喫煙者の歯が黄色くなる原因について

喫煙者の数は年々減ってきています。

昨今の喫煙者に対する風当たりの強さも禁煙の一因としてありますが、喫煙者特有の悩みもあります。それは歯が黄ばみや口が臭くなってしまうことです。歯の黄ばみの原因は一体何なのかご存知ですか?タバコには何種類もの物質が含まれています。

 タールというものが歯の黄ばみの原因

そのタバコを口にくわえて息を吸い込むことで多くの物質は前歯を介して口腔内へ入ってきます。タバコに含まれているものの中で、タールというものが歯の黄ばみの原因です。タールはもともと真っ黒色で、中には発がん性物質を含んでいます。よく喫煙者の人の肺はこのようになるといって黒い肺が出てきますが、その黒色はタールによってついてしまった着色です。歯も黒色の着色が着くことがありますが、多くの人は薄い黄色です。これもタールによるものです。  

タバコを吸っている人は歯周病が重症化しやすくなっている!?

それと同じ現象が口の中で起きているのです。喫煙者の歯が黄色くなる理由として、タバコが間接的に関係してくることもあります。タバコを吸っている人は吸っていない人に比べて歯周病が重症化しやすくなっているのです。歯周病が進行し重症化すると、歯ぐきが下がってきて歯の根っこが露出してきます。歯の根っこが露出してくると歯磨きで汚れが落ちにくく、虫歯も出来やすいです。歯の根っこに虫歯ができると普通の虫歯に比べて黒色や黄色が濃くつくようになります。さらに汚れが歯についていると黄色みを帯びてくることも多いです。

ではどうすればよいの?

☆では、歯が黄色くならないようにするためには?歯磨きの仕方は?ご紹介していきます!

 <タバコにパイプをつける>

吸い終わったタバコを見るとフィルターと呼ばれる口元と接するところが黄色になっています。タールはフィルターでほんの少し濾過されるのでタール色がフィルターに付着しているのです。これでタールがフィルターを通して口の中へ入ってきていることがわかりましたね。このフィルターと口の間にヤニ取り用のパイプを使用します。するとパイプでヤニが減少し歯に色がつきにくくなります。  

<研磨剤入りの歯磨き粉を使う>

タバコにパイプをつける方法はヤニ予防という面では優秀ですが根本的な改善策にはなっていません。患者さんが主体となって毎日のセルフケアとしてできる方法があります。それは研磨剤の入っている歯磨き粉を使用することです。薬局やコンビニなどで売っている歯磨き粉のほとんどに研磨剤は入っています。研磨剤は歯の表面を研磨する効果のある材料です。しかし、研磨剤の入っている歯磨き粉は使用するときに注意が必要です。研磨剤は歯の表面を微量に削ることになります。歯ブラシをするときに力強く磨いている人が研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると、長い目で見たときに歯が大きく削られたことと一緒になります。歯ブラシのときに強く磨いて歯が削られると知覚過敏を起こすことがあり悪循環になります。ヤニを落とす歯磨きの仕方としては、歯ブラシのブラシを歯に直角になるように当てて磨くように気をつけましょう。  

 歯のクリーニングが有効

タバコの着色のように歯の表面についた汚れを落とすには歯のクリーニングを行うしかありません。クリーニングの方法としては超音波で汚れを除去する方法と研磨剤入り歯磨き粉で衛生士による清掃を行う方法の2種類があります。超音波で汚れを除去する方法は、歯石とりと同じ方法で、歯の表面についた汚れを超音波チップを使用して除去します。そのときチクチクと痛みがすることがあるのですが汚れをしっかりと取っているということです。  

歯科クリニックでPMTCを!

研磨剤入りの歯磨き粉を使用する方法では歯科医師や歯科衛生士と言った歯科医療のプロによって行われます。プロによって行われる処置なのでPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれています。これはゴム製のチップを用いて研磨剤入りの歯磨き粉を使用し歯の表面を磨いていきます。   このようにして、クリーニングとセットでホワイトニングするとより歯も綺麗になるので皆さまも心がけて下さいね。