歯を強くするために簡単にできること

生活の中で簡単にできそうな歯に良いこと って?

今回は生活の中で簡単にできそうな歯に良いことをご紹介致します。 歯医者さんに行かなくても日々気をつけて続けていくことで虫歯ができにくくなったり、口腔内を健康に保てるといいですよね! 歯磨きなどももちろん大切ですが他にもあるんじゃないかと気付いたので書いていきますね!

まずは ☆食べ物

歯の健康に良い食べ物です!
これは歯によい栄養素を含む食べ物ということです。
歯の原料となるカルシウム、エナメル質を強化するビタミンA、象牙質を作るビタミンCを含む食べ物は歯を強くする食べ物です。
特に永久歯が生えそうなお子さんにはとてもオススメです。

《歯の原料となるカルシウム》
牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆、干しひじき、ごま、小松菜など

《エナメル質を強化するビタミンA》
かぼちゃ、にんじん、レバー、たまご、うなぎなど

《象牙質を作るビタミンC》
レモン、みかんなどの果実、ピーマン、パセリなどです。


また歯の清掃をしてくれる清掃性食品もオススメです。間接清掃食品と直接清掃食品の二種類があるのですが、
わかりやすく言うと間接清掃食品は唾液が出やすい食べ物です。
唾液がお口の中の健康にとってとても大切なことは以前の色んな記事で取り上げられています☆ 見てみてくださいね!

唾液は食べ物の停滞と酸性化を防いでくれるので虫歯の予防に役立ちます。

《唾液がでやすい食べ物》→間接清掃食品
梅干しや、酢の物など

直接清掃食品は繊維が多い食べ物になります。
噛むことで歯や粘膜の表面が清掃され、顎の発達も促します。


《繊維が多い食べ物》→直接清掃食品
ゴボウ、にんじん、レタス、セロリなど

梅干しは考えるだけでも唾液が多くなるので納得ですね。そして食事のほかにおやつをとっている方も多いと思いますので、虫歯になりにくいおやつも集めてみました。特にお子さんはおやつが大好きなのでできれば歯に良い物を食べてもらいたいですよね。

虫歯になりにくいおやつ

《砂糖をあまり使っていないおやつ》
おせんべい、あられ、クラッカーなど
《歯にくっつかないもの》
ヨーグルト、プリン、ぜりーなど
《すぐに食べ終わることができるもの》
果物、チーズ、ナッツ類

虫歯になりにくいおやつですが食べたあとはなるべく歯を磨きましょう!
できない場合はお水でうがいをしたり、 食後に飲むだけでも変わりますよ。

キシリトールは虫歯予防に最適

他には、キシリトールを利用することで虫歯予防もできるんです。
実は1番取り入れやすいかもしれません。皆さんも《キシリトール》1度は聞いたこと見たことありませんか?? キシリトールはお口の中を虫歯菌の住みにくい環境に変えていきます。2週間から1ヶ月の間、毎食後と夜寝る前のキシリトールの利用で虫歯菌は劇的に減少することが報告されています。

キシリトールはガムやキシリトールチョコなどで利用ることができます。
ガムは食後に噛むことでスッキリしたりしますよね。
続けていくことに意味があるので、ぜひ週間にしてみてはどうでしょうか?
お子さんが小さい場合にはキシリトール配合のタブレットやチョコをオススメします。

最後に

最後に食べ物に気を使ったり歯磨きをしっかりすることも大切ですが、食事をする時によく噛むということもかなり大切です! 噛むことで唾液が多く分泌され、ごく初期の虫歯なら唾液の力で治癒することもあります。 唾液は歯の再石灰化に大きく関わってきますので、まずはよく噛むことから始めてみてください。
噛むことなら材料をわざわざ揃えなくても今日の食事から始めることができますよね。

以前のブログにも噛むことの大切さが詳しくありますのでぜひご覧下さいね

虫歯になってしまうと辛いのでできるだけ予防してキレイなお口を保ちましょうね!