『電動歯ブラシ』を使っていますか?190218

みなさんは歯磨きをするとき『電動歯ブラシ』を使っていますか?   それとも『手みがき』ですか?   WhiteningBARでホワイトニングをする際、1番初めに電動歯ブラシを差し上げています。   そして、ケアするときはその歯ブラシを使って磨いてもらうようにしています。   その際お客様からよく聞かれる質問があります。   「電動歯ブラシと手みがきはどちらがが綺麗になるんですか?」   ハッキリどちらかをオススメできればいいのですが、正直なところ「これなら完璧です!」というものはありません。   みなさんも何がどう違うのかまで分かって使っている方は少ないかと思います。   ということで本日は【電動歯ブラシと手みがきの違い】についてお話ししていきます!   そもそも電動歯ブラシには大きく分けて3つの種類があります。   ◇電動歯ブラシ……電動でブラシ部分が動くブラシ   ◇音波ブラシ……音波による振動で、プラークを除去する歯ブラシ   ◇超音波ブラシ……超音波による振動で、プラークを除去する歯ブラシ   まず電動歯ブラシですが、これは言葉通り、ブラシを電動で動かすタイプです。   手みがきならば自分でやっていることを、電動で細かく高速でブラシを動かしてくれる、というもの。   ただし、手みがきと比べて電動歯ブラシのほうがプラークの除去効果が上がるかというと、ずば抜けて差が出るというわけではないようです。   手みがきでだらだらと磨いてしまう方や、面倒くさい方、あとは力の入れづらい高齢者の方には便利なツールでしょう。   次に音波ブラシは、200~300ヘルツの音波を発生させ、毛先の振動や高速水流によりプラークを除去する歯ブラシです。   歯の表面はツルツルになりますが、歯並びが悪いと、凹凸の部分や歯の裏側に対応しきれないこともあるので、丁寧なブラッシングが必要です。   そして最後に超音波ブラシは、音波ブラシよりもさらに高い100~200万ヘルツの音波を発生させることができます。   歯の隙間などに入った汚れを掻き出したり、細菌のつながりを破壊させることも可能だと言われていて、これらが期待できるのは超音波ブラシだけとなります。   プラークの除去だけに注目するのであれば、やはり超音波ブラシがいちばん向いているということになります。   しかし、これらの電動歯ブラシも万能というわけではありません。   この説明を聞いて「電動歯ブラシを使っていれば大丈夫」という感覚になってしまって、歯磨きがおろそかになってしまうと、たとえ超音波ブラシを使っていても意味の無いものになってしまうからです。   また人によっては、電動歯ブラシのヘッドが歯にぶつかるときの感覚が嫌で、恐る恐るしか動かせないという人もいます。   それであればわざわざ無理をして電動歯ブラシを使うよりも、手みがきで細かいところまでしっかりみがいてあげたほうが効果的です。   手みがき用の歯ブラシに関しても、性能の高い高級な歯ブラシをずっと使い続けるよりも、値段の安い歯ブラシでも頻繁に替えるようにしたほうが理想的と言えます.。