歯の漂白剤って何?ハイターとは違う?自分でできる歯を白くする方法が知りたい!

2020年04月15日

歯の漂白剤があるという話を聞いたことはありませんか?

漂白剤という名前から、歯の漂白剤としてハイターを想像している方もいるかもしれませんが、それは違いますよ。

今回は、歯の漂白剤とは何か、その効果についても紹介します。自分でできる歯を白くする方法についても合わせて解説しますので、参考にしてみてくださいね。

歯の漂白剤はハイターではない!ハイターは歯が溶ける?

歯の漂白剤と聞くと、漂白剤いう名前から、キッチンハイターやワイドハイターを想像している方がいるかもしれませんね。

しかし、「ハイター」という名称で販売されている商品は、歯の漂白剤ではありません。口の中に入れると有害ですし、絶対にやめましょう。

皮膚に触れるだけでも溶かしてしまうと言われていますから、歯も溶けてしまうかもしれませんよ。

歯の漂白剤とは?

ドラッグストアで販売されている「ハイター」は、歯の漂白剤ではありません。それでは、歯の漂白剤とは何のことなのでしょうか?

歯の漂白剤とは、歯科医院でのホワイトニングで使用される薬剤のことです。

過酸化水素が配合された薬剤が使われることが一般的で、高いホワイトニング効果が期待できます。

但し、過酸化水素が配合されている薬剤は、歯科医師にのみ使用が許可されているため、自宅でのホワイトニングで使用することはできません。

歯の漂白剤の効果とは?副作用がある?

歯の黄ばみのくすみや原因とされているのは、歯の表面に付着している着色汚れです。

過酸化水素が配合された歯の漂白剤には、これらの着色汚れを分解して落としてくれる効果があり、それにより歯が白くなるのです。

また、歯科医院でしか使用できない歯の漂白剤は、着色汚れを分解する力が強く、歯の表面のカルシウムも溶かしてしまう恐れがあります。これを脱灰といいます。

脱灰は歯の再石灰化により元通りになると言われているので過度な心配は不要ですが、歯科医院でホワイトニング施術を受ける場合は、脱灰などの副作用についても説明がありますので、しっかりと聞くようにしましょう。

歯の黄ばみは漂白剤じゃないと取れないの?

歯の漂白剤と言われる過酸化水素が配合された薬剤は、歯科医師のみにしか使用が許可されていません。

自宅でのセルフケアに使用することはできないので、必ず歯科医院で施術を受ける必要があります。

しかし、歯科医院でオフィスホワイトニングを受ける場合には、1回あたり数万円の費用がかかることもあるため、敷居が高いという方も多いですよね。

歯の黄ばみやくすみが気になるとはいえ、毎回高額な費用を負担するのは大変です。

オフィスホワイトニングは、歯の漂白剤を用いることができるため、確かに高いホワイトニング効果が期待できます。

ですが、歯の黄ばみや着色汚れを落とす方法はそれだけではありません。自宅でのセルフケアを徹底することで歯が白くきれいになることもあるので、必ずしも漂白剤を使わなければ白くならないということではないでしょう。

自分でできる歯を白くする方法とは?

歯科医院で歯の漂白剤によるホワイトニング施術を受けなくても、歯を白くする方法はあります。

続いては、自宅でできるホワイトニングセルフケアの方法をいくつか紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉を活用する

歯の表面に付着した着色汚れを落とす効果がある研磨剤や、ポリリン酸ナトリウムと言われる薬剤が配合されている「ホワイトニング歯磨き粉」が様々なメーカーから発売されています。

ホワイトニング効果が認められた成分を配合した商品は「薬用」や「医薬部外品」という記載がありますから、それらを目安に購入する商品を選んでも良いでしょう。

毎日使う歯磨き粉をホワイトニング効果が高いものに変えるだけでも、歯の黄ばみの改善になるはずですよ。

着色汚れが付着するのを防ぐ

着色汚れを落とすことももちろん大切ですが、白くてきれいな歯をキープするためには、新しい汚れを防ぐことも大切です。

着色汚れが蓄積しやすいとされるコーヒーや紅茶などの飲み物を飲んだ後や、食事のあとは可能な限り歯磨きをしましょう。

どうしても歯磨きをする時間がないという方は、市販の歯磨きシートの活用がおすすめです。食事のあとに歯を拭いておくだけでも、効果があります。

ホワイトニングバーでセルフホワイトニング

ホワイトニングバーのセルフホワイトニングとは、歯科医師監修の専用ジェルを使用したセルフホワイトニングです。

1回あたり5,080円で受けることが可能です。セルフホワイトニングは初めてで不安という方でも、スタッフが教えてくれるので安心ですよ。初回限定割引や、お得な定期コース、学割もあります。

全国に店舗がありますから、公式サイトからお近くの店舗を探してみてください。

最後に

今回は、歯の漂白剤やその効果について、また自分でできる歯を白くする方法についてもご紹介してきました。

歯の漂白剤と言われる過酸化水素を配合した薬剤は、歯科医師のみが使用を許可されているため、自宅でのセルフケアに使用することはできません。

歯の漂白剤はホワイトニング効果が高く即効性がある一方で、副作用があることにも注意が必要です。

自宅でのケアでも歯をきれいにすることは可能なので、まずはセルフケアに力を入れてみるのもよいでしょう。

そして、それでも満足できない方は、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングをぜひお試しください。

https://whiteningbar.jp/
簡単予約はこちら 新成人キャンペーン ブライダルホワイトニング 学割 専用歯磨き粉購入ご検討の方

WhiteningBAR公式Twitter

出店情報

ホワイトニングバー
全店舗一覧(13店舗)

順次オープン予定
神戸三ノ宮店

順次オープン予定
京都四条河原町店

順次オープン予定
札幌すすきの店

順次オープン予定
吉祥寺店

順次オープン予定
博多店

順次オープン予定
熊本店