歯とお口の健康チェックしてますか?

歯とお口の中は日々変化します

自分でお口の健康をチェックする事ができます。一緒にチェックして見ましょう!

まずは、歯周病の初期症状についてチェックしていきましょう。

1.朝起きた時に、口の中がネバネバする

2.堅いものが噛めない

3.歯と歯の間に食べ物がよくはさまる

4.口臭を感じる、口臭があると言われる

5.歯がしみる

6.歯垢(プラーク)、歯石が付着している

7.歯が長くなったように見える

8.歯の動揺がある

9.ブラッシング時などに歯肉から出血がみられる

10.歯と歯の間の歯肉が丸く、腫れぼったい

いかがでしたか?

1つでも当てはまるものがあるとしたら、歯周病の疑いがあります。

糖尿病、高血圧症、心臓病といった生活習慣病に共通しているのは、初期段階では本人にあまり自覚症状がないことです。このような病気のことを、サイレント・ディシーズ(静かな病気)と呼んでいます。生活習慣病のひとつである歯周病もその仲間。気がついたときには、かなり進行しているケースが多いのです。

歯周病が重症化しないように歯医者さんに行き相談しましょう。

次に、健康習慣についてチェックしていきましょう。

1. 1日1回は丁寧に歯を磨いている

2. かかりつけの歯科医院がある

3. 歯と歯肉の境目をしっかり磨くようにしている

4. デンタルフロスなどの補助清掃道具を使う

5. 甘い飲料水や、食べ物をなるべく控えるようにしている

6. 口の中を鏡などを使って見るようにしている

7. よく噛んで食べるようにしている

8. 1年に1回以上、歯科医院にて歯石をとってもらっている

いかがでしたか?

5つ以上のよい習慣があると良いですね。

・自分の歯を守るために出来ること

歯周病は単なる口の病気ではありません。

最近ではさまざまな研究により、歯周病と全身の健康との関係がつぎつぎにわかってきました。例えば、糖尿病の人には歯周病になっている人が多く、また歯周病が治りにくいという報告があります。様々な病気から自分を守るためにも、自分で行うセルフケアと歯科医が行うプロフェッショナルケアの両方が必要です。上記のチェック項目をクリアしている人はセルフケアが出来ているのかも知れません。プロフェッショナルケアもしっかり行うともっと良いですね。

自分の歯を綺麗に保つためにもにセルフケア、プロフェッショナルケアを頑張りましょう。