酸蝕歯って知っていますか?

酸蝕歯の読み方は「さんしょくし」です

歯の病気といえば虫歯を思い浮かべる人も多いと思います。虫歯は虫歯菌が甘いものに含まれる糖類から酸を出し歯を溶かします。ですが、虫歯菌がなくても、身近な酸性の食べ物や飲み物によって歯を溶かしてしまうのが酸蝕歯(さんしょくし)といいます。
酸蝕歯は甘いものではなく、酸性度の高い飲み物が日常的に歯に触れることで、その酸が歯を溶かすことで起こります。

●酸蝕歯の原因は?

飲食物などの酸に歯が長時間さらされることが主な原因です。
歯の表面のエナメル質は、酸性度を示すpHの値が5.5以下になると、溶けやすくなります。 そのため、酸性度の高いかんきつ類、酢、炭酸飲料などの飲食物を頻繁にとっている人は注意が必要です。歯は酸性を示す食物に長い時間触れていたり、唾液の分泌量が少なかったり、酸性の状態が持続すると、溶けてしまうことがあります。

飲み物で歯は溶ける?

歯は、その表面がエナメル質、その内側は象牙質でできています。エナメル質は体の中で最も硬い部分で、骨よりも硬く歯を守っています。そんなに強いエナメル質も、pH5.5以下の飲み物が歯に当たることで溶けてしまうのです。

コーラ、栄養ドリンク、酎ハイ、赤ワイン、白ワイン、飲むヨーグルト
野菜ジュース、ビール、日本酒、トマトジュース、ウイスキー

これらの飲み物はpH5.5以下の主な飲み物です。
身近なものであり習慣的に飲む方もいると思いますが、要注意ですね。
とくに少しずつ飲んで時間をかけながら飲んでいると常に歯が酸性に触れる事になるので飲み方にも気をつけましょう。

●酸蝕歯の治療は?

酸蝕歯の治療の基本は歯磨きです。セルフケアとしては、歯質を強化するフッ素などの成分が含まれている歯磨き剤を使います。歯科では、歯質を守る薬剤を歯に塗って固め、バリアを作る治療が行われます。

●酸蝕歯を予防するには?

・炭酸飲料などの酸性度の高い飲料を長時間口の中にためない。
・酸性度の高い飲食物を摂取する頻度を減らす。
・酸性度の高いものを口にしたら水でうがいをする。
・唾液の分泌が少なくなるスポーツの後や就寝前は、酸性度の高い飲食物を控える。

飲み物を飲む場合はストローで飲むと歯への接触が少なくなるそうです。皆さんもこれらを参考にして酸蝕歯を予防していきましょう。