歯を失う原因について

どんな理由で歯を失っているかわかりますか?

歯を失う原因の第1位は歯周病、第2位は虫歯と言われています。
そしてあまり知られていないのが第3位の歯根破折です。
文字通り、歯の根っこが折れてしまうことがあるのをみなさんはご存知ですか?

歯根は歯ぐきや骨の下に隠れているため、自分で見ることはできず、歯根破折を防ぐと言ってもどうやって予防していいのかわかりませんよね。しかし、歯根破折の原因を知ることによって未然に予防することができます。今回は歯根破折の原因や症状、予防法についてご説明します。

●歯根破折で起こる症状

1.歯がしみる
2.噛み方によって痛みが強くなる
3.歯がヅキヅキする
4.歯ぐきが赤く腫れる
5.歯がぐらついてくる

知覚過敏や虫歯でも歯がしみたりなどの症状は現れるので、
初期段階ではなかなか判断も難しいのです。

●歯根破折しやすい人の特徴

1.歯ぎしり・食いしばりの癖がある
2.神経のない歯がある
3.太い金属の土台が入っている
4.噛む力が強い
5.硬いものを好んで食べる
6.インプラントが入っている

●治療した歯にこそ用心です!歯根破折を引き起こす主な原因

・歯が弱っていたため割れてしまう
虫歯で歯が弱くなっている。歯の治療などで歯質が少なくなっている。
虫歯の処置で神経を抜いて歯質が弱くなっている…など、歯に問題があった場合、それが原因で歯が割れてしまうことがあります。

・歯に強い圧力がかかることで割れてしまう
食いしばりや歯ぎしりなど、無意識のうちに強い圧力が歯にかかり歯が割れてしまうこともあります。

●歯根破折の予防法

・歯の食いしばり、歯ぎしりにはマウスピースの使用する
・神経を抜くことにならぬよう、虫歯がひどくなる前に歯医者に行く
・定期検診を受ける。

歯はもともと丈夫なものですが、過剰な力がかかりすぎるとやはり壊れてしまうものです。 歯根破折が起こると、大抵は痛みが出て歯科医院を受診される方が多いですが、まれに痛みがないなど自覚症状がないままに歯根破折を起こしていることもあります。やはり定期的に歯科検診を受け、歯科医師と相談し、予防対策をしましょう。

●歯根破折した歯の治療

残念ながら治療することができず、抜歯をするしか方法がありません。歯根が複数ある臼歯などの歯は、折れている歯根だけ抜歯してあとは保存してかぶせ物を被せることもありますが、破折している部分を保存することは不可能です。
しかし、抜歯をしたくないからといって割れた歯をそのままにしておくことはさらに危険です。放置しておくと細菌感染を起こすこともあるのです。

虫歯がある、治療した歯がある、歯をくいしばる癖がある…といった人は、
歯根破折を未然に防ぐために歯のお手入れに気を配りましょう。