歯間ケアってしていますか?

歯についた汚れを落としていくのに必要なのが「歯みがき」です。

 

これは皆さんも普段の日常の中で取り入れている事だと思います。ですが、 普段の歯みがきで歯と歯の間の汚れまでしっかり落とす事はなかなか難しいのです。

 

自分ではしっかり丁寧に歯を磨けていると思っていても、 実は、歯みがきで取り除ける歯間の歯垢は60%程度と言われています! つまり、40%程度の汚れが歯の間に残ってしまっているということになります。 そのままにしておくと、歯間の虫歯や、歯ぐきの炎症に繋がる可能性があり、 虫歯の原因の90%は歯間から始まっているとも言われています。

そこで、普段の歯みがきに取り入れていただきたいのが、歯間清掃具を使った「歯間ケア」です! 歯間清掃具も様々な種類があるので、自分に合ったものを選んだり、使い分けるのがおすすめです。

 

●デンタルフロス 合成繊維などでできた細い糸状のものを歯と歯の間でスライドさせ、歯垢を落としていきます。 歯ブラシではなかなか届きにくい場所を360°清掃できるのが特徴です。

 

●フロスピック 基本的にはデンタルフロスと同じですが、持ち手が付いていて使いやすさが特徴です。 主に歯と歯の隣接面の清掃に適しています。

 

●歯間ブラシ 先端についている小さなブラシで歯のすき間の汚れを落としていきます。 形状に種類やサイズがあり、汚れの気になる場所や、歯のすき間に合わせて太さを選びます。 ・I字型 … 前歯の歯間部の汚れに。 ・L字型 … 奥歯の歯間部の汚れに。

 

●ワンタフトブラシ ブラシの毛束が1つにまとまっている歯ブラシです。 主に通常の歯ブラシでは届きにくい奥歯や、歯並びの悪い重なっている歯などをポイントで磨くことができます。

 

●スポンジブラシ 先端がスポンジでできている棒状のブラシです。 主に歯が抜けてしまい残っている歯が少ない高齢者の方や、うがいのできない方におすすめです。 歯を磨くというよりも、粘膜についた汚れを先端のスポンジで優しく取り除いていくことが出来ます。

 

このように、様々な歯間ケアの方法があり、それぞれ使い方、効果も変わります。 歯間ケアをする事で、歯垢の除去率も約80%までアップする事ができるのです! 今の歯みがき後に自分に合った歯間ケアをプラスすることで、 歯の汚れの除去率を高めていきましょう!