親知らずで歯が痛いのは何故?

今回は【親知らず】についてお話ししていきます。

 

親知らずとは永久歯の1番奥に生える歯で、第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)と言います。

前から数えて8番目の歯です。親の手を離れ、物ごとの区別がつくようになった頃に生えてくることから「親知らず」や「智歯(ちし)」と呼ばれます。

一般に17~21歳頃に生えてきますが、個人差があり、生えてこない人もいます。

また、生え方によってはお口のトラブルになることが多い歯です。親知らずが正常に生えていれば、とくにトラブルが無い場合抜歯の必要はありません。

毎日の歯みがきやケアで、そのまま綺麗に保ちましょう。

 

親知らずで歯が痛いのは何故?

 

生えるスペースが無いと斜めや横向きに生えてきて、前にある歯を圧迫してしまうことがあります。

そうすると汚れも溜まりやすく、歯みがきも困難なため虫歯になりやすくなります。このような場合は抜歯する可能性が高くなります。

親知らずは1番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、歯垢除去が難しいです。その為、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。そして斜めに生えてきた場合、歯と歯肉の間に隙間ができます。

ここにプラークや食べかすがたまると歯肉に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。

このような状態のことを「智歯周囲炎」と言います。炎症がひどくなると、ほっぺたが腫れて口が開けにくくなったり、飲み込む時に痛みを伴ったりします。

しかも1番奥に生えてることにより、抜歯や治療が難しいと言われています。

こうならないようにするためには、やはり毎日の歯みがきとケアをかかさないようにしましょう。

親知らずのお手入れ方法としては、歯ブラシやタフトブラシの毛先をきちんとに届かせるように意識することです。

そして小さく動かすのがポイントです。

※口を大きく開けてしまうと頬が引っ張られて歯ブラシが入れにくいので、小さめに口を開けるようにしましょう。

そして親知らずだけでなく、手前の歯も意識して磨くようにしてください。

歯ブラシで磨いた後、磨き残しを鏡で確認したり、ザラつきが無いかチェックすることも大切です。

痛いからと言って触れないようにしてしまうのは逆効果です!

それでも痛くなってしまった場合は我慢せず、歯科医院に行くことをお勧めします。我慢して痛みが強い場合は、すぐに処置ができないこともあるので早めの処置を心がけましょう。