口腔ケアを簡単にお伝えします

口腔ケアとは

 

聞いてもあまり若い人は知らない人が多いと思います。今は歯磨きやうがい歯間ブラシなど自分でやろうと思えばいつでもできると思います。ですが歳を取っていくと加齢による衰えや病気などによってこれらの機能が低下してしまうことがあります。そうすると自分ではできなくなってしまうのです。なので口腔ケアをしてもらいます。

 

口腔ケアとは、具体的には、

 

検診、口腔清掃、義歯の着脱と手入れ、咀嚼・摂食・嚥下のリハビリ、歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口臭の除去、口腔乾燥予防などがあります。

 

なぜ口腔ケアをしないといけないのか、

 

口には主に食べること、話すこと、呼吸すること、表情をつくること、という4つの機能があります。なのでしっかりと口腔ケアをしていただき機能を良好に維持していくことが大切なのです。口腔ケアを通して口の中を綺麗に保つことは、健康的な日常生活を送るためには不可欠です。口角ケアを疎かにすることで起こる悪影響はとても多くあります。

 

まず1つは認知症です。

 

認知症の発症リスクは噛む能力が低下すると高まると言われています。食べ物を噛めない人はよく噛める人にくらべると認知症の発症リスクが約1.5倍高まると言われています。なので口腔ケアでよく噛むことが大切だと言われています。

 

2つ目は

心臓病です。口腔ケアを怠って歯周病が歯周病が進行した場合、血管を通って心臓に移動し、血管壁に炎症を起こします。  

3つ目は

 

糖尿病です。

 

インスリンの働きが妨げられると、血糖値が上がってしまうため、糖尿病のリスクを高めることにつながってしまいます。このように口腔ケアをしないだけで様々な病気にか借りやすくなってしまうのです。自分の口で食事ができることや友達とご飯をたべれることや話ができることは当たり前のようで当たり前ではないのです。

 

心身ともに健やかな生活が送れるように口腔ケアをしっかりしましょう。