歯の役割について

そもそも歯は『ものを食べる』以外なんの為にあるのでしょうか?

 

まず、歯は私たちの健康と深く関わっています。

歯や歯肉が健康で、ものがよく噛めれば、胃や腸に負担をかけずに前身に栄養をいき渡らせることができます。

また会話がスムーズにできるのも、歯が揃っていてハッキリと発音できるおかげです。

この他にも歯ざわりや歯ごたえを楽しみ味覚を豊かに保ったり、美しい表情を作るなど、歯の働きは様々で、健康的な生活をする上でかかせないものばかりなのです。

もしたった1本でも歯が無くなると、正常な働きができません。

例えば奥歯が1本無くなっただけでも、ものを噛み砕く能率は40%も低下すると言われています。

このため消化器官に負担がかかり、栄養の吸収が悪くなるという悪循環が生まれます。

また、上の前歯が抜けるとサ行、奥歯が抜けるとハ行・ラ行が発音しにくくなって、言葉が不明瞭になったり、顔の輪郭が変わってしまい老けて見られることもあります。

 

ちなみに皆さんは今自分の歯が何本あるかご存知ですか?

 

成人の歯は通常28本。

「親知らず」を加えると32本になりますが、最近では生えない人も多いようです。

むしろ今の若い子たちは骨格が小さい子が多く、そもそも28本歯が生えていない子も多く存在します。

ただ、それは生まれつきなので、それによって悪い支障がでるわけでは無いので安心してください。

そして、その歯は「エナメル質」「象牙質」「セメント質」から成り立っていて、エナメル質は体の中でも1番硬い組織で、水晶に近い硬度です。

 

歯は生きている

 

また、歯の中心部には「歯髄」という大切な組織があります。

この歯髄には様々な刺激を脳へ伝える神経とともに、無数の毛細血管が存在します。

この毛細血管は、歯に栄養と酸素を供給する大切な役割を担っています。

ですから、治療によって歯髄が取り除かれると、栄養や酸素の供給源が絶たれ、歯はツヤを失い黒褐色に変色することもあり、歯の強度自体も弱くなります。

そして歯髄まで達した虫歯をさらに放置すると、菌が顎の骨まで到達し、膿の袋を形成します。

根の深部まで虫歯に侵食された歯は、抜歯するしか治療方法は無くなってしまいます。

こうならないように毎日ケアをすることが大事なのです。

どんなにケアを頑張っていても、虫歯になってしまうことはあるかもしれません。

そこで諦めずになるべく早めに治療することを心がけて、一生自分の歯で生活していくことを目指しましょう!