スタッフブログ

知覚過敏について

歯がしみたりしませんか?

虫歯があるわけものないのに、冷たいものを食べたり飲んだりしたときに歯がしみることはありませんか?

もしそうであれば、それは知覚過敏かもしれません。

冷たいものを飲食するとき以外に風が当たったり歯磨きをしたりするときなどにも、ツンっ!と小さな痛みが走ることがあります。

その痛みは瞬間だけのものですが、日常生活で何度も繰り返し起こると大きなストレスになるものです。

知覚過敏の原因や対処法を知り、知覚過敏を解消しましょう。

 

知覚過敏が起こる仕組み

知覚過敏は歯の表面のエナメル質が何らかの原因によって削られることで歯の内側の象牙質がむき出しになってしまい、そこにある象牙細管の穴が露出することで発生します。

象牙細管は歯髄(歯の神経)につながっているので、その穴に冷たいものや甘いものといった「刺激を与えるもの」が浸入することで歯がしみてしまいます。

このように知覚過敏は「エナメル質が削られること」で発生します。

 

知覚過敏の原因

知覚過敏はエナメル質が削られてしまうことで発生します。

 

《エナメル質を削ってしまう原因は?》

 

◎歯磨きの力が強すぎる

ゴシゴシと力強く歯を磨きすぎると、エナメル質を傷つけやすくなります。 柔らかめの歯ブラシで優しく磨くようにしましょう。

 

◎酸が含まれる食品をたくさんとっている 酸はエナメル質を溶かしてしまいます。

酸が多く含まれている食品

*例:炭酸飲料、柑橘系の果物、酢の物などばかりとるような食生活になっているなら改善する必要があります。

 

◎歯ぎしり

歯ぎしりが酷い場合、マウスピースをするなどして対策しましょう。

 

◎噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと一部の歯だけに過度な力がかけられてしまうので、エナメル質が削れてしまいます。

噛み合わせについては自分で矯正するのは難しいので、歯科医に診てもらうなどしましょう。

 

◎歯石除去

 

歯科クリニックなどで歯石を除去することで知覚過敏が起こることがあります。

歯石が取り除かれることで象牙部分がむき出しになってしまうことがあるからです。

 

◎加齢

 

加齢に伴い歯茎が後退し知覚過敏を引き起こしやすくなります。

 

歯が染みるのを防ぐ歯磨き粉を選ぶ

 

歯磨き粉には、硝酸カリウムという成分の含まれたものがあります。

硝酸カリウムは歯髄の周囲にイオンバリアを作り、歯がしみる症状を防いでくれます。

また虫歯や歯周病などの予防や、歯を白くさせたり口臭を防いだりする効果もあるのでおすすめです。

また、唾液の分泌量を増やすことで歯の再石灰化を促進し、むき出しになっている象牙質を再びエナメル質でカバーすることができます。

口の中が乾いてしまわないように注意しましょう。

 

知覚過敏の原因と、対策についてご紹介しました。

日々の生活習慣である程度は知覚過敏を抑えることも可能ですがあまりにもひどい方は歯医者さんをお勧めします!!

自分の臭いの中で一番気づきにくいのが口臭

自分の口臭わかってますか?

 

自分の臭いの中で一番気づきにくいのが口臭と言われています。

WhiteningBAR のホワイトニングは歯のホワイトニング効果だけではなく口臭を予防してくれる効果もあるんです。

当店で使用しているジェルには『抗菌・殺菌機能』や『消臭機能』があるため元々の歯の白さに近づけると同時に歯周病菌・口臭の原因菌を抑制することができます。

 

差し歯からくる口臭は歯周病が原因であることがほとんどなので口臭を抑えるためには歯周病を予防することが一番の近道なんです。

 

また、歯周病を予防することは口臭の改善につながるだけではなく、美容の面からも高い効果があります

誰かと話すときに自分の口臭って気になりますよね。

恋人や友達に口が臭いと思われたらがっかりします。

ぜひぜひ今日からオーラルケア習慣を始めてみてください♪

 

抗菌・殺菌機能・消臭機能

 

上記3つの機能があるため、元々の歯の白さに近づけると同時に歯周病菌・口臭の原因菌を抑制することができます。

歯周病がもたらす病気について

歯周病ってどれくらいご存じですか?

歯周病になってしまうと… 歯周病は、単に歯の機能を損ねるだけでなく全身に及ぶ病気だということが近年の研究で明らかになっています。

日本人に最も多い病気は歯周病?

歯周病の兆候は80%以上の方に見られると言われています。日本人に最も多い病気は歯周病かもしれないと言われています。厚生労働省の歯科疾患実態調査によると45~54歳の中年層の80%以上で25~29歳でも70%以上で歯周病の兆候が見られる。

こんなにも歯周病の人が多いのにどんな病院なのか、あまり知られていないそうです。

ただの歯茎が腫れているから、歯磨きの時に血が出ただけだから、大したことない!なんて思われる方も中にはいるのではないでしょうか。

そんなことは決してありません。

歯は全身と繋がりを持っているので、歯周病をただの歯周病で放っておくと大きな病気へとなってしまうかもしれません。

歯周病とその他の病気の関係

[歯周病と狭心症・心筋梗塞]

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラークが出来血液の通り道は細くなります。

[歯周病と心筋梗塞]

心筋梗塞になる可能性としては、歯周病でない人はそうでない人の2.8倍心筋梗塞になり易いとる言われています。 血液、コレステロール、中性脂肪が高めの方は動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療はより重要になるそうです。

[歯周病と糖尿病]

歯周病は以前から糖尿病の合併症の1つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。

最近では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになっているそうです。

歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきました。

歯周病治療で糖尿病を改善することも分かっています。

上記で説明した歯周病と病気について、例として3つ程上げましたがまだまだ歯周病と関連する病気は沢山あります。歯周病になる前に自分で出来ることが沢山あると思います!

毎日丁寧に歯を磨いていても、汚れや着色はどうしても落ちきらないのです。

ホワイトニングによる効果

ホワイトニングは歯の着色を落として歯を白くするだけだと思われる方も多いと思いますが、当店に通い始めてから 歯の明るさをキープしたいと歯磨きの回数が増えたり

定期的に歯科に通い歯石除去をしてもらったりなど

あの明るさをキープしたいというだけなのに

他にもメリットが生まれます。

少しの意識や行動で歯周病や虫歯などに、なりにくくなるかもしれませんね。

こんな風に、歯を白くしたいから通ってるってだけでも多くのメリットが着くと思います。当店は短時間でケアの時間が終わり1回のお値段もリーズナブルにご案内できます。試しに1回だけ!やってみて良かったから続けたいなど… たくさんの方のご来店お待ちしております!

1つの事をきっかけに、色々な事から予防していきましょう。歯周病なんて。ではなく、1つの大きい病気として捉えることも大事だと思います。

歯並びと矯正装置の種類について

歯並びと矯正についてお話します

まずは歯並びについてです。

    • 海外では歯並びが悪いと「経済力がない」「自己管理能力がない」「育ちが悪い」などと考えられることが多いのですが、日本では歯並びがそこまで重要視されておなかったこともあり、歯科矯正を行うという文化が海外取引比べて定着していません。
    • このため、歯並びが悪くても歯科矯正をしないのが現状です。しかし歯並びの悪さは子供の成長に様々な悪影響を及ぼします。
    • どういった悪影響があるかというと…

◇歯みがきがしづらくなる

    • 歯並びが悪いときちんと歯みがきを行うのが難しくなります。
    • 凹凸が多いと歯ブラシを当てにくいため、汚れが残りやすいのです。
    • 残った汚れが酸を出し続けることで虫歯になるリスクが高くなります。

◇オープンマウス

    • 歯並びが悪いと前歯が突出してしまう、いわゆる出っ歯になることもあります。
    • これが深刻になると前歯が上唇を引き上げて自然に口が開いてしまう『オープンマウス』と呼ばれる状態になることがあります。
    • オープンマウスは口の中が乾いて唾液の量が減るため、虫歯や口臭が発生しやすくなります。
    • そして歯並びの悪さが精神的な影響を及ぼすことも…

◇見た目に自信が持てなくなる

    • 思春期を迎えると、お子さん自身が自分の歯並びにコンプレックスを持つようになるケースも少なくありません
    • 歯並びが悪いことで、自然と会話をするときに口を手で覆うなどといった行動が出やすくなります。
 
    • ここまで紹介したように、歯並びの悪さは特にお子さんだと、成長に様々な悪影響を及ぼします。

これらのリスクを解消するには、やはり歯科矯正をおすすめします。

 

初めに『メタルブラケット・ワイヤー』

    • イメージ的に「痛そう」「高そう」「見た目が気になる」などあると思いますが、今は色々な歯科矯正があります。
    • 一般的に1番想像されやすいのは『メタルブラケット・ワイヤー』というもので、歯の表面に取り付ける金属製の矯正装置です。
    • 幅広い症状の治療に対応することが可能で、治療費も比較的安く済む傾向にあります。
    • ただ矯正器具が目立ちやすいという点もあります。

次に『クリアブラケット・ホワイトワイヤー』というもの。

    • 仕組みは金属ブラケットとい一緒ですが、白や透明の非金属製のパーツを使い目立ちにくくなっています。
    • なので金属アレルギーの方でも治療が可能です。
    • ただし金属ブラケットよりも費用はやや高くなるのと、器具の強度が多少弱くなってしまうこともあります。

『裏側矯正(舌側矯正』

    • 次に歯の裏側に装着する『裏側矯正』という矯正装置です。矯正器具が外から見えにくく、他人に気づかれにくいという特徴があります。
    • 歯を裏側から引っ張るため、前歯などを引っ込めたい場合場合には最適な治療といえるえでしょう。
    • ただし慣れるまでは、装置が舌に当たるため、違和感や喋りにくくなる可能性はあります。
    • また治療費が高額なこともデメリットの1つです。

最後は『マウスピース矯正』です。

    • 取り外しが可能な、透明で薄いマウスピースを利用して矯正を行います。
    • 違和感や発音のしにくさが少なく、周囲から気づかれることもほとんどありません。
    • 食事や歯みがきの際は外せるので、不便に感じることはほとんど無いでしょう。
    • しかし治療できる症状は限られているのと、指定された時間は装着していないと治療の結果にも影響がでてしまいます。
    • ここまで紹介したように歯科矯正といってもたくさんの種類があり、メリット・デメリットがあるのが分かって頂けたかと思います。
 
    • もし歯並びで気にしているのであれば、高いから、時間がかかるから、と諦めずに1度相談してみるのもいいかもしれませんね♪
 

歯のかぶせ物に付いた着色を落とす方法

かぶせ物に付着してしまった着色を落とす方法をご紹介いたしますね?

 
    • かぶせ物(特に保険適用のもの)は、天然の歯よりも茶渋やヤニなどのステインが溜まりやすいです。普段からステインを溜めない習慣付けをすることが大切です!!
    • ステインは、色の濃いものを歯に滞留させることによって沈着します。黄ばみ抑制は、なるべく早く歯の表面から濃いものを取り去るということが基本です。食事をした後や色の濃いものを飲んだ後には以下の習慣を意識してかぶせ物の黄ばみを抑制しましょう。
 
  1. 研磨剤が入っていない歯磨き粉で歯を磨く
  2. うがい、もしくは水で口の中をゆすぐ
  3. ガムを噛んで唾液の分泌を促進する
 
    • この3つを習慣づける事により歯の色素沈着は浸透しにくくなります?
 
    • 普段のホワイトニング習慣は虫歯や歯周病の抑制にも繋がります。歯は明るい方が良いのはもちろんですが、健康であることも大切です。歯周病が悪化すると、着色してるか、してないかという話では無くなってしまうからです。
    • 何歳になっても健康で綺麗な歯は魅力的です。
 
    • 今日からホワイトニング習慣、始めてみませんか?
 

ホワイトニングの効果を実感できる通い方

どんな通い方が効果的なの?

    • 効果的な通い方をわかっていると早くしっかりとトーンアップできるので期間も短くお値段も抑えることができます。
 
    • まず一番もったいない通い方は1ヶ月に一回ペースでのご来店をされる方です。その日にトーンアップしてもまた1ヶ月後に来るとのみものやたべものを毎日摂取しているので若干お色がもどってしまいます。そうするとまた元の色からトーンアップして元にもどっての繰り返しになってしまうので効果を実感できません。なので週に1回のペースで通っていただきなるべく間をあけないようにすることがトーンアップの秘訣になります。
 
    • 週に一回のペースで一回ケアをしていただくよりも週に一回のペースで二回連続ケアをしていただくことをおすすめしています。例えば今日一回ホワイトニングをして明日も一回ホワイトニングをするよりも、今日二回連続ケアをしていただくほうがお色が一気にトーンアップできます。
 
    • なぜか言うと二回連続ケアというものは一回目に光を当てていただいて終わったらすぐに二回目の光を当てていただくことになります。食べ物やのみものをのまないでケアをしていただくのでお色があがりやすいです。
 
    • 一回目と二回目の間隔を空けずにケアをすることもお色を早くあげるポイントとなっています。二回連続ケアは一気にトーンアップができて効果を実感していただけるのと通う頻度を減らすこともできるのです。いつまで週に一回ケアで通えばいいのかと思われるお客様も多いです。
 
    • 光を当てていただくと上の歯の前歯が一番光が当たりやすい場所にあるので一番早くトーンアップしはじめます。下の歯は上の歯に隠れているので前歯に比べるとトーンアップが遅めです。下の歯は軽く突き出していただきながら光が当たりやすくします。犬歯は着色が濃い方が多くトーンアップが前歯に比べると遅めになっています。
 
    • 横の歯をトーンアップするためにLEDライトを横から当てるようにするとお色があがりやすくなります。まず最初の3、4回程度は正面からLEDライトを当てていただき全体をトーンアップしていきます。上の歯がだいたいトーンアップしたら着色が気になる、下の歯や犬歯を集中てきに横からLEDライトを当てていきます。こおして全体がトーンアップしたら月に1、2回のメンテナンスへとはいっていただくのがいいです。ここでもうお色があがったので通わなくなると一気にはお色は戻りませんが、日々の汚れや着色でお色が少しずつもどっていってしまいます。そうすると今まで頑張ってトーンアップしたのがもったいなくなってしまうのでトーンアップした後のメンテナンスはすごく大切なものになっています。
 
    • 二回連続ケアでなるべくつめて通って全体がトーンアップしたらしっかりメンテナンスで通っていただくのが効果的な通い方となります。この通い方をして早く安く白い歯を手に入れてくださいね。

歯ぐきのトラブルの原因について

歯を支える大切な歯ぐきについてお話しします。

    • 皆様の歯ぐきは健康ですか?
    • 歯磨きのときしっかり歯ぐきも磨けていますか?
    • 歯ぐきが不潔な状態が続くと色々なトラブルの原因になってしまいます。

まず歯ぐきの炎症(腫れ)です。

 
    • 細菌が歯ぐきについてしまい、炎症を起こします。痛みがあったり、ひどくなると出血する場合もあります。
    • そしてこの状態を放置すると膿が出てくる可能性があります。このような場合は歯周病の可能性が高いです。
    • 口内を清潔にしていても症状が改善しない場合はしっかり病院で診てもらいましょう。歯周病はひどい口臭の原因となります。
    • 歯周病以外としては膿瘍などの可能性もありますのでやはり早めの診察をオススメします。

歯周病だけでなく場合のトラブルの原因は

 
    • 歯肉炎、歯周炎、膿瘍、歯根膜炎と様々です。
    • 主な症状をご紹介します。
 
    • 歯肉炎

    • 歯ぐきが腫れる症状です。
    • 歯と歯の間や、歯と歯肉のすき間に溜まってしまった歯石や歯垢が原因です。歯を支えている歯槽骨が炎症で壊されてしまう病気です。歯槽骨は一番下の奥深い部分ですね。
 
    • 歯周炎

    • 歯周炎は歯肉炎の酷くなった症状です。
    • 歯肉炎になってしまい、そのままで汚れを放置してしまうとどんどん汚れは溜まっていき奥深くの歯槽骨まで達してしまうのですね。
    • 歯肉炎~歯周炎と悪化してしまいます。
    • 歯周炎になると歯槽骨が溶けてしまい歯がグラグラしてきて最終的に歯を失うことになりかねません。考えるだけで怖いですね。
    • 初期の段階で治療をしましょう。症状は膿が出るなどもあります。まず歯肉炎の段階で気付かない人も多くいます。定期的にwhiteningBARのセルフクリーニングや歯医者さんでのクリーニングをしてキレイに保ちましょう。クリーニングは3ヶ月に1度が目安になります。
 
    • 次に膿瘍です。

    • これは歯の感染によるものです。できた場所により呼び方が違います。
    • こちらも常に清潔にしていれば防ぐことができます。
    • 歯根膜炎とは、歯の根っこを囲んでいる歯根膜が炎症を起こしてしまうことです。
    • 原因はう蝕により細菌が歯の神経や血管のあるところに感染してしまい炎症を起こす。外側からの歯に対する大きな力が加わり炎症を起こす(外傷、噛み合わせ)
    • 歯周病により歯根膜が炎症を起こしてしまう。など原因は1つではありません。
 

最後に歯周病とは、

 
    • 最初のうちは見た目もそんなに変化なく、痛みもないので気付きにくいものです。歯ぐきはデリケートなので歯磨きを強くし過ぎたりするだけでも出血してしまう事があるので、余計分かりにくいですよね。
    • ちなみに歯周病(歯槽膿漏)とは大きく分けると歯周炎、歯肉炎に分かれます。どちらにしても避けたいですね。
    • 歯周病になることで歯ぐきが下がってしまい見た目も悪くなってきます。ブラッシングが強すぎたり、加齢によってということもあります。歯並びが悪く歯ぐきも下がってしまう場合もあります。
    • 歯ぐきが下がると…
    • 知覚過敏になり、ひどくなると生活に支障をきたすので神経を抜かなくてはならないこともあるようです。
 

歯ぐきが下がるのを防ぐには。

 
    • 1 原因としてブラッシングが強すぎるというのがあります。毛が硬かったりする場合は少し柔らかめにしたり、毛の細いものを選ぶことで歯ぐきと歯のすき間や歯と歯の隙間も磨けるのでおすすめです。
    • 2 歯並びが原因の場合は矯正がおすすめです。外側に力がかかっているのでその負担を取り除けば歯ぐきの下がりも防げます。
    • 簡単に出来る値段ではないですが、歯ぐきが下がっている部分だけの矯正ができるところもあるみたいなのでそちらもおすすめです。
    • 3 歯ぐきの組織を移植
    • 大きく下がってしまうと自然に治すのが難しくなります。そのため他の部分から切り取り下がっている歯ぐきの部分に移植します。
    • 4 噛み合わせを調整
    • 一部の歯が外側に押し出されるように強い力がかかっている場合は噛み合わせがずれているかもしれません。なので噛み合わせを正常に戻すことで歯ぐきの下がりが改善されます。
 
    • いずれにせよ、早期発見が良さそうですね。お金もかかってしまいますし、痛いのも辛いですよね。1番良いのはならないように……ですね。そのための予防をしっかりしていきましょう!
 
    • 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
    • 健康な口内を保ちましょう!
 

着色しやすい人の特徴と予防方法について

見栄えの悪い歯の原因は?

    • 永久歯からの何十年の汚れが溜まり、歯が茶色くなったり黄ばんだりして汚くなっていませんでしょうか?
    • 歯はちょっとした事で着色しやすく、相手に嫌な印象を与えてしまうことやそれが虫歯の原因につながってしまう事もあります。
    • そんな歯の着色はなぜ起きるのか、またその予防方法をご紹介していきます。
    • 歯は放っておくと茶色や黄色に着色し、なんとも見栄えが悪くなってしまう事があります。
 

歯が着色するのにはいくつか原因があります!

《↓主な原因として↓》

 
    • ◎飲み物による着色 お茶・コーヒー・ワインなどの飲み物を飲むと、その成分が歯に付着し着色してしまう事がある。
    • ◎特にコーヒーは着色の原因となるポリフェノールが多量に含まれているため、着色しやすい。また飲み物に限らず、カレーなど濃い食べ物を食べてもその成分が歯に付着し色が付く原因となる事がある。
    • ◎タバコによる着色 タバコを多量に吸っていると、タバコに含まれるニコチンやタールが蓄積されていき、歯の着色につながることがある。
    • ◎歯の汚れ 歯に歯垢や歯石などが付着し、それが汚れとなり歯を着色させてしまう事がある。歯の汚れによる着色は、いずれ虫歯の原因ともなるため注意が必要。
    • ◎虫歯による汚れ 歯が虫歯となると、その初期段階としてカルシウムが抜けていき歯の白が濁っていく。さらに悪化すると虫歯により歯の表面が崩れ茶色になり、最終的に歯の神経が死んでしまうと、歯が黒ずんでしまう。
    • ◎加齢による着色 年齢を重ね、歯の組織が老化したことにより、自然と歯が変色していくことがある。
    • ◎遺伝性による着色 遺伝が原因で歯が自然と着色されてしまう事もあり、遺伝によって着色する人の割合は15000人に一人程度と言われている。
    • ◎その他、薬物や抗生剤などの副作用により、歯が着色される事もある。
 

【【歯の着色の予防法は?】 】

    • ※ 自分の努力次第で未然に防ぐ事も可能です。
 
    • ◎歯磨きをする
    • 歯の着色は特殊な原因のものでなければ、歯磨きをする事で洗い落とせるため、未然に予防できる。特に食後やコーヒーなどの後は必ず歯磨きをすることが大事!
 
    • ◎ガムを噛む
    • ガムを噛むと、唾液が分泌され着色成分が洗い流せるため、これも予防につながると言われている。毎食後の歯磨きが面倒くさいという方はガムを噛む習慣をつけることがオススメ!
 
    • ◎うがいをする
    • 水を口に含みガラガラとうがいをすれば、着色成分も一緒に洗い流す事ができる。できれば歯磨きも一緒にした方がいいですがそれがめんどくさいのであればうがいだけでも大事!

歯磨き粉の使用期限って知っていますか?

多くの方は歯磨き粉に使用期限がある事を意識していない!?

    • ずいぶん前に買った歯磨き粉が出てきたり、旅行へ持って行った歯磨きセットの歯磨き粉が残っていたり、いつまで使えるのかな?と思いますよね。そもそも歯磨き粉に使用期限があるのかもわからないという方も多いのではないでしょうか。
 

●未開封の歯磨き粉の使用期限は?

    • 歯磨き粉には、箱の裏にも使用期限が書いてないものが多いかと思います。
    • 薬事法により未開封のものを通常の環境で保管した場合を前提に、製造から3年経過しても有効性と安全性が認められているものは使用期限を書かなくても良いとされているのです。
    • 3年以内に品質の劣化をする可能性がある商品の場合は必ずパッケージに使用期限の記載があります。
    • そのため使用期限の記載がない歯磨き粉の場合、未開封の状態で3年は使用しても大丈夫ということになります。使用期限については、特にメーカーによる違いはないようですが、メーカーによっては、製造年月日が記載されているものもあります。パッケージに刻印されている数字から製造年月日がわかるので、ここから3年以内なら未開封の場合は大丈夫ということになるのでわかりやすいですね!
 

●開封後の使用期限は?

    • 未開封の歯磨き粉の使用期限は3年だけど、一度開封してしまったものの場合はどうなのでしょうか?商品には「なるべく早くお使い下さい。」と記載されていることが多いです。
    • ですが基本的には「開封後は1年以内」が理想とされています。歯磨き粉の刻印で製造年月を確認できることがわかったので、「いつ買ったのか」よりも「いつ開封したのか」が大事なんです!歯磨き粉のパッケージに開封した日付を記入しておくのもいいですね。そして一番大事なことは、歯磨き粉の成分は品質が低下しにくいといっても、適切な温度や湿度で衛生的に保存することです。開封後の歯磨き粉は空気に触れてしまうため、香りや味が薄れてしまったり中で固まってしまう可能性もありますので注意しましょう。
 

●使用期限を過ぎた歯磨き粉は掃除に使おう!

    • 使用期限を過ぎてしまい使うのに不安な歯磨き粉は、お掃除に使いましょう!
    • 歯磨き粉には研磨剤が含まれています。お風呂掃除や、コンロの油汚れ、食器についた茶しぶなどを落とすことにも最適です。また、冷蔵庫内のお掃除をすると臭いも消し去ることができるのでオススメです。使用期限が過ぎても無理にに使わず別の用途で使い続けると良いかもしれません。
    • 歯磨き粉は口腔内を綺麗にするのに必需品です。ですが、口の中に入るものではあるので衛生状態を保ち、使用期限内に使用する管理も必要なのです。
    • 皆さんも使用期限をしっかり守りましょう!

結婚式は白い歯で迎えたい!ブライダルホワイトニングはいつがベスト?

結婚式前にホワイトニングはとても重要です!

    • 結婚式当日の主役は花嫁様。当日はお写真をどの角度で撮られているかわかりませんよね。。
    • 完璧に美容院で髪のメンテナンスをし、ネイルアートを施し、エステに通いボディとリーメント、そして脱毛。女性はとにかくお金がかかりますよね。
    • ここまで時間とお金をかけたのに関わらず、当日歯が黄色くては台無しです。
 

歯の色はメイクではごまかせない

    • ご存じの通りメイクでは誤魔化せません。着色の濃い飲食を控え、ケアを気を付けていても、そもそも蓄積されている数十年分の汚れを落としてからでないと歯のお色は中々上がりにくいのです。
    • なので理想はお式の1~3か月前から通いながら歯のお色をキレイにして仕上げていくのが理想なのですが、忙しくてなかなか、、と言った方はもちろんどうせなら夫婦ペアでリーズナブルにホワイトニングをしたいなぁと言った方にお勧めしているのが、ウエディングプランなのです?
 

結婚式前にホワイトニングするの料金は幾らくらい?

    • 2人合わせて¥33,600(税込)で2回通うことが出来るお得なプランとなってます!
    • もちろん用途に合わせてコース変更も行えますよ♪
 
  • 詳しくはお気軽にお近くの店舗にてお問合せくださいね^^