色素沈着を防ぐ3つの簡単な習慣

色素沈着を防ぐ3つの簡単な習慣を紹介していきたいと思います。 whitening BARに来店されるお客様からの圧倒的に多い質問が『珈琲、紅茶類を飲むと歯は色素沈着するのか?』です。気になりますよね。 答えは…『色素沈着、します!』   ●色素沈着する仕組み まず、なぜ歯が汚れていくのかご説明していきます。歯に色素沈着する原因は湯呑にお茶の茶シブがつく仕組みと同じです。飲み終わった後の湯呑を長時間放置してしまうと、 その部分を洗っても汚れが落ちにくい状態になりますよね。原理は同じで、歯が汚れるのも同様です。色の濃いものを口にした後、歯磨きしない時間が遅くなればなるほど歯が黄ばんだり色素沈着する原因となるのです。   ●色素沈着させないようにする為には 珈琲、紅茶などまず飲んだものを歯になるべく残さないようにすることが大切です。 ・飲食後は早めのお水洗浄 ・すぐにブラッシングできない時はガムを噛む(唾液を増やす) ・アイスコーヒーなど着色の濃い物はストローで飲む   ●早めのお水洗浄がベスト 飲食後、早めにお水で口をゆすぐと、比較的汚れを残さずにすみます。衣服についた汚れも同様、水で洗い流す事によって色は残りにくくなりますよね。うがいができる環境であればうがいもベストです。   ●アイスコーヒーなど色の濃い飲み物はストローで アイスコーヒーなど、色の濃い飲み物はストローで飲むことによって歯の表面に汚れがつきにくくなります。(ストローの先が歯よりも喉の方にあるため。)   ●唾液を増やして着色汚れをカバー ガムを噛むと、口の中の唾液が増えますよね。 唾液は天然のリンスとも言われていて、口の中の汚れを流してくれる効果があります。 同時に虫歯や歯周病の予防にもなるので、唾液が多ければ多いほど口の中は清潔で健康になります。   ●ケアさえ気を付ければ制限なしでホワイトニングが可能に しっかりと飲食後のケアを気を付ければ、色素沈着しずらくなりますので、 好きな食べ物や飲み物の制限をかけずにすみますよね。歯の汚れを少しでも防ぐために、好きな食べ物、飲み物の我慢をしてもダイエットと同じで中々長続きしにくくなり、結果ストレスとなってしまいます。好きなものを我慢して楽しく生活できなくなってしまうことが一番勿体無いですし、ホワイトニングも楽しみながらやって頂きたいのです♩歯の明るさをキープするためには一生習慣づけていきたいものなのでストイックになりすぎず、難しい習慣を無理には身に着けない方が嫌にならずに続けられます。オーラルケアを習慣づけることによってトーン維持だけではなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。   今日からあなたも早速オーラルケアを身に着けていきましょう!