着色しやすい人の特徴と予防方法について

見栄えの悪い歯の原因は?

    • 永久歯からの何十年の汚れが溜まり、歯が茶色くなったり黄ばんだりして汚くなっていませんでしょうか?
    • 歯はちょっとした事で着色しやすく、相手に嫌な印象を与えてしまうことやそれが虫歯の原因につながってしまう事もあります。
    • そんな歯の着色はなぜ起きるのか、またその予防方法をご紹介していきます。
    • 歯は放っておくと茶色や黄色に着色し、なんとも見栄えが悪くなってしまう事があります。
 

歯が着色するのにはいくつか原因があります!

《↓主な原因として↓》

 
    • ◎飲み物による着色 お茶・コーヒー・ワインなどの飲み物を飲むと、その成分が歯に付着し着色してしまう事がある。
    • ◎特にコーヒーは着色の原因となるポリフェノールが多量に含まれているため、着色しやすい。また飲み物に限らず、カレーなど濃い食べ物を食べてもその成分が歯に付着し色が付く原因となる事がある。
    • ◎タバコによる着色 タバコを多量に吸っていると、タバコに含まれるニコチンやタールが蓄積されていき、歯の着色につながることがある。
    • ◎歯の汚れ 歯に歯垢や歯石などが付着し、それが汚れとなり歯を着色させてしまう事がある。歯の汚れによる着色は、いずれ虫歯の原因ともなるため注意が必要。
    • ◎虫歯による汚れ 歯が虫歯となると、その初期段階としてカルシウムが抜けていき歯の白が濁っていく。さらに悪化すると虫歯により歯の表面が崩れ茶色になり、最終的に歯の神経が死んでしまうと、歯が黒ずんでしまう。
    • ◎加齢による着色 年齢を重ね、歯の組織が老化したことにより、自然と歯が変色していくことがある。
    • ◎遺伝性による着色 遺伝が原因で歯が自然と着色されてしまう事もあり、遺伝によって着色する人の割合は15000人に一人程度と言われている。
    • ◎その他、薬物や抗生剤などの副作用により、歯が着色される事もある。
 

【【歯の着色の予防法は?】 】

    • ※ 自分の努力次第で未然に防ぐ事も可能です。
 
    • ◎歯磨きをする
    • 歯の着色は特殊な原因のものでなければ、歯磨きをする事で洗い落とせるため、未然に予防できる。特に食後やコーヒーなどの後は必ず歯磨きをすることが大事!
 
    • ◎ガムを噛む
    • ガムを噛むと、唾液が分泌され着色成分が洗い流せるため、これも予防につながると言われている。毎食後の歯磨きが面倒くさいという方はガムを噛む習慣をつけることがオススメ!
 
    • ◎うがいをする
    • 水を口に含みガラガラとうがいをすれば、着色成分も一緒に洗い流す事ができる。できれば歯磨きも一緒にした方がいいですがそれがめんどくさいのであればうがいだけでも大事!