ホワイトニングとセラミックの違い190314

ホワイトニングとセラミックの違い まずセラミックは金属のように体内に溶け出す心配のない素材です。変色の心配もないため元ある天然の歯に溶け込ませることができます。歯のクリーニングであるホワイトニングとは違い、セラミックは欠けや抜けが発生した歯にしか適用ができませんが、虫歯などでダメージを受けた部分に適用ができるのでホワイトニングを受けたあとのような綺麗な歯が手に入ります。 セラミックはインプラント用の歯にも使用されていますが、銀歯の代わりにかぶせものとして使用されるほか、ブリーチングやホワイトニングの代替治療として多く利用されています。金属アレルギーの心配もありません。陶材は汚れがつきにくいので、過去の治療物をセラミックに置き換えることで虫歯や歯周病を防げるとゆうメリットもあります。ホワイトニングは歯の汚れを取り除いて白く仕上げる治療ですが、セラミック治療は基本的に歯の元の状態を取り戻すために行います。歯を直して元どおり使えるようにする治療に多く用いられています。 ホワイトニングは歯の黄ばみや黒ずみなど虫歯が原因ではない歯の汚れを取り除いて歯の表面を白く仕上げていきます。ホワイトニングは歯のクリーニングような方法でもあり手段としては、まず歯の表面の汚れをブラッシングなので落としてから、ホワイトニング剤を〈ジェル〉を塗って専用のライトを照射し、歯を漂白していきます。 ホワイトニングの方法には2種類あり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングの方がより短時間で効果が現れます。ホワイトニングは審美性を高めるものであり、虫歯治療などとは異なります。 ★ホワイトニングの効果の持ち ホワイトニング効果が持続する期間は、個人差があります。半年から1年で色の後戻りがありますが、通常、ホワイトニング前の色まで戻ることはありません。 オフィスホワイトニングよりも、ホームホワイトニングの方が後戻りは少ないとゆわれています。 色戻りした場合でも、再度ホワイトニングを行うことで、歯を白くすることができます。また、付着の原因となるような色の濃い食べ物や、飲み物、たばこにより、歯の表面に色素が沈着しますので、着色の原因となることは控えた方がいいといえます。 このようにセラミックとホワイトニングは全く異なります。ご自身の希望に合うようなものを選びましょう。