8020運動について

8020運動について   日本人の平均寿命は伸びています。けれども歯の寿命はそれに追いついていないのです。   成人の歯は親知らずも入れて全部で32本です。   40歳くらいを境に急速に減り、60歳くらいでは20本近くまで減ってしまうのが現状です。   若いからまだ大丈夫ではなくこれからの自分の60歳くらいを考えて今から歯を長く残す対策を始めるのが重要となってきます。   そこで8020運動というものがあります。ハチマルニイマルと読みます。   80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるようにとの願いを込めてこの運動がつくられたそうです。   若いうちから歯に関心があり歯医者によく通っていたり、しっかりセルフケアをしていた人などは80歳になっても歯が多く残っている人が多いそうです。     歯が少なくなると今まで食べられていたものが食べれても以前より美味しく感じないなどのことがあります。歯を失う原因として大きいのは、 虫歯と、歯周病です。大人の虫歯は気がつかないうちに進行することが多いです。   その理由は歯の根元が加齢によって歯茎が下がり歯茎に守られていたところが露出してしまうことでその部分が虫歯になりやすいのです。   なのでこまめに歯医者に行くのがいいです。最近は若い人の歯周病が増え、40歳以上で80%にも達しています。歯周病は年齢とともに悪化したら40歳以降に急速に歯が失われていく原因となっているのです。   糖尿病の人は特に注意が必要となっています。 そうでない人よりも歯周病が悪化しやすいので糖尿病と歯周病の管理を両立するのが大切になってきます。   自分の歯が多いと、寿命が長いだけでなく健康寿命も長く、要介護でいる期間が短いとも言われています。その差は85歳以上になるともっとも大きいです。歯が20本以上ある人は、0本の人に比べて健康寿命が男性でプラス92日、女性で70日、寿命が男性でプラス57日、女性でプラス15日要介護でいる期間は、 男性でマイナス35日 女性でマイナス55日 の差があったそうです。   このことから歯は本当に大切で健康につながっていると言えます。いつまでもおいしく食事をして健康に長生きできるために、しっかり歯医者に行って検診やクリーニングをしてもらい、お家でのセルフケアも少しずつするようにしましょう。