歯ぎしりはなぜ起こるのでしょう?

皆さんも1度くらいは人の歯ぎしりを聞いたことがあるんじゃないでしょうか?どちらかと言うと聞いていて不快に思う人のほうが多いかと思います。そもそもなぜ歯ぎしりは起こるのでしょう?

睡眠中の歯ぎしりには、上下の歯をギリギリと横にすり合わせる『グライディング』と、あまり音をたてず強く噛みしめる『クレンチング』その両方が混在したタイプがあります。

いずれも珍しいものではなく、人口の5~15%が睡眠中に歯ぎしりをすると言われるほどです。それどころか、誰でも寝ている間に多少は歯を合わせています。

ただ、一定以上の強さや回数だと、次に説明するような悪影響があるので対処が必要となります。

なぜ歯ぎしりをするのか、詳しい原因は分かっていませんが、遺伝や飲酒、喫煙、カフェイン摂取、ある種の抗うつ薬の服用、ストレスなどが関係していると言われています。

実は歯ぎしりは浅い眠りの時に起こると分かっています。人間は浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返し、深い眠りのとき筋肉の動きは抑制されています。

そして眠りが浅くなると抑制が解け、その拍子に頬の筋肉が動き、歯ぎしりが起こると考えられるのです。

先ほど説明した飲酒や喫煙、ストレスなどは、睡眠を浅くする要因であり、とくにストレスは歯ぎしりの7~10%に関係してると言われています。

ある研究によると、睡眠中の歯ぎしりの時に出る力は、日中、意識して思い切り噛みしめた時に出る力よりも大きくなることがあります。中には、ギリギリと5分間も歯をすりあわせる人や、一晩で計何分も歯を食いしばってる人もいます。

歯ぎしりを続けると、多くは歯がすり減ってしまいます。また、歯が欠けたり、根っこから折れたりすることもあります。歯が何本も抜けている場合は、残った歯に力が集中するので、なおさらその歯が短くなってしまいます。

以前は噛み合わせが悪いから歯ぎしりをすると言われていましたが、今は反対で、歯ぎしりをするから噛み合わせが悪くなることが分かっています。

また、歯ぎしりによって、歯周病が悪化してしまったり、顎に力がかかることによって顎関節症を引き起こすこともあります。

子供は睡眠のリズムが整っていないため、歯ぎしりをする場合が多いので様子を見てもいいかもしれません。大人の場合は、飲酒やカフェイン飲料を飲む量を減らすなど、睡眠が浅くなるような生活は避けるようにしましょう。

生活習慣の見直しや、お風呂にゆったり入るなど、ストレスを軽減させることも大切です。それでも歯ぎしりが続く場合には、早めの受診を心がけましょう。