虫歯予防の知識は重要

今回は虫歯予防について紹介します。

 

虫歯ってそもそもなに?

 

虫歯は、口の中にいる細菌が私達が食べたり飲んだりする糖分を餌にして作り出した酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。虫歯菌はほとんど、どの人の口の中にいるような細菌ですが、口の中で増やさないようにすること酸をつくりにくいような生活習慣をする事で十分予防できる病気です。通常は痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出るだけでなく歯の内部の神経にまで影響が及ぶと、耐え難い痛みの原因になったり、全身に細菌が回ってしまうこともあります。

 

虫歯を放っておくと大変な事になります。虫歯になる前に自分で、できる限りケアしましょう。

 

虫歯予防法

 

1-虫歯菌を減らす事

2-その活動を抑える事

3-歯を丈夫にする事

虫歯を防ぐにはこの様な3つのポイントを抑えることが大丈夫です!

 

虫歯予防に一番大事なのが歯磨きの仕方です。虫歯菌を、減らすという事はプラークを取り除く事です。プラークは虫歯菌が作るネバネバの物質によって歯に付着しています。この付着力はかなり強くて、うがいでは取り除くことができません。なので、歯磨きで擦る必要があります。虫歯予防の基本となるのは歯磨きです。

 

磨き方

 

歯磨きの主な目的は、歯肉に近い部分の歯の表面に付着したプラークの除去です。従って、歯ブラシは歯の表面の根元に直角にあてて、歯肉にも歯ブラシが当たるようにじす。そして、毛先が5mm程度歯の表面で動くように横に小刻みに動かします。

歯ブラシの大きさを考えると1度に2本から3本の歯を磨くことになります。このような磨き方で奥歯から前歯、そして奥の裏まで全ての歯の裏まで、全ての歯の根元を丁寧に磨きます。このような歯磨き法はスクラビング法と言って最も効率的にプラークを除去できる磨き方です。この方法である程度は歯と歯の間の部分のプラークも取り除くことができます。しかし、歯と歯の間のプラークを全て取り除く事はできません。

 

歯と歯の間の掃除にはデンタルフロスや歯間ブラシが必要です。お口の中の状況によってどちらが適切か変わってきます。歯医者で1度自分に適した歯磨き方法、歯間部の清掃の仕方を教わった方がいいかもしれません。

 

歯磨きのするタイミング

 

食事に砂糖が含まれていなくても虫歯菌の餌になる糖分は含まれています。食事をするとすぐにプラーク中の細菌が糖分を取り込んで酸を作り出すので食事をしたらすぐに歯を磨くのが基本です。食べたらすぐ磨く。これが大事です。1日、5回6回も歯を磨くのは難しいので朝食後、昼食後、おやつの後、就寝前。この4回で十分です。特に寝ている間は体の働きが低下していて唾液もでないので口の中の細菌にとっては活動しやすい環境です。寝る前によく歯を磨いてから最近を減らしておく事がとても効果的です。

 

食習慣について

 

(1)よく噛むことです。

 

唾液が口の中の汚れを洗い流すのに有効です。唾液を沢山出すには、食事の際によく噛むことが大事です。また、食べ物が口の中で噛み砕かれる際にも、歯の表面の汚れを取り除いています。いつも柔らかい食べ物をあまり噛むことなく食べているようだとプラークが歯に付着したまま、細菌が繁殖を続けることになります。よく噛んで食べること、できれば噛みごたえのある硬いものを食べることが虫歯の予防に有効です。

 

(2)おやつは?

 

1日の中でおやつも大切です!ただし、長時間かけてダラダラ食べると、口の中はいつも虫歯菌が酸を作り続けている事になります。時間を決めて規則正しく間食を楽しむことをおすすめします。夜寝る前に夜食を食べて、歯磨きをしないで寝る。というのは絶対やめましょう。ジュースなども糖分を含んでいるので、ジュースを飲んだからと言って口の中が綺麗になるということはありません。口の中にいる虫歯菌に餌を与えて眠りについているようなものです。

 

(3)ガムやキャンディー

 

ガムを噛むことは唾液が沢山出るので虫歯予防には効果があります。ただし、砂糖が入っているガムだと虫歯菌が酸を作ることになります。虫歯予防という点では、甘み成分として砂糖ではなくキシリトールを使ったものがあります。また、歯の成分になるリン酸やカルシウムを含むガムも、歯の再石灰化で有効であることが確かめられています。のど飴などは長時間舐めるものですから、やはり砂糖を使っているものよりキシリトールを使った物の方が いいでしょう。

 

自分で、虫歯を防ぐ予防法は沢山できるので是非試してみてください。