歯の色が与える印象について

歯の色はどれくらい人に印象を与えるのか

顔の中心に位置する《口元》が人に与える印象は、良くも悪くも大きなものだと言えるでしょう。歯の白さの一つの指標として《眼球の白い部分》と《歯の色》が同じくらい白いと、バランスが良い印象と言われています。見る側の感覚的な違いもありますので一概には言えませんが、写真に写る際や白い服装の時、女性は口紅を塗った時など、思った以上に歯の黄ばみが印象を左右してしまう時がありそうです。

黄ばんだ歯が与える印象はどんなもの?

「歯が黄ばんでいる人に対する印象」をあるサイトで調査したところ下記の結果がでました。

・3歳以上老けて見える。

・仕事(特に営業)ができないイメージ。

・異性にモテなそう

・同じスペック、同じ顔なら人事担当者は「歯が白い人」を採用したい。

いかがでしょうか。老けて見える、仕事ができなそう、モテないなどの非常に不名誉なイメージを持たれてしまうことが浮き彫りになりました。ほかにも歯が黄ばんでいることで「もしかして歯を磨いてないのかな?」などの不潔なイメージを持たれてしまうこともあります。服装や髪型に気を使い、歯をきちんと磨いているにもかかわらず「基本的な生活習慣が出できていない」という印象与えてしまうとすればとても残念なことです。

歯が白くてキレイだとどんな印象

歯が美しいことで印象をより良く向上させられそうだと予想できますよね。歯の色を白く明るくしたことにより歯だけではなく、お顔全体の印象もぐっと明るくはっきりして見えるようになり印象もかなり変わります。

上記同様「歯がキレイな人に対する印象」をサイトで調査したところ

・笑顔が輝いている

・モテそう、キレイ、かわいい

・信頼できる、採用したい

清潔感がある、明るい、さわやか

いかがでしょうか。歯の色がこれほどまでに印象を左右するとなると、黄ばみを解消して白い歯を手にいれたくなりませんか?いまや一般人も歯が命の時代です。歯をキレイにして印象を変えてみませんか?