歯並びについてのまとめ

多くの方が悩んでいるのが歯並びです

 

歯並びが悪く、自信が持てない、おもいっきり笑えない!などコンプレックスに感じる人は少なくありません。

口の中が不衛生になりやすく、咀嚼、発音がしづらい、顎に負担がかかるなどの歯並びが悪いだけでデメリットがこんなにあります。歯並びは、心の健康、口腔内の健康に影響しているのです。

 

そもそも歯並びが悪くなるのはどうして?

 

大きくわけて3つあります。

 

1.遺伝によるもので、子共が親に似たような歯並びや、かみ合わせになるのはこのためです。歯と顎のバランスがとれていなければ叢生(ガタガタの歯並び)上下の顎の骨のバランスがとれていない場合や歯の並ぶ角度が悪い場合は、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)になったりします。

 

2.骨の発育障害や指しゃぶり、おしゃぶり、などの癖によるものです。例えば骨の発育障害が部分的に現れれば顎の変形、指しゃぶりがあると前歯がかみ合わないことが起きてきしまいます。

 

3.虫歯を治療しないで放置してしまったり、歯を抜いたままにしておくと歯が正常な位置から移動してしまい歯並びや、かみ合わせが異常になったりしてしまいす。

 

歯並びを悪くしてしまうクセに注意!

 

指しゃぶり

前歯を指で前方に押していることになります。

・唇を噛む

 

上顎を前に出す癖がついてしまいます。

・口呼吸

 

全て不正咬合の原因となりやすくなります。

・舌で歯を押す

 

前歯を前方に押し出してしまいます。

・片側だけ食べる

 

顎の左右の成長のバランスが乱れてしまいます。

・頬杖

 

片顎に力がかかってしまい、歯並びを乱してしまいます。

 

このような事を意識して、生活してみてはいかがでしょう。

 

歯並びが悪くなってしまったら、顎の成長に合わせて行う矯正治療をおすすめします。正しい歯並びに改善することができます。

 

矯正にも色々な種類があります。

 

・表側矯正

・裏側矯正

・マウスピース矯正などがあります。

一般的に歯科矯正と言われて思いつくの、表側矯正だとおもいます。

矯正は金属部分、結線部分が見えて恥ずかしいというかたもいらっしゃらと思います。

でも、マウスピース矯正や、裏側矯正なら大丈夫です。

 

ぜひ1度、歯医者さんに行って相談してみてください。