感染の窓をご存じですか?

虫歯菌が襲ってくる 感染の窓

 

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌になるミュータンス菌というものは存在しません。

ですが知らない間に子供に虫歯をうつしてしまっているかもしれないのです。

それは一緒に生活する家族の唾液と言われています。

 

感染しやすい時期

 

しかも感染しやすい要注意時期があるのです。

それが歯科関係者が 感染の窓とよんでいる1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃なのです。

つまり家族の唾液から虫歯菌が赤ちゃんにうつることがあるのです。

その頃は歯がよく生える時期、乳歯の生え始めから乳歯が生え揃うころの期間です。

この時期に感染しなければ絶対に虫歯にならないというわけではないですが、3歳までに感染しなければ乳歯の虫歯は激減します。

 

感染させないためには

 

ミュータンス菌に感染させないためにできるだけ親がしてあげられることは、食べさせかたに気をつける。大人が使ったスプーンで食べさせない。噛んだものをあげない、フーフ冷ましをなるべくしない。などです。

うがいのコップも別々にして子供専用のものを作ってあげるといいでしょう。

家族に虫歯が多いほど子供に感染しやすいものです。なので親自身がしっかり歯磨きをすることも重要です。

お口にキスをするのも意外に危険なので少し気をつけるようにしましょう。

 

虫歯の進行速度が違う!?

なぜこんなに子供に虫歯菌をうつさないように気をつけなければならないのか、同じ虫歯でも大人と子供では進行速度が違うことを知らない人も多いと思います。

乳歯や生え替ったばかりの永久歯は大人の歯よりもやわらかく虫歯にかかるとどんどん進行していってしまうのです。

子供の虫歯の進行はあっという間なのです。

 

虫歯の原因は

 

ダラダラ食べやダラダラのみ。食べる量ではなく食べる回数が問題なのです。

歯磨きがしっかりできていない。子供だけではしっかりと歯磨きをすることは難しいです。

なので最後に歯磨きの仕上げ磨きをしてあげることが大切です。虫歯にならないように気をつけて子供の頃から歯は大切ということを教えてあげて歯医者に定期的に通うようにしましょう。