PMSと歯の関係

女性の多くが悩んでいるPMSってご存じですか?


今回は女性の多くが悩んでいるPMS(月経前症候群)と歯の関係についてお話しさせていただきます。PMSと歯って関係あるの?と驚かれる方も多いと思います。私も全く関係ないと思っていましたが、妊娠中にお口の中の状況が変わるということはPMSの時も何か関係しているのかな? と気付いたので色々調べてみました! 症状がある方、ない方でもPMSの症状は年齢で変わってきたりもするのて、これから出てくる可能性もゼロとは言えません。
是非読んでくださいね!

まず症状です

・生理前になると歯が痛くなる
・歯茎が痛いような?かゆいような?浮いた感じがする
・歯磨きのとき歯茎から出血する
このような症状、ありませんか?

意外と知られていませんが、女性ホルモンには歯肉炎を悪化させるという作用があります。 まず、歯肉炎の原因となっているのが歯周病菌といわれる細菌軍です。この歯周病菌の中の一種の細菌は、 女性のきめ細かい肌や、ふっくらした体つきを作る卵胞ホルモン(エストロゲン)が大好物なんです。なので歯周病菌はこの卵胞ホルモン(エストロゲン)をエサにしながら異常増殖してしまうことがあるそうです。 卵胞ホルモン(エストロゲン)は排卵の時期にピークを迎え、生理前まで分泌され続きます。

ちなみに排卵はPMS(月経前症候群)の始まりでもあるのです。

また排卵~生理開始直前まで多く分泌される、
妊娠をつかさどる黄体ホルモン(プロゲステロン)は
歯肉の毛細血管に作用して炎症を悪化させる作用もあります。

ですので
・卵胞ホルモン
卵胞ホルモンをエサにして異常増殖した歯周病菌が、
毒素を出し歯茎に炎症を起こします。

・黄体ホルモン
黄体ホルモンの働きで↑の炎症がさらに悪化させられます。

こわいですね……

そして、生理前に歯茎が腫れやすい方は妊娠時に幼虫です。
妊娠をすると生理前や生理中よりも女性ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

ですのでそのぶん歯周病になりやすくなってしまうそうです。

以前も書きましたが、歯周病の怖いところは
歯を失ってしまうこともあります。