人間の歯の数は何本かご存じですか?

はじめに歯の本数について、子供の歯は上下で20本の乳歯が生えています。

 

大人は親知らずを含めて上下で32本の永久歯が生えています。ただ、親知らずが無い方、抜いた方も多いと思いますので28本の方が多いと思います。そして、歯ぐきより上の表面に出ている部分を歯の「歯冠」と言い、歯茎に隠れている部分を歯の「歯根」と言います。歯の形や根っこの形・本数は全て異なって様々ですし、歯冠に比べて歯根は長く、思った以上に歯は長いと思われるかもしれません。

 

象牙質

エナメル質に比べて柔らかく、虫歯が広がりやすい部分になります。また、象牙質まで虫歯が進行した場合、痛みを感じることが多くなります。

 

歯根膜

歯槽骨と歯根の間にある薄い膜のことです。歯と歯槽骨を繋ぐという役割に加えて「噛み応え」を感じるという役割や、歯に伝わる力を調整するという役割もあります。噛んで痛みを感じる時には、この部分に炎症がある可能性が高いです。

 

歯槽骨

歯を支えている骨のことです。通常、歯は簡単に抜けることはありませんが、歯周病が進行すると歯槽骨や歯根膜が破壊されるため歯を支えることが出来なくなり、歯が抜けてしまうことがあります。また、歯周病で一度吸収してしまった歯槽骨は、どんなに良い治療を行なったとしても回復が非常に困難です。

 

まずは、ご自身の歯を知り、虫歯になり易い箇所を気を配りましょう。

 

そして80歳まで20本の歯を残せるように頑張っていきましょう!