脱灰を防いでホワイトニング

今日は脱灰を防いでホワイトニングをする記事を更新したいと思います。

まず、脱灰を止めて、再石灰化を促す習慣です。

①間食を減らして脱灰の時間を短くする

②ガムを噛み、唾液を増やす

③飴玉などの糖分が含まれたものを長時間口に含む時間を減らす

これだけでも、十分なのです。

脱灰を防ぐことで、虫歯を抑制

虫歯を抑制することが虫歯による黄ばみの抑制にも繋がります。「虫歯にはなってもいいけど、見た目をよくしたいから歯は白くしたい!」カウンセリングの時にそうおっしゃる方も少なくありません。

虫歯にはなってもいい・・・そう考えている方はこ先、歯周病で悩む可能性が高いのです。。

歯周病の症状が重くなると、歯は明らかに汚れて見える

歯周病の症状が重くなると、歯は明らかに汚れて見えるようになります。

これは、医療とのジャンルが異なるため、ホワイトニングではどうしようもありません。

歯医者さんのホワイトニングは、歯に異常があればもちろん行うことはできません。

ボロボロと歯周病で歯が抜け落ちてしまっている状態では、せっかく歯自体が綺麗でも美しく見えることはありません。歯の健康は、ホワイトニングをやっても、やらなくても、絶対に守らなければいけないことだと思います。

歯をキレイにしつつ、口内ケアも並行して習慣づけられるようにしていきましょう♪

簡単な事でも、長く続けられるケアが一番大切なのです