スタッフブログ

唾液の大切さについて181210

唾液の大切さについて、ご紹介します♪

 

普段は気にしていない、当たり前のように存在する[唾液] 唾液は口の中を潤すだけでなく口内の細菌の増殖を抑えて、口臭、虫歯、歯周病などさまざまなトラブルから私たちを守ってくれています★ 唾液は99%以上が水分で残りの1%程に抗菌、免疫、消化などに関わる重要な成分が含まれています!!

 

○自浄作用○

歯や歯間に付着した食べかすやプラーク(歯石)を洗い流します。

 

 

○抗菌作用○

抗菌作用を持つ成分が口の中の細菌の増殖を抑える。唾液中の抗菌成分が、歯周病菌や虫歯などの繁殖を抑えます。唾液が少ないという事は、細菌を押さえる力が弱いという事。ただし、この細菌を押さえる力も、人によって差があります。

 

○pH緩衝作用○

飲食により酸性に傾いた口内のpHを中和させて虫歯を防ぐ。

 

○再石灰化作用○

飲食により溶けかかった歯の表面を修復し虫歯を防ぐ。

 

○消化作用○

酵素アミラーゼがデンプンを分解し消化しやすくする。唾液の分泌を増やすためにも、よく噛んで食べるようにしましょう!

 

○粘膜保護・潤滑作用○

粘膜のあるムチンが粘膜を保護して発生をスムーズにする。

 

○溶解・凝集作用○

味を感じさせ噛み砕いたり、飲んだりしやすい塊にする。

 

○粘膜修復作用○

上皮成長因子と神経成長因子が傷を治す。

 

○中和作用○

プラークによって酸性に傾いたお口の中を、弱アルカリ性の唾液が中和する事で、口腔内を中世に戻してくれます。唾液が正常に機能していれば、お口の中は食事の後約30分で中性になる。酸性の状態が長く続けば、それだけ歯周病菌や虫歯菌は活発に増殖を繰り返し、口腔内環境を悪化します。

 

 

●唾液が減ってしまうと、、、 唾液の分泌量が減ると、口内が乾燥して食べ物がのみこみづらくなってしまい、口内がネバネバしてしまう、口臭がきつくなる、話しにくくなるなどの不快感が慢性的に続くことがあります。 唾液の分泌不足によって、唾液が本来果たしている自浄作用が働かず、口臭、舌痛、口内痛の原因になったりカンジタ菌による口内炎、虫歯や歯周病などにかかりやすくなる場合があります。

 

こうして唾液の効果を上げただけでも、唾液には大切な役割がたくさんあるのです! 食べ物をよく噛む、口を動かす(喋る)といった行為は唾液の分泌に繋がりますので日頃からしっかりと心がけることが大切です。

 

当店でのホワイトニングのケアをすると口臭予防や虫歯予防に繋がりますので定期的なケアをオススメします。

着色について181207

歯が着色し、黄色く見える理由は、歯の表面にはさまざまな着色成分が付着しています。

 

お茶やコーヒーに含まれるタンニンと呼ばれる色素やタバコのヤニ(ニコチン、タール)などがステインの原因として知られています。 これらの色素が歯の表面にある「ペリクル」という成分に付着することでステインとなり、やがて歯が黄色く見える「着色汚れ」となっていきます。

 

その他にも、加齢と共に半透明のエナメル質が磨り減る一方で、内部の象牙質は厚みを増していくため、磨耗したエナメル質から象牙質が透けることで歯が黄色く見えるという〈内部からの歯の変色〉も進んでいきます。

※ペリクルとは本来、歯に密着して細菌などから歯を保護する働きやカルシウムやミネラルの流出を防ぎ歯の石灰化を助けるといった良い働きがあります。ただしそれと同時に細菌やステインを呼び寄せる性質もあり、歯の着色汚れを招いてしまいます。

※象牙質とは歯がすり減る事によってでてくる。知覚過敏の原因にもなってくる。

 

オフィスホワイトニングをしても、あまり効果が出ない人の原因。

・フッ素(フッ化ナトリウム)コーティングをしている フッ素が含まれている歯磨き粉が最近は人気が高く、数多くの商品が販売されています。フッ素はエナメル質を虫歯菌の出す”酸”に対して溶けにくい質に変化させる働きがあり、フッ素を塗ることで新たな虫歯を作りにくくする効果が期待できるため、歯磨き粉だけでなく歯科医院でも虫歯になりやすい子供や定期検診で初期虫歯ができていた人が塗るということが多いようです。 しかし一方で、フッ素にはホワイトニング剤が歯に浸透するのを阻害してしまうという作用があるため、フッ素コーティングをしている人はホワイトニングの効果が十分得られないことがあります。 ただし、ホワイトニングをした後であればフッ素コーティングの利用は推奨されています。

 

・着色成分が強くこびりついている・歯垢がある場合 着色成分が歯の表面に多く付着している場合は、ホワイトニングで思うように歯が白くならないこともあります。さらにプラーク(歯垢)が歯に付着していると、ホワイトニング薬剤が歯に浸透しにくくなりますので、歯石がついている場合は、まずは歯石取りをしてもらってからホワイトニングをすることをおすすめします!

 

オフィスホワイトニング直後の注意点について。 漂白処置によって歯の表面を保護している有機質の皮膜(ペリクル)が一時的に除去され、歯の表面のハイドロキシアパタイトがむき出しの状態になるのです。この時にフッ素を塗布すると取り込みが非常に良くなりますが、酸性の強い飲み物(グレープフルーツ、レモン、オレンジなど)に接触すると歯の表面が溶けやすいので注意が必要です。この時期は、歯の表面に色素も沈着しやすいので、色の濃い飲食物(カレーライス、赤ワインなど)や喫煙を控えることがホワイトニング効果を高めることにつながります。歯の表面に唾液が触れることによって徐々に有機質皮膜が再生されますので、ホワイトニング後、1 時間程度は注意が必要。

今日は『歯石』についてお話をします!

歯石とは、歯にこびりついた汚れが石灰化したもののことを言います。

 

ネバネバした歯垢とは異なり、名前の通り石のように硬いものです。その主成分は「リン酸カルシウム」で、歯垢や白血球の死骸などが、ミネラルの一種であるリンと唾液に含まれるカルシウム成分で固められてできています。

 

◎どのように歯垢から歯石に変わっているのか?

お口の中に歯垢などの汚れが溜まる。「細菌が悪さをしないよう、動けなくしよう」という体に備わった防御反応が働く。

唾液の成分が汚れを固めてしまって歯石となってその場に固まってしまう。 このように、体は歯石を作ることでお口の健康を守っています。歯石ができるのは良くないこと!と認識されがちですが、決してデメリットばかりではありません。

 

◎歯石を放っておくと?

《トラブル1》

歯石自体は虫歯や歯周病の原因になることはありません。虫歯などの原因になるのは、あくまで歯垢です。歯石の中に潜んでいる細菌たちは、固められて悪さを出来ないようにされているので、無害です。では、なぜ歯医者などで歯石を取らなければならないと言われているのでしょうか?

その理由は、歯石が様々な口内トラブルに繋がることがあるからです。先程「歯石は歯垢を固めているので悪さが出来ない。無害なもの」と説明しましたが、皮肉なことに、歯石は歯垢を歯に留まりやすくする性質も持っています。

歯石の表面を見てみると、ザラザラとしていてたくさんの凹凸があります。ここに歯垢が引っかかってしまうのです。これをそのまま放っておいてしまうと、新たな歯石になりますが、歯垢が歯石になるまでには時間がかかります。なのでその間に、歯垢に潜んでいる細菌達が歯や歯茎に悪さをしてしまいます。よって、歯石ができる事で虫歯や歯周病のきっかけになると言えるのです。

 

《トラブル2 》

歯石ができやすい所は歯と歯茎の境目や歯茎に隠れた歯の根元部分です。

その為、食べ物を噛んだときに歯が動くことで、歯石との間に摩擦が起こり、少しずつ歯茎が傷ついてしまいます。歯石が少なければそれほど大きなダメージにはなりませんが、歯石が大きかったり、数が多かったりすると、歯茎が炎症を起こしてしまいます。

 

《トラブル3 》

歯石が歯茎に隠れた歯の根元部分にできると、空気と触れない場所なので「嫌気性菌」と言う菌が増えていきます。嫌気性菌が産生するVSC(揮発性硫黄化合物)や揮発性窒素化合物が増えてしまい、口臭が発生する原因になるのです。よく歯石そのものが臭うものと思われがちですが、実際は歯石が引き起こす口の造りの変化によって、口が臭うようになります。また、口臭の原因としては歯周病も考えられます。これも歯石がきっかけになっていることがあるので、口臭が気になる方は是非一度、歯石のチェックしてみてください。

 

◎最後に歯石は誰のお口にもできるものです◎

たとえ毎食後にきちんと歯みがきをしていても、長く歯科医院でクリーニングをしていなければ、少しずつ蓄積していきます。

歯石のできやすさは人によって違います。まずは、セルフケアをどれくらいやっているかで差がつきます。もちろん、しっかり歯磨きができていれば、歯石ができるペースはゆっくりになります。

 

その一方で、歯みがきを怠ると歯垢は2週間で歯石になると言われています。

 

また、セルフケアのペースが同じであっても、クリーニングをしてから数週間で歯石ができ始める方もいれば、半年に1度のクリーニングで十分に綺麗な状態を保てる方もいます。このような差が生まれる原因は、唾液にあります。唾液の性質は、人によって違うものです。唾液に歯石をつくる成分が多く含まれているかどうかが歯石のできやすさを左右します。

その為、気になる方には唾液検査をお勧めします!

唾液検査を行えば歯石のできやすさが分かり、クリーニングに通う頻度もわかるので一度検査するのもいいと思います。

 

歯周病について181129

本日は皆さんも1度は聞いたことのある【歯周病】について詳しくお話しさせて頂きます。

 

聞いたことはあっても、具体的にどのような症状が、そしてどんな人がなりやすいのかまではなかなか分からないかと思います。

 

日本人が歯を失う原因と聞くと、まず初めに思い浮かぶのは『虫歯』ではないでしょうか? 実は、その虫歯以上に多いのが【歯周病】と言われています。しかも驚くことに日本人の約8割が歯周病とのデータもあるのです!
このデータには歯周病の初期レベルの方も含まれていますが、それにしても驚く数字ですよね?CMはもちろん、薬局などでも『歯周病予防』などの商品をたくさん見かけることはあると思います。 それでもこれだけの数字になってしまうのは何故でしょう?

 

理由としては・・・歯周病予防の効果がある歯磨き粉や歯ブラシを使っていても、使い方やケアの仕方が間違っていれば歯周病を防ぐことはできないからです。

 

しかも1度歯周病になってしまうと、これらのケア用品を使っても治ることはありません。また成人の歯周病は年齢を重ねるほど進行するリスクが高くなるので、高齢者ほど重症化しやすい傾向にあります。

 

厚生労働省の調べによると、331万5000人もの患者がいるとの発表があったそうです。そのうちの男性は約137万3000人、女性は194万2000人と女性が上回っていました。

 

年代別の割合を見てみると・・・
20代 ⇒ 約70%
30~50代 ⇒ 約80%
60代以上 ⇒ 約90%

 

このように、60代以上になるとほとんどの人に歯周病の症状が出てると言えます。 そしてこれに比例して、重度の歯周病の割合も増えていきます。

 

歯周病予防はもちろん大切ですが
「歯周病予防の歯磨き粉をずっと使ってるから大丈夫!」などと考えてしまうのが、1番危険だということが分かって頂けたかと思います。

 

初期の段階の『歯肉炎』と言われている状態であれば、歯医者さんなどに行き適切な処置をすれば治すことも可能です。歯周病が怖いのは、初期の段階では虫歯のように歯が染みたり、痛くなることがないので、自分では気付きにくいという点です。静かに進行し、歯茎が腫れてから膿がでるなどの自覚症状がある時は、すでに重症化してしまっているパターンが多いのです。

 

そのまま放っておけば、歯を支えている骨も破壊され、やがて歯が抜け落ちてしまいます。歯周病によって1度溶けてしまった骨を完全に再生させることは難しいので、こうなる前の段階で進行をストップさせることが重要です。

 

「自分は歯周病予防をしてるから大丈夫!」という考え方はやめて「歯周病を早期発見し、ケアで進行を止める!」という意識を持つようにしましょう♪

歯間ケアってしていますか?

歯についた汚れを落としていくのに必要なのが「歯みがき」です。

 

これは皆さんも普段の日常の中で取り入れている事だと思います。ですが、 普段の歯みがきで歯と歯の間の汚れまでしっかり落とす事はなかなか難しいのです。

 

自分ではしっかり丁寧に歯を磨けていると思っていても、 実は、歯みがきで取り除ける歯間の歯垢は60%程度と言われています! つまり、40%程度の汚れが歯の間に残ってしまっているということになります。 そのままにしておくと、歯間の虫歯や、歯ぐきの炎症に繋がる可能性があり、 虫歯の原因の90%は歯間から始まっているとも言われています。

そこで、普段の歯みがきに取り入れていただきたいのが、歯間清掃具を使った「歯間ケア」です! 歯間清掃具も様々な種類があるので、自分に合ったものを選んだり、使い分けるのがおすすめです。

 

●デンタルフロス 合成繊維などでできた細い糸状のものを歯と歯の間でスライドさせ、歯垢を落としていきます。 歯ブラシではなかなか届きにくい場所を360°清掃できるのが特徴です。

 

●フロスピック 基本的にはデンタルフロスと同じですが、持ち手が付いていて使いやすさが特徴です。 主に歯と歯の隣接面の清掃に適しています。

 

●歯間ブラシ 先端についている小さなブラシで歯のすき間の汚れを落としていきます。 形状に種類やサイズがあり、汚れの気になる場所や、歯のすき間に合わせて太さを選びます。 ・I字型 … 前歯の歯間部の汚れに。 ・L字型 … 奥歯の歯間部の汚れに。

 

●ワンタフトブラシ ブラシの毛束が1つにまとまっている歯ブラシです。 主に通常の歯ブラシでは届きにくい奥歯や、歯並びの悪い重なっている歯などをポイントで磨くことができます。

 

●スポンジブラシ 先端がスポンジでできている棒状のブラシです。 主に歯が抜けてしまい残っている歯が少ない高齢者の方や、うがいのできない方におすすめです。 歯を磨くというよりも、粘膜についた汚れを先端のスポンジで優しく取り除いていくことが出来ます。

 

このように、様々な歯間ケアの方法があり、それぞれ使い方、効果も変わります。 歯間ケアをする事で、歯垢の除去率も約80%までアップする事ができるのです! 今の歯みがき後に自分に合った歯間ケアをプラスすることで、 歯の汚れの除去率を高めていきましょう!

なぜ犬歯の着色が濃いのか?

今回はなぜ犬歯が着色が濃いのかをご紹介します。

 

歯に意識が高まるとついつい自分の歯を鏡で見たり、相手の歯も気になり見たりしてしますよね。 全ての歯の色が均一の方って珍しく、ほとんどの方が少しずつ色が違っており、特に犬歯の色が濃い方って多くないですか?

 

そもそも、その犬歯ですが八重歯 、糸切り歯など色々な言い方を耳にした事があるかと思いますが、その違いは皆さんご存知でしょうか? どれも同じ様に尖っていて形が似ていますし、 ただ単に人によって表現の仕方が違うだけではありません。 まず、そこから整理していきたいと思います。

 

●犬歯●
前歯から3番目の永久歯の事です。
永久歯への生え変わりも1番遅く、寿命も長いとも言われています。 これは尖っている為、歯で糸が切れるところから別名、糸切り歯とも言います。 つまり犬歯=糸切り歯となり同じ意味です。

 

●八重歯●
乳歯から永久歯に生え変わる際、顎の骨が十分に成長されず、犬歯が正しい位置に生えず歯列からはみ出でいる場合、その歯を八重歯と呼びます。

 

それでは本題のなぜ犬歯の色が濃いのかです。

 

●原因1他の歯の作りの違い?
犬歯はとくに他の歯と比べて表面にあるエナメル質が薄く、そのすぐ内側にある黄色っぽい色の分厚い象牙質があるため、構造上黄ばんで見えやすくなっているからです。

 

●原因2歯ブラシの磨き残し?
通常、歯磨きは歯に対してブラシが垂直に当たる様に磨きます。前歯、奥歯はしっかり磨けていても、少しカーブがかった犬歯は意識しておかないと中々きれいに磨く事が出来ません。
なので歯ブラシが当たりにくく黄ばみが加速しまうという理由です。

 

当店のホワイトニングでも前歯と比べると犬歯、八重歯の方が色を上げるのに回数は必要です。 ですがライト当て方に角度をつけて工夫していけば、歯全体がほぼ均等にきれいになってきます。
犬歯、八重歯は正面はもちろん、横からも見られてる箇所なので特に集中的ケアや、オプションメニューである超音波を当て、クリーニングすることもおすすめしております。

 

1日で急に歯が黄ばむ訳ではありません。

歯ブラシを磨き方を見直し、正しく磨く事を習慣にして、定期的なホワイトニングケアを心掛けていれば犬歯の黄ばみも気にする事なくなるでしょう。 コンプレックスがチャームポイントになるるように、ご自身の歯が健康的でナチュラルに明るい歯を手に入れて頂くためにも、是非今日からデンタルケアに意識を向けてみてください。

黄ばみを落とす様々な方法について

こんにちは仙台店です。 今日は『黄ばみを落とす様々な方法』についてお話します。

 

具体的に歯の黄ばみを落とす方法についてまとめてみました。

 

●ホワイトニング歯磨き粉
 
最新の歯磨き粉の成分には市販品の多くが取り入れている研磨力ではなく、清掃力を軸足としたペーストがおすすめです。吸着性能(除去性能)い優れ、高機能性シリカを高濃度に配合していることが重要で、ステイン、歯垢等を含有成分で剥がしながら、シリカで吸着をさせます。発泡力の高い歯磨き粉より低発泡(泡立ちが少ない)なペーストをお勧めします
 
●歯の消しゴム
 
シリコンでできた消しゴム状のパーツと研磨剤がセットになったものです。研磨剤を歯に塗ってから消しゴムでこすって歯を白くしていきます。値段は1000円以内のものが多く手っ取り早く白くしたいという方に向いています。これらのものは気軽にドラッグストアなどで購入できますが、歯科医院で取り扱っているもののほうが研磨剤の成分が優しく歯の表面を傷つけにくいです。使用の際は歯科医師などに確認することをお勧めします。
 
●ホワイトニングテープ
 
薄いフィルム状のテープを歯の表面に直接貼るものです。アメリカではホワイトニングアイテムとして定番で一般的です。日本ではあまり知られていません。なぜなら日本ではテープに使用されている成分は取り扱いに制限がありホワイトニングテープの販売許可が下りていないからです。ですから日本の薬局などでは取り扱っていないので個人輸入などを通じて入手、使用することになります。さらに日本人がこのテープを使用すると知覚過敏のなりやすいとのことで使用には注意が必要です。
 
●歯医者のホワイトニング
 
クリーニングなどの保険診療の他に自由診療のものでは歯科医の指示のもとで自分自身で行うホームホワイトニングや、クリニックに通いながら行うオフィスホワイトニングがあります。またホームホワイトニングやオフィスホワイトニングの2つ並行するデュアルホワイトニングという方法もあります。短期間で白さを極めたい方に人気です。
 
★今日は『黄ばみを防ぐ様々な方法』についてお話しました。 ご自身の生活やペースに合った方法を取り入れることで美しい白い歯をぜひ手に入れましょう!

煙草が原因で歯のヤニ汚れ iCOSなら大丈夫なの?

こんにちは。WiteningBARスタッフです。

最近は煙草よりiQOSを吸われている方が多いですよね。本日はよくあるご質問にお答えしたいと思います。

 

『煙草が原因で歯のヤニ汚れが増えるのはわかるけど iCOSなら大丈夫なの?』というご質問をよく頂きます。iCOSは従来の煙草に比べ、タールを約90%カットするといわれています。ですが、煙草程ではなくとも全く黄ばまないというわけではありません。

 

汚れは溜まる方が多く、ある程度歯や歯茎が汚れる成分が入っていると思われます。ただ、その汚れは全く落とせない訳ではなく、 分類としてはステイン汚れと同じと言えます。(ステイン汚れは珈琲、紅茶類をよく飲まれる方に付着している汚れで 後から付着してしまった着色汚れなので、落とす事が出来ます)つまり

 

whitening BAR専用のジェルにより高い清掃効果を期待できるのです。iCOSに変えても歯の黄ばみが気になるようであれば、ぜひwhitening BARで お試しくださいね♪(定期的なメンテナンスもお勧め致します)

歯の定期検診を受けましょう181113

歯の定期検診を受けましょう! 最近いつ、歯科医院に行きましたか?歯や歯茎の痛みや虫歯など、何か不調が起こってから歯科医院に駆け込む!という方は要注意です。 日本人は海外の方に比べて定期検診を受けている人の割合が少ないと言われています。 歯の健康のためにも、日頃から定期検診を受けることが必要です。

 

歯科検診では、

・虫歯のチェック

・歯茎のチェック

・ブラッシング指導

・プラーク(歯垢)の染め出しチェック

・プラーク(歯垢)や歯石の除去

・口腔内の粘膜の病気チェック

・噛み合わせのチェック などをしてもらうことができます。

 

かかりつけの歯科医院を作り、定期的に歯科検診を行うことで、 お口や歯の変化を見逃さず、虫歯や歯周病の早期発見などにつながるメリットがあります。

 

例えば、 歯科検診で虫歯を早期発見し、早い段階で治療を進めた場合 通院の回数も少なく時間も治療費も少ない負担で治療を終了することができます。 歯が痛くなってから歯科医院に行き、治療を進めた場合 状態によっては通院の回数も多く時間も治療費もかさんでしまいます。

 

このように、早く異常に気付くことができれば、結果も大きく変わってきます。

 

また再発の早期発見にもなります。歯周病は一度治療を終えても歯周病菌がまだお口の中には存在しています。歯垢が溜まっていたり、綺麗な状態を保っていなければ、また再発することも多いのです。一度歯周病や、虫歯などの治療を終えた方でもその後の定期検診はとても大切なことなのです。

 

ブラッシング指導などもあるので、よりご自宅でのセルフケアもしっかり行えるようになります。 自分ではきちんと磨けているように見える歯でも、歯垢染色液などを使用してみると、歯垢が残っているケースも多くあります。改めてブラッシングの仕方を見直す機会にもなります。 このように、歯の定期検診にはメリットがたくさんあります。

 

痛くないから、異常がないからと言って、歯の定期検診を怠ってはいけません。後悔しないためにも定期検診を受けることをおすすめします。 歯やお口の状態、年齢にもよりますが、通院の頻度は半年に1回くらいが理想と言われています。定期検診を受け、さらに自宅でのしっかりとしたセルフケアを行うことがより理想的です。 セルフケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守っていきましょう!

雨宮由乙花さんとegg編集長の赤萩瞳さんご来店

当店のイメージモデルでありegg専属モデルの雨宮由乙花様とegg編集長の赤萩瞳様がご来店されました。しっかりトーンアップされていました。ゆずはちゃんは継続的に通っているのでどんどん歯が白くなってきていて本人も喜ばれています。このペースで通ってください。ご来店いただきありがとうございました。

当店のイメージモデルでありegg専属モデルの雨宮由乙花様とegg編集長の赤萩瞳様がご来店