過酸化水素を使ったホワイトニングに危険性はある?安全な濃度とは

2020年01月14日

歯科医院などで行われるオフィスホワイトニングでは、過酸化水素が配合された薬剤が用いられています。過酸化水素を使ったホワイトニングは効果が高い一方で、危険性があるとも言われています。今回は、過酸化水素を用いたホワイトニングの副作用について紹介していきます。

過酸化水素とは?過酸化尿素とどう違う?

歯科医院などで行われるオフィスホワイトニングには、過酸化水素配合の薬剤が用いられます。一方で、自分で行うホームホワイトニングには、過酸化尿素配合の薬剤が用いられるのが一般的です。過酸化水素と過酸化尿素には、どのような違いがあるのでしょうか。

過酸化水素とは何?オキシドールのこと?

過酸化水素とは、水素と酸素の化合物のことで、漂白剤や殺菌剤として利用されています。過酸化水素3%の水溶液はオキシドールと呼ばれ、消毒液として利用されていますが、オフィスホワイトニングで用いられる過酸化水素は濃度がおよそ35%以下のものが一般的です。

過酸化尿素とは?過酸化水素と効果は同じ?

過酸化尿素とは、過酸化水素を弱酸性に調整したものです。使用時には、尿素と過酸化水素に分解されるので、ホワイトニングの効果は同じと言えます。
ただし、ホームホワイトニングに用いられる過酸化尿素の濃度は、過酸化水素に換算すると10%以下のものが主流になります。

オキシドールを使えば自宅でホワイトニングできる?

過酸化水素の濃度3%の水溶液がオキシドールです。オキシドールは薬局で簡単に購入することができます。そのため、「過酸化水素でホワイトニングできるなら、オキシドールを使えばいいのではないか」と考える方もいらっしゃるでしょうが、おすすめはできません。
オキシドールは液体で、歯の表面にとどまってくれないため、充分なホワイトニング効果は期待できません。また、濃度も3%なので漂白剤としての効果も高くありません。
ホームホワイトニングを行う場合は、オキシドールではなく専用のホワイトニング剤を使用しましょう。

過酸化水素・過酸化尿素の副作用とは?

ホワイトニングの薬剤に配合されている過酸化水素や過酸化尿素にはどのような副作用があるのでしょうか。

過酸化水素・過酸化尿素の副作用①知覚過敏

過酸化水素や過酸化尿素を含んだ薬剤の刺激が、歯の薄くなっている部分や欠けている部分から神経に伝わると痛みが生じる場合があります。通常、1日ほどで痛みは引きますが、過酸化水素の濃度が高い薬剤の場合、痛みが長引くおそれがあります。
虫歯の治療直後で歯が薄くなっている場合などは、過酸化水素・過酸化尿素を用いたホワイトニングは避けることをおすすめします。

過酸化水素・過酸化尿素の副作用②脱灰

過酸化水素や過酸化尿素を含んだ薬剤を用いたホワイトニングでは、歯の表面のカルシウムが溶け出してしまう、脱灰という現象が起きる場合があります。
「歯の表面が溶けるなんて怖い」と思う方もいらっしゃるでしょうが、ホワイトニング後の脱灰は一時的なものです。カルシウムが溶け出してしまっても、唾液の働きで再石灰化が起こり、溶け出した歯は元の状態に戻っていきます。
薬剤の種類によっては、脱灰が起こりにくいものもあるので、気になる方は施術前に歯科医院などで相談してみましょう。

過酸化水素の濃度が高いほど、副作用のリスクがある

ご紹介した2つの副作用は、過酸化水素・過酸化尿素の濃度が高い薬剤ほど起こりやすくなります。濃度が高い薬剤は、それだけ漂白剤としての効果が高くなりますが、その分危険性もあることを知っておきましょう。

酸化チタン配合のホワイトニング剤の危険性は?

歯科医院などで行われるオフィスホワイトニングでは、過酸化水素だけでなく、可視光への反応を促進する触媒として微量の酸化チタンが配合された薬剤を用いる場合があります。
酸化チタンは食品の添加物としても用いられる物質なので、危険性はないと考えられます。
また、酸化チタンを触媒として用いることで過酸化水素の濃度が薄くなり、視覚過敏などの副作用が起こりにくくなるというメリットもあります。

ホワイトニング薬剤に不安な方はホワイトニングバーがおすすめ

今回は、過酸化水素や過酸化尿素を用いたホワイトニングの副作用や危険性についてご紹介しました。過酸化水素や過酸化尿素は漂白剤としての効果がありますが、濃度が高いと副作用が起こる可能性もあるので注意が必要です。副作用が心配になってしまう方もいらっしゃるでしょうが、適切な濃度の薬剤を用いたホワイトニングなら、過度に不安になる必要はありません。
また、「安全性が高い薬剤を用いたホワイトニングがしたい」という方におすすめしたいのが、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングです。ホワイトニングバーなら、歯科医師で結成されたチームが独自開発したジェルを使用したセルフホワイトニングを1回あたり5,080円(税込)で行うことが可能です。ジェルは、食品添加物として厚生労働省の承認が下りているため、安心して使用できます。施術は自分で行いますが、スタッフが手順をわかりやすく説明しますので、初めての方でも安心です。
「強い薬剤を使ったホワイトニングは不安」という方は、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングをぜひ一度お試しください。

https://whiteningbar.jp/