『歯が黄ばむ原因』と『歯の色が与える印象』について

こんにちは仙台店です。
今日は『歯が黄ばむ原因』と『歯の色が与える印象』についてお話します。

~なぜ歯は黄ばむの?~
歯が黄ばむ原因は大きく分けて2つあります。
①外部要因
②内部要因

《それぞれの原因について》
①外部要因(食べ物、飲み物、たばこなど)
「黄色い汚れ」とは食べ物に含まれるポリフェノールなどが唾液の中にタンパク質と結合した汚れのことです。(ステイン)
色の濃い食べ物や飲み物を取るとよりステインは付着しやすくなります。このような場合やアルコールの摂取により歯の表面が乾いていたりするとステインが増えやすい環境になります。
煙草のヤニはステインよりも粘着力が高く、歯を黄ばませる働きがあります。

②内部要因(加齢による、抗生物質による黄ばみ)
・加齢による黄ばみについて、これは一般的に歳をとると歯はだんだん黄ばんできます。原因は歯を覆っている半透明のエナメル質が加齢とともに少しずつすり減って薄くなっていき、逆に内部の象牙質は段々と厚くなっていくからです。
・抗生物質による黄ばみについて、これは『テトラサイクリン』と言われる抗生物質を永久歯が生え変わる頃までの子供が服用すると歯が黄ばんでしまうことがあります。マイコプラズマ肺炎などにかかった時に服用する薬になります。左右対称に歯の色が違って見える場合は幼い頃にテトラサイクリン系の抗生物質を服用していた可能性が高くなります。

~歯の色って重要なの?~
歯の色はどれくらいの人に印象を与えるのしょうか。

《歯の色が与える印象》
口元は顔の中心に位置するため印象は大きなものです。
眼球の白い部分と歯の色が同じくらい白いと『バランスが良い印象』を与えると言われています。見る側の感覚的な違いもありますが、写真に写る時や白い服装の時は思っている以上に歯の黄ばみが印象を左右してしまうこともありそうです。

《黄ばんだ歯が与える印象》
老けて見える、仕事が出来なそう、モテない、などの非常に不名誉なイメージを持たれてしまうことがあります。この結果はとても興味深く感じます。
ほかにも「もしかして歯を磨いていないのかな?」などと不潔なイメージを持たれてしまうこともあります。いくら服装や髪型に気を使い、歯磨きをしているにもかかわらず「基本的な生活習慣ができていない」と印象を与えてしまいます。これはとても残念なことです。

《白い歯が与える印象》
歯の色が白く明るい方は、歯だけではなくお顔全体の印象もぐっと明るくはっきり見えます。さらに白い歯は黄ばんだ歯に比べて『平均3歳若く見える』といわれています。歯が白いだけで、笑顔が可愛い、モテそう、清潔感がある、さわやか、など高い評価を得ることができます。

★今日は『歯が黄ばむ原因』と『歯が与える印象』をテーマに紹介しました。
歯の色がこれほどまでに印象を左右するとなると黄ばみを解消して白い歯を手に入れたくなりませんか?