今日は『歯石』についてお話をします!

歯石とは、歯にこびりついた汚れが石灰化したもののことを言います。

 

ネバネバした歯垢とは異なり、名前の通り石のように硬いものです。その主成分は「リン酸カルシウム」で、歯垢や白血球の死骸などが、ミネラルの一種であるリンと唾液に含まれるカルシウム成分で固められてできています。

 

◎どのように歯垢から歯石に変わっているのか?

お口の中に歯垢などの汚れが溜まる。「細菌が悪さをしないよう、動けなくしよう」という体に備わった防御反応が働く。

唾液の成分が汚れを固めてしまって歯石となってその場に固まってしまう。 このように、体は歯石を作ることでお口の健康を守っています。歯石ができるのは良くないこと!と認識されがちですが、決してデメリットばかりではありません。

 

◎歯石を放っておくと?

《トラブル1》

歯石自体は虫歯や歯周病の原因になることはありません。虫歯などの原因になるのは、あくまで歯垢です。歯石の中に潜んでいる細菌たちは、固められて悪さを出来ないようにされているので、無害です。では、なぜ歯医者などで歯石を取らなければならないと言われているのでしょうか?

その理由は、歯石が様々な口内トラブルに繋がることがあるからです。先程「歯石は歯垢を固めているので悪さが出来ない。無害なもの」と説明しましたが、皮肉なことに、歯石は歯垢を歯に留まりやすくする性質も持っています。

歯石の表面を見てみると、ザラザラとしていてたくさんの凹凸があります。ここに歯垢が引っかかってしまうのです。これをそのまま放っておいてしまうと、新たな歯石になりますが、歯垢が歯石になるまでには時間がかかります。なのでその間に、歯垢に潜んでいる細菌達が歯や歯茎に悪さをしてしまいます。よって、歯石ができる事で虫歯や歯周病のきっかけになると言えるのです。

 

《トラブル2 》

歯石ができやすい所は歯と歯茎の境目や歯茎に隠れた歯の根元部分です。

その為、食べ物を噛んだときに歯が動くことで、歯石との間に摩擦が起こり、少しずつ歯茎が傷ついてしまいます。歯石が少なければそれほど大きなダメージにはなりませんが、歯石が大きかったり、数が多かったりすると、歯茎が炎症を起こしてしまいます。

 

《トラブル3 》

歯石が歯茎に隠れた歯の根元部分にできると、空気と触れない場所なので「嫌気性菌」と言う菌が増えていきます。嫌気性菌が産生するVSC(揮発性硫黄化合物)や揮発性窒素化合物が増えてしまい、口臭が発生する原因になるのです。よく歯石そのものが臭うものと思われがちですが、実際は歯石が引き起こす口の造りの変化によって、口が臭うようになります。また、口臭の原因としては歯周病も考えられます。これも歯石がきっかけになっていることがあるので、口臭が気になる方は是非一度、歯石のチェックしてみてください。

 

◎最後に歯石は誰のお口にもできるものです◎

たとえ毎食後にきちんと歯みがきをしていても、長く歯科医院でクリーニングをしていなければ、少しずつ蓄積していきます。

歯石のできやすさは人によって違います。まずは、セルフケアをどれくらいやっているかで差がつきます。もちろん、しっかり歯磨きができていれば、歯石ができるペースはゆっくりになります。

 

その一方で、歯みがきを怠ると歯垢は2週間で歯石になると言われています。

 

また、セルフケアのペースが同じであっても、クリーニングをしてから数週間で歯石ができ始める方もいれば、半年に1度のクリーニングで十分に綺麗な状態を保てる方もいます。このような差が生まれる原因は、唾液にあります。唾液の性質は、人によって違うものです。唾液に歯石をつくる成分が多く含まれているかどうかが歯石のできやすさを左右します。

その為、気になる方には唾液検査をお勧めします!

唾液検査を行えば歯石のできやすさが分かり、クリーニングに通う頻度もわかるので一度検査するのもいいと思います。