。

④抗生物質による色の変化

 あまり知られていないですが、抗生物質野中でもテトラサイクリン系と呼ばれる種類の薬剤は骨や歯など身体の硬組織に対して影響を及ぼし、特に歯に着色を起こす副作用が報告されています。

↓   ↓   ↓

ついてしまった汚れを落とすには?

 ①自宅でできること

 お手軽にできるのは、ドラッグストアなどで売っているステイン除去アイテムを使用することです。ホワイトニングケアの歯磨き粉、歯を白く見せるホワイトニングペンなどがあります。ホワイトニングケアの歯磨き粉には、重曹や研磨剤などが入っており、表面に付いた汚れを削り落とす力があります。

あとは自宅でできるホワイトニングができる「ホームホワイトニング」という方法もあります。ホームホワイトニングには、汚れを落とすことが目的のものと、歯の漂白を目的としたものがあります。

②歯科医院で行う歯の漂白

 歯科医院で専門スタッフの施術を受ける「オフィスホワイトニング」があります。医院や使用する薬剤によって、様々な種類のホワイトニング方法があり、効果の出方や痛みもそれぞれ違ってきます。

歯の白さを保つには?

・コーヒーやお茶など、ステインを含む飲食の後には口をゆすぐ

・歯の表面を傷つけるようなことは避ける(歯磨きをするときにゴシゴシと力強く行わないなど)

・虫歯など、外部からの着色以外の歯の色の変化にも注意する

・汚れを除去したり、歯の漂白をするアイテムや施術なども利用する

歯の表面を傷つけないように注意することも大事ですが、汚れを除去するためには研磨剤入りの歯磨き粉が有効な場合もあります。 生活習慣や歯の状況にあわせて、上手に取り入れることがポイントです。

また、常に自分の歯は見ているので歯に着色がついても気付きにくいことが多く、定期的に歯科医院へ検診に行くことも大事です。定期健診は自覚症状の出にくい初期虫歯なども発見しやすいです。