歯並びが悪くなるのは何故?

日頃の習慣やクセで歯並びは悪くなる場合もある

    •  歯は一見とても丈夫そうに見えますがなにげないくせなどによって簡単に歯は動いてしまうのです。
    • 乳歯から永久歯に生え変わる時期はとてもデリケートなので子供の頃はとくに気をつけた方がいいです。
 

歯並びが悪くなる原因としては

  • 口呼吸

  • 舌で歯を押してしまう

  • 姿勢が悪い

  • 軟らかい食べ物ばかりたべる

    • などみなさんが無意識のうちにしていることが結構あると思います。
    • 舌の力は思っているよりはすごく強いものになっているので気をつけた方がいいです。
    • 歯並びが悪いと歯磨きがしづらくなり歯ブラシが当たりづらい面がでてきて虫歯になりやすく、虫歯の再発が起こりやすいと言われています。
    • また歯についた汚れや色素が残りやすくなり歯石や着色が残りやすくなります。
    • 歯並びがいい人より歯並びが悪い人はていねいにフロスや歯間ブラシも使いながら歯磨きをしたほうがいいです。
 

嚙合せは重要!

 
    • 噛み合わせが悪いと噛み切って磨り潰す機能が十分にできないため消化不良を引き起こしやすくなってしまったり、噛み合わせが悪いと片方に力がはいり、顔が歪んでずれると言われています。
    • よく歯列矯正をすると小顔になる、顔つきが変わるなどと言われていますが、それは噛み合わせがなおると顔の歪みがとれ全体のバランスが良くなるからです。

歯並びが悪い方にはホワイトニングは効果的

    • 歯並びを直したいけどお金が高いと思っている方はホワイトニングをしてみるといいと思います。
    • 歯並びが悪くてもホワイトニングをするだけで全体が明るくなり歯並びがよく見えます。歯の白さというのはすごく重要です。歯が白くなるだけで笑顔が素敵になり印象もアップします。
    • 歯並びが綺麗だと口元の清潔感が出て人に与ええ、印象もよくなります。
   
    • まずは歯並びが悪くなる習慣などをやめることが大切です。