歯がしみる時の対策

歯がしみるお薬のせい?

    • 歯医者さんでのホワイト二グでしみる方は、そもそも歯医者さんでは歯がしみるお薬を使用している為です。
    • そして今回はこういったセルフホワイトニングでの場合についてお話していきますね。

1つ目は、【虫歯治療】を必ず先に済ませておくことです。

    • ホワイトニングでしみる場合の一番の原因は虫歯です。
    • 虫歯菌は歯に穴を開けるためその箇所から溶液が入ることで激しい痛みを伴います。
    • 傷口に消毒液を塗るのと同じような痛みが続いてしまうため、必ず虫歯を治療してからホワイトニングをしてくださいね★

2つ目は【歯磨きの仕方】を見直すことです

    • 市販の歯磨き粉のほとんどには研磨剤といわれる歯の表面を削って白くする成分が含まれています。
    • これはステインの除去に役立つ成分なのですが同時に歯を削るため、エナメル質が少しずつ薄くなり象牙質が露出してしまいます。
    • 象牙質が露出していくことで歯が黄色く見えやすくなるだけではなく、
    • ホワイトニングの際もしみやすくなります。。
    • 研磨剤の入っていない歯磨きをを使うことにより、エナメル質が減りにくくなるため
    • 結果として効果を実感しやすくなり、傷つかない為ホワイトニングでしみる、といった症状が大幅に軽減されるのです?
     
  • この2つをお守り頂くことによってしみないホワイトニングも実現可能になるのです☆彡
  • すぐにでも実践できるので今日から皆様もぜひ意識してみて下さいね!