ホワイトニングにかかる費用はどれくらい?保険適用できる?

2019年09月17日

ホワイトニング費用_リサイズ

口元は、その人の第一印象を決めてしまうと言っても過言ではないほど重要なパーツです。歯の美しさも重要な身だしなみとなっている昨今、ホワイトニングが気になる!という方も多いのではないでしょうか?ホワイトニングと一言でいっても、実はその種類や効果、費用は様々です。ここでは、ホワイトニングに興味があるけど、費用が心配で一方踏み出せないという方に、ホワイトニングにかかる費用や保険について解説していきます。

歯のホワイトニング費用は種類によって違う?値段が安いのはどれ?

歯のホワイトニングといっても、その種類や効果、費用も様々です。自分の生活スタイルやお財布事情、またどの程度の白さを実感したいのかによって、選ぶべきホワイトニングの種類も変わってきますので、まずはホワイトニングを始める前に知っておくべきホワイトニングの種類や費用、料金相場についてご紹介します。

オフィスホワイトニングの特徴と料金相場

オフィスホワイトニングとは、歯医者さんで歯科医師が行うホワイトニングです。過酸化水素とよばれる歯の漂白成分の濃度が30%と高い濃度の薬剤を使用し、効果を高めるためにさらにライトを照射するのが一般的です。治療時間はおよそ1回につき1時間ほどで、1~2週間に1度のペースで1回~4回ほど通院することが目安です

オフィスホワイトニングは短期間で効果を得られやすいというメリットがありますが、費用も高めです。

オフィスホワイトニングの料金相場は、概ね15,000円から50,000円。ホワイトニングに使用する薬剤の種類やライト、レーザーの種類によって金額に差があるようです。

ホームホワイトニングの特徴と料金相場

ホームホワイトニングとは、歯医者さんで自分の歯型のマウスピースを作製し、自宅でマウスピースに薬剤を入れて装着しホワイトニングしていく方法です。2週間ほど、毎日およそ1~2時間使用します。薬剤は10%~20%とやや低い濃度のものを使用するためオフィスホワイトニングよりも即効性が低くなりますが、だんだんと白さを実感していけるため自然な白さになります。

歯の白さの持続期間は6ヶ月ほどと言われており、持続性もいいのでじっくりと時間をかけて自然な白さにしていきたい人に向いている方法と言えるでしょう。

ホームホワイトニングの料金相場は、およそ10,000円から30,000円程とオフィスホワイトニングより安い傾向にあります。特にホワイトニングをメインとしている美容治療の歯科医院の場合、顧客が多いため材料を大量に安価で仕入れることができ、その分治療費を安くできる場合もあります。

デュアルホワイトニングの特徴と料金相場

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたホワイトニング方法です。オフィスホワイトイングやホームホワイトニングを単体で行うより高い効果を得られやすく、芸能人のような真っ白な歯にしたい人に向いているホワイトニング方法です。色持ちの良さも定評のようですが、デュアルホワイトニングの料金相場は60,000円~80,000円程と高額です。

セルフホワイトニングの特徴と料金相場

セルフホワイトニングとは、歯科医院ではない専門のサロンで、自分でホワイトニングを行う方法です。セルフホワイトイニング店には歯科医や衛生士はいませんが、専門のスタッフから使用方法のレクチャーを受けることができます。漂白剤は使用せず歯の汚れを落とし、歯をクリーニングすることで、歯の本来の色へと導いていく効果があります。

セルフホワイトニングの料金相場はおよそ1回5,000円程と、とてもリーズナブルで続けやすい価格なのが特徴で、効果をより実感するため3~4回通っていただくのがおすすめです。

歯のホワイトニングは保険適用できる?

歯のホワイトニングは、残念ながら保険適用できません。自由診療のため、歯科医院やサロンが独自の料金設定で行うことができます。誤って高額な料金を支払って失敗しないためにも様々なホワイトニングの方法と料金相場を事前に知っておく必要があるのです。

歯のホワイトニングは市販の歯磨き粉じゃだめ?

歯の美白ブームとあって、最近では色々なメーカーからホワイトニング効果のある歯磨き粉が販売されていますよね。

市販のホワイトニング用歯みがき粉に含まれる歯を白くする成分とは、着色汚れ(ステイン)を落とすポリリン酸ナトリウムが主な成分です。コーヒーや紅茶、ワインやカレーなど色の付きやすい飲食物をよく食事に取り入れる人におすすめの方法です。

気を付けたいのは、海外製の研磨剤を含むタイプのホワイトニング用歯磨き粉です。国内の物より強い研磨剤が含まれている物は歯の表面や歯茎を削りすぎて傷つけてします可能性がありますので、よく注意して選ぶようにしましょう。

毎日の歯磨きで簡単にホワイトニングが出来るという点でとても便利なホワイトニング歯みがき粉ですが、歯を真っ白にするというより歯の着色汚れを落とすことが目的です。薬剤を使用するホワイトニングのように即効性はなく、トーンアップにも限りがありますので、着色汚れを綺麗に落として自分の本来の歯の色へ近づけたい人に向いている方法と言えるでしょう。

歯のホワイトニング費用を抑えたいならならホワイトニングバーがおすすめ!

ホワイトニングをしてみたいけど、値段が高くて始められないという方におすすめなのが、セルフホワイトニングの専門店「ホワイトニング専門店 ホワイトニングバー」です。

>>ホワイトニングバー

ホワイトニングバーとは

ホワイトニングバーは専門スタッフによる指導の元、自分でホワイトニングを行う日本初のセルフホワイトニング専門店です。

ホワイトニングバーの主な特徴

低価格

最もお得なコースが1回3,600円(税込み)、最大料金が1回4,980円(税込み)に設定されており、リーズナブルで続けやすい価格設定になっています。

学割り制度もあり、高額になりがちな歯科医院のオフィスホワイトニングより低価格でホワイトニングケアを行うことができますので、ホワイトニングに興味を持つ多くの人が試しやすい料金設定となっています。

歯が痛くならない安心のジェル

ホワイトニングバー専用のジェルは歯科医師の研究チームが独自開発し、日本国内の工場で製造された食品として使われているものだけで作られています。歯にダメージを与えないため歯が痛くならないだけでなく、しっかりと歯を白くしてくれると高評価の専用ジェルを使用しています。

簡単に短時間ケアができる

初回は説明を含めて約1時間、2回目以降は約30分程度と短時間でケアをすることができます。ちょっと空いた時間でも出来るため、忙しく時間のない人にも続けやすい簡単なケア方法となっています。

1回税込み3,600円と低価格でチャレンジできるホワイトニンバーなら、ホワイトニング初心者でも気軽に始めることができますね!

まとめ

ホワイトニングバーは、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングのように高濃度の薬剤の使用によって痛みがでる可能性やホワイトニング後の食事制限がないため、ちょっとした隙間時間に手軽に行うことができる点がおすすめです。ホワイトニングは続けることでより効果を実感しやすくなる傾向にありますので、高いホワイトニングを1回行うより、リーズナブルで続けやすいセルフホワイトニングをコツコツ行っていく方が憧れの自然な白い歯へと近づけるかもしれませんよ。

facebookからいち早く来店モデルをご紹介