歯の黄ばみの状態をチェックするには190506

どんな笑顔でも、歯に黄ばみなどがあったら台無しです

普段歯の色って意識をしないと気づかないものです。 自分の歯が黄ばんでいるかどうかを確かめるのはなかなか気づきにくいかもしれません。 白い歯は清潔感の表れで、美しい口元に欠かせないポイントです。 基本的には正しい歯磨きと、2.3か月に一度ほどのクリーニングに通っていればキレイな歯をキープできますが、よりしっかり歯の黄ばみどうにかしたい!という方はホワイトニングがおすすめです。 まず、ご自身の歯の黄ばみの状態をチェックするには、 以下の項目を鏡の前で確かめてみてください。

●くすみ歯チェックテスト

  • 喫煙の習慣がある。
  • この半年、歯医者に一度も行っていない。
  • 紅茶、コーヒーをよく飲む。
  • 歯を磨けない時が多い。
  • ストレスを感じやすい。
  • 歯磨きの時間は3分程度。
  • 歯を舐めると、ぬるっとした感じがする。
  • 赤ワインを飲むことが多い。
  • 水をあまり飲まない。
  • 早食いでよく噛まないで食べる。
  • 口の中が乾燥しやすい(ドライマウス)。
もしこの中に当てはまる項目かあるなら、黄ばみの原因があります。 歯が全体的に薄黄色に色がついていますか? タバコを吸いますか? 日常的にコーヒー、お茶、ワイン、を飲みますか? 歯の自然な明るさやエナメル質の深さは人により異なるため、 断定は難しいかもしれませんが、あなたの歯は色素沈着している可能性が高いでしょう。 色素沈着の主な症状は、エナメル質上の目に見える着色汚れです。 これらは歯石の堆積や、コーヒー、お茶、コーラ、ワイン、タバコの摂取から発生します。 これらを避けることにより歯の黄ばみを減らしたり、もしくはホワイトニングをすることにより 明るい歯を手に入れることが完璧な笑顔でいられるベストな方法です。 明るい白い歯の笑顔になるためにホワイトニングする方法は、今たくさんの種類があるのです。 ホワイトニングと組み合わせて 簡単にできるケアとしては口の中の舌と唾液のケア、1日の終わりのケアも重要です。

●舌と唾液のケア

唾液が減ると、歯の表面が乾燥し、艶がなくなり黄ばみやすくなります。さらに、唾液には、歯の再石灰化を促す作用があり、エナメル質をいい状態に保持してくれる効果もあり、 歯にとって天然の美容液、天然のリンスとも言われ、唾液の大切さがわかります。 舌の筋力アップの為に、舌のエクササイズも良いと言われます。舌を回すと唾液がたくさん出ます。それが、歯黄ばみ予防にもつながります。1日数回、舌回しのエクササイズを行いましょう。

●夜は複数のツールを使ってしっかり落とす。

歯磨き夜にその日の汚れを落としきること。夜の歯磨きは、最低でも10分以上は行いましょう! なぜなら一日の汚れは、それくらい時間をかけないと落としきれないからです。また、どんなに優秀な歯ブラシでも、汚れを落とせるのは50%ほど。フロスや歯間ブラシなどで徹底的に汚れを落とすのがおすすめです。 ホワイトニングと日常ケアを組み合わせて、黄ばみにくい歯を目指していきましょう! そしてより自信の持てる笑顔を手に入れていきましょう!