歯ぐきのトラブルの原因について

歯を支える大切な歯ぐきについてお話しします。

    • 皆様の歯ぐきは健康ですか?
    • 歯磨きのときしっかり歯ぐきも磨けていますか?
    • 歯ぐきが不潔な状態が続くと色々なトラブルの原因になってしまいます。

まず歯ぐきの炎症(腫れ)です。

 
    • 細菌が歯ぐきについてしまい、炎症を起こします。痛みがあったり、ひどくなると出血する場合もあります。
    • そしてこの状態を放置すると膿が出てくる可能性があります。このような場合は歯周病の可能性が高いです。
    • 口内を清潔にしていても症状が改善しない場合はしっかり病院で診てもらいましょう。歯周病はひどい口臭の原因となります。
    • 歯周病以外としては膿瘍などの可能性もありますのでやはり早めの診察をオススメします。

歯周病だけでなく場合のトラブルの原因は

 
    • 歯肉炎、歯周炎、膿瘍、歯根膜炎と様々です。
    • 主な症状をご紹介します。
 
    • 歯肉炎

    • 歯ぐきが腫れる症状です。
    • 歯と歯の間や、歯と歯肉のすき間に溜まってしまった歯石や歯垢が原因です。歯を支えている歯槽骨が炎症で壊されてしまう病気です。歯槽骨は一番下の奥深い部分ですね。
 
    • 歯周炎

    • 歯周炎は歯肉炎の酷くなった症状です。
    • 歯肉炎になってしまい、そのままで汚れを放置してしまうとどんどん汚れは溜まっていき奥深くの歯槽骨まで達してしまうのですね。
    • 歯肉炎~歯周炎と悪化してしまいます。
    • 歯周炎になると歯槽骨が溶けてしまい歯がグラグラしてきて最終的に歯を失うことになりかねません。考えるだけで怖いですね。
    • 初期の段階で治療をしましょう。症状は膿が出るなどもあります。まず歯肉炎の段階で気付かない人も多くいます。定期的にwhiteningBARのセルフクリーニングや歯医者さんでのクリーニングをしてキレイに保ちましょう。クリーニングは3ヶ月に1度が目安になります。
 
    • 次に膿瘍です。

    • これは歯の感染によるものです。できた場所により呼び方が違います。
    • こちらも常に清潔にしていれば防ぐことができます。
    • 歯根膜炎とは、歯の根っこを囲んでいる歯根膜が炎症を起こしてしまうことです。
    • 原因はう蝕により細菌が歯の神経や血管のあるところに感染してしまい炎症を起こす。外側からの歯に対する大きな力が加わり炎症を起こす(外傷、噛み合わせ)
    • 歯周病により歯根膜が炎症を起こしてしまう。など原因は1つではありません。
 

最後に歯周病とは、

 
    • 最初のうちは見た目もそんなに変化なく、痛みもないので気付きにくいものです。歯ぐきはデリケートなので歯磨きを強くし過ぎたりするだけでも出血してしまう事があるので、余計分かりにくいですよね。
    • ちなみに歯周病(歯槽膿漏)とは大きく分けると歯周炎、歯肉炎に分かれます。どちらにしても避けたいですね。
    • 歯周病になることで歯ぐきが下がってしまい見た目も悪くなってきます。ブラッシングが強すぎたり、加齢によってということもあります。歯並びが悪く歯ぐきも下がってしまう場合もあります。
    • 歯ぐきが下がると…
    • 知覚過敏になり、ひどくなると生活に支障をきたすので神経を抜かなくてはならないこともあるようです。
 

歯ぐきが下がるのを防ぐには。

 
    • 1 原因としてブラッシングが強すぎるというのがあります。毛が硬かったりする場合は少し柔らかめにしたり、毛の細いものを選ぶことで歯ぐきと歯のすき間や歯と歯の隙間も磨けるのでおすすめです。
    • 2 歯並びが原因の場合は矯正がおすすめです。外側に力がかかっているのでその負担を取り除けば歯ぐきの下がりも防げます。
    • 簡単に出来る値段ではないですが、歯ぐきが下がっている部分だけの矯正ができるところもあるみたいなのでそちらもおすすめです。
    • 3 歯ぐきの組織を移植
    • 大きく下がってしまうと自然に治すのが難しくなります。そのため他の部分から切り取り下がっている歯ぐきの部分に移植します。
    • 4 噛み合わせを調整
    • 一部の歯が外側に押し出されるように強い力がかかっている場合は噛み合わせがずれているかもしれません。なので噛み合わせを正常に戻すことで歯ぐきの下がりが改善されます。
 
    • いずれにせよ、早期発見が良さそうですね。お金もかかってしまいますし、痛いのも辛いですよね。1番良いのはならないように……ですね。そのための予防をしっかりしていきましょう!
 
    • 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
    • 健康な口内を保ちましょう!