スタッフブログ

歯の寿命について190613

今日は歯の寿命についてご紹介いたします。

 
  • 歯にも寿命がある。日々の生活に欠かせない食事を楽しむには健康な歯を、持っている必要があります。加齢とともに自然と抜け落ちてしまいます。
  • 歯の平均寿命は約60年と言われてますが、寿命を出来るだけ伸ばすためのポイントを押さえ日頃から気をつけて生活を送ることによって、年を取っても健康的な歯を維持できるようにしましょう。

永久歯の寿命は60年ほど。

 
  • 10歳前後で永久歯に生え変わったとしたら、だいたい70歳前後で寿命を迎えることになります。20代や30代の人は、まだまだ先と思ってる人がいるとは思いますが油断は禁物です。
  • 早い人では40歳をすぎたあたりから歯が抜け始めます。
  • 45歳から50歳になるまで3本の歯を失う人もいると言われてます。それ以降は抜ける速度が加速していき、70歳になった頃には半分の数しか残っていないということも少なくはありません。
  • 若いうちからしっかりデンタルケアを行う必要があります。

寿命を延ばすには

 
  • 本来は歯に寿命はありません。我々が日々の生活の中で歯を使っていくうちに寿命を生み出す原因をつくってしまっているのです。
  • 寿命を作る主な原因になるのは下記の3つです。
  1. ・虫歯や歯周病
  2. ・歯の噛み合わせる際に生じる衝撃
  3. ・間違った生活習慣やストレス

寿命のない長持ちする歯を維持するにはデンタルケアを行う必要があります。

・プラークコントロール

プラークとは歯垢のこと。 プラークを歯に付着させてたまま放置すると虫歯や歯周病の原因になり、歯の寿命を縮ませてしまいます。基本的には毎日の歯磨きが重要になりますが磨きにくい奥歯の外側や前歯の裏側などはプラークが、たまりなりやすくなるので歯科検診をうけてプラークをコントロールするようにして下さい。

・噛み合わせを治す

噛み合わせが悪いと一部の歯だけに過度な力が加わるなどとして歯に強い衝撃を与えることになります。歯科医院で歯の高さを調節するなどの噛み合わせの治療を受けましょう。噛み合わせの治療は歯の寿命をのばすだけでなく、顎関節症などの歯が原因で、起こる病気の予防にもつながります。

・生活習慣を改善する

偏った食生活を改善することで歯の寿命を延ばせます。 糖分や酸性の強い食べ物ばかり食べていると歯の表面を守っているエナメル質が溶けてしまいます。(炭酸水や柑橘系、酢の物など) バランスの良い、食事を心がけましょう。

脱灰を防いでホワイトニング190610

今日は脱灰を防いでホワイトニングをする記事を更新したいと思います。

まず、脱灰を止めて、再石灰化を促す習慣です。
  1. 間食を減らして脱灰の時間を短くする
  2. ガムを噛み、唾液を増やす
  3. 飴玉などの糖分が含まれたものを長時間口に含む時間を減らす
これだけでも、十分なのです。

脱灰を防ぐことで、虫歯を抑制

虫歯を抑制することが虫歯による黄ばみの抑制にも繋がります。「虫歯にはなってもいいけど、見た目をよくしたいから歯は白くしたい!」カウンセリングの時にそうおっしゃる方も少なくありません。虫歯にはなってもいい・・・そう考えている方はこ先、歯周病で悩む可能性が高いのです。。

歯周病の症状が重くなると、歯は明らかに汚れて見える

歯周病の症状が重くなると、歯は明らかに汚れて見えるようになります。これは、医療とのジャンルが異なるため、ホワイトニングではどうしようもありません。歯医者さんのホワイトニングは、歯に異常があればもちろん行うことはできません。ボロボロと歯周病で歯が抜け落ちてしまっている状態では、せっかく歯自体が綺麗でも美しく見えることはありません。歯の健康は、ホワイトニングをやっても、やらなくても、絶対に守らなければいけないことだと思います。 歯をキレイにしつつ、口内ケアも並行して習慣づけられるようにしていきましょう♪ 簡単な事でも、長く続けられるケアが一番大切なのです  

口臭の原因の種類について190606

口臭の原因はどんなものがあるかご存知ですか?

 
  • ほとんどの口臭の原因は口の中にあります。口の粘膜は皮膚の垢(あか)と同じように、細胞が剥がれ落ちて、舌に白く溜まり腐敗します。これが舌苔です。
  • 舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生します。食事を歯できちんとかまなければ舌苔が増え口臭の原因になるのです。食べ物は歯を汚す一方で、「かむこと」で舌をキレイにします。

「上司のみだしなみで最も気になる事」を調べた

  • OL を対象に「上司のみだしなみで最も気になる事」を調べたところ、9割以上が「口臭・体臭」を一番にあげました。つまり、半年毎に歯科健診し口臭予防に心がけることは、現代社会で必要なエチケットなのです。

口臭の主な原因は

  • 揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)です。歯周病原菌は、硫化水素より悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に産生します。ですから、歯周病は強烈な口臭があり、まわりの人から嫌がられます、予防しないといけません。
  • 一方、ニンニクなどの食物を食べると、アリル化合物あるいはセレニウム化合物などのガスが腸を介して肺から排出され、口臭の原因になります。
  • 同様に、肝臓病などでも、臭い物質が肺から出てくることもあります。健康な人でも、肺から出てくるガスは100種類以上あります。しかし非常に低濃度なので、口臭の原因にはなりません。さらに、腸内に溜まったガスも血中に吸収されるものが多いようですが、多くは肝臓で分解されます。肺から出てきますが、健康な人では口臭の原因とはなりません。
  • よく胃が悪いと口臭が出ると言いますが、ほとんどは誤解です。時々、胃食道逆流症(逆流性食道炎)など、いくつかの消化器疾患では口臭が出ることがあります。
  • 一方、鼻の病気の臭いを口臭と勘違いする場合があります。鼻づまりなどがあれば、耳鼻科受診を考えてください。
  • また扁桃腺炎があると、まれに口臭の原因になることがあります。ただ、扁桃腺炎があれば、必ず口臭が出るとは限りません。神経質な方は、すぐ扁桃腺摘出手術を受けようとしますが、先ず本当に口臭があるのか、そして扁桃腺炎が口臭の原因なのか、十分な検査を受けることが必要です。

口臭を予防で舌ブラシを使う!

 
  • 舌ブラシの使用法としては、睡眠中の口の中は、唾液の分泌量が少なくなり、細菌が増殖しやすい状態になっています。ですから、舌のブラッシングを行うタイミングとしては、就寝前と起床時が効果的です。舌後方を主に行って下さい。
  • 舌の前方は特に磨かなくても自然にこすれるため、舌苔は元々あまりついていません。軽い力で10回ほど掻き出すようにします。この時、強くあててしまうと舌の表面が荒れてしまい、かえって舌苔が付きやすくなってしまうこともあるので、十分注意して下さい。

テトラサイクリン系の着色について20190603

着色がなかなか落ちない……?テトラサイクリン系の着色について。

  • 今日は歯の黄ばみ、なんだか食べ物や飲み物の着色とは違うような……と感じた方に読んで頂きたい記事を書きます。
  • 歯が縞模様っぽくなっているかも?
  • なんだか黄ばんでいるというか、オレンジや黒よりのグレーっぽいかも?
  • もしかすると、その原因はテトラサイクリンというお薬が原因の可能性があります。
  • テトラサイクリン系に属する抗生物質のお薬を服用すると菌の増殖を抑える効果があるのですが、この抗生物質がいろんな菌に対して効果があり多用されていた時代があるのです。

でもなんでお薬で歯に色がつくの?

 
  • 不思議ですよね。
  • それはなぜかと言うと、歯を作る時期と言われる0歳から12歳頃までの期間に上記で説明したテトラサイクリン系の抗生物質を飲むことでこのお薬に入っている(蛍光粒子)というものが取り込まれ、象牙質に着色を起こします。
  • 象牙質とはわかりやすく言うと、歯の本体にあたります。
  •  また、このテトラサイクリン系の抗生物質に含まれる蛍光粒子は紫外線によっても色が着色するという例もあるそうです。紫外線での着色の特徴は唇によって紫外線を遮られている部分とそうでない部分でくっきり境い目が唇に沿ってできます。

そしてテトラサイクリンの着色は様々です。

服用した薬の種類や時期によって色も様々です。
  1. ・淡い黄色
  2. ・濃いオレンジ
  3. ・黒に近いグレー
  4. ・縞状に左右対称に色が出ている
  5. このような特徴があります。

テトラサイクリンでもホワイトニングの効果はあるの?

  • こちらがテトラサイクリンで悩んでいる方にとって1番の疑問点かと思います。
  • まず結論から言うと、テトラサイクリンでの着色でも回数は通常よりもかかりますが徐々にトーンアップはしていきます。
  • ですがもし、歯の表面が縞になっていて所々が濃いグレー系の着色の場合ですとホワイトニングだけで完全に真っ白にするのは難しいです。(この場合は重度なテトラサイクリン系の着色です)
  • 軽度なテトラサイクリンでの着色でも、ホワイトニングで真っ白にキレイになる!とはハッキリ言えません。症状は人によってかなり様々なので試してみないとなんとも言えないケースがほとんどになります。

しかし歯は大切にしたい、出来れば抜きたくないと思いますよね。

 
  • その場合、ある程度ホワイトニングで明るくしてからラミネートベニヤなどの被せ物をするのもひとつの方法です。ラミネートベニヤとは歯の表面を薄く削り、薄い被せ物(ラミネートベニヤ)をして表面を均一な白さにするという方法です。
  • この方法で色を白くする場合、やはりできる部分はホワイトニングでトーンを上げておいた方が削る部分も少なく済むと思われます。
  • ですがテトラサイクリン系による着色は人によってかなり様々な症状がございます。
  • ですので一概には言えませんが、ホワイトニングを試して頂いてお客様のお悩みが少しでも軽減すればと思います。
  • もしホワイトニングでお色が上がらなかったとしても、一緒に歯を綺麗にする方法などを考えさせて頂いたり、提案などもさせていただきますのでお気軽にご来店、ケア時にお声かけ頂けましたらと思います。
※ホワイトニングは当店だけでケアできますが、やはり被せ物やセラミックで歯を替えるとなりますと歯医者さんで行って頂きます。  

【ステイン】について190527

今回は皆さんも1度は聞いたことがある【ステイン】についてお話ししていきます。

  • まずステインとは、コーヒーやお茶、タバコなどによる歯の黄ばみやくすみ。こうした着色汚れをステインと言います。ステインは20代頃から目立つようになり、30代を過ぎると落としづらくなります。これは加齢によって歯のエナメル質が減って着色がつきやすくなるためです。
  • エナメル質は、歯みがきの仕方や食事、もしくは歯ぎしりなどによって薄くなっていきます。また、歯にはエナメル質の下に象牙質という層があるのですが、象牙質自体が黄色い色をしています。そのため黄ばんだような歯にみえるのです。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉

  • そしてこのステインを除去し、ホワイトニング効果があるとされる歯磨き粉などは、普段ドラッグストアなどでよく見かけるかと思います。
  • 歯医者さんなどで行うホワイトニングよりは手軽ですし、毎日の歯みがきで歯が白くなるのであれば、ステインで悩んでる方からすればとても魅力的だとは思いますが、商品によっては歯や歯茎を傷つけてしまう心配があるので注意してください。
  • 特に研磨剤によって歯の着色を落とすタイプはあまりオススメできません。

研磨剤は大丈夫?

  • 通常の歯磨き粉にも研磨剤は入っていますが、ホワイトニング用となるとより強い研磨力が必要になるため、研磨剤の量が多く入っていることもあります。
  • なぜ研磨剤が危険かというと、歯の表面の着色と一緒に、エナメル質までも剥がしてしまう危険があるからです。一時的には白くなるかもしれませんが、歯に微細な傷が残るので、ステインがさらに付着しやすい状態になってしまいます。

電動歯ブラシの使い方

  • また、電動歯ブラシに研磨剤の多い歯磨き粉という組み合わせもNGです!電動歯ブラシは、手みがきに比べて歯への摩擦回数が多くなります。
  • その分効率的にプラークを落とせるわけですが、そこに大量の研磨剤が加わると、歯の表面を傷つける可能性が一段と高くなるのです。せめて研磨剤の入っていないジェルタイプを使うようにしましょう。
  • そして着色が気になるばかりにステイン除去グッズを毎日使うのは要注意です。
  • もしこのようなグッズを使うのであれば、着色や黄ばみが気になった際、週に1度程度が使用目安と頭の中に入れておいてください。
  • ステインの予防としては、色の濃い食べ物、着色しやすい飲み物などは控えたほうがいいですが、あまり神経質になりすぎてもストレスになってしまうと思います。
  • もしコーヒーやお茶を飲んだあと水を飲むだけでも違いますので、まずは日ごろの予防から意識するのが大切です。
  • ただ、たばこは例外なので注意してください。皆さんも正しい知識を身に着けて、キレイな白い歯を目指しましょう!

赤ワインが大好きだけど歯をキレイにしたい!190522

今日は赤ワインが大好き!だけど歯をキレイにしたい!

そんな皆様へ向けた記事になります?赤ワインを飲んだあと、歯が黄色を通り越して黒いような…。そんな悩みを抱えたお客様が非常に多くいらっしゃいます。やっぱり好きなものはやめなきゃ歯をキレイにできないのでは…? なんて、そんなことはないのでご安心を☆ 赤ワインを飲んでもケアさえ気を付ければ明るい歯は保てるのです。赤ワインを飲むと、濃く着色してしまうのは、タンニンが原因となってしまうことはよく知られていますね。 赤ワインがダメなら、白ワインを飲めば良い!というのも正しいとはいえません。白ワインは赤ワインよりも酸度が高く歯のエナメル質を腐食させてしまい、歯の表面に荒いデコボコを作る作用が強い為、結果歯に飲食物の色がつきやすくなってしまいます。

さて、ビールやワインの歯への浸食を防ぐためには

一番簡単な方法としてはシュガーレスガムを噛むことです!唾液はお口の中のリンス、と言われているくらい洗浄効果が高く色素沈着を防いでくれますので、日ごろから簡単なケアさえ習慣づければ色の濃い食べ物や飲み物は辞める必要がありません。

さすがに、ホワイトニング直後、は厳禁ですが、、。

ストレスなくホワイトニングを楽しむために今日からぜひ皆さんも実践してみてくださいね♪

whitening bar効果的な通い方190513

せっかく、明るくした歯をどうやったら保てるの?

すぐ色戻りしちゃうなど、どんな頻度で通ったら効果的に通えるのかお色を保ったり、お色を上げたりどのようにしたら効果が持続するのかご紹介したいと思います。

1度では真っ白にはならないの?

1回のケアでお色をどーんっと明るくする事はすごく難しいです。 そのためには、ケアの間を詰めることが凄く重要になってきます。1回目と2回目の間を空けてしまうと、その間に着色汚れしてしまったりお色が戻ってしまったりお色の上がりを中々実感できなかったり…なので、1回目と2回目のケアの間を詰めることが 凄く大事です!

短期間で効果を出す方法は?

当店は、2回連続ケアというものが存在します。 ケアの前後に食事を挟まずに続けて照射する事ができます。1回目では落ちきらなかった汚れを2回連続で照射する事によって、さらにお色を早く明るくできたり仕事が忙しくて中々来れない… そんな方に、2回連続ケアをオススメしています!

平均的な色の上がるスピード

平均的な色の上がり方ですが1回のケアで平均1~2トーン上がると言われています。2回連続ケアをすると平均3~4トーン上がると言われています。これが、平均的な色の上がり方になりますがお客様一人一人歯の性質の違いや食生活によってはもっとお色が上がったりそこまで上がらなかったり個人差はでてきてしまいます。1番最初のケアは目に見てお色が少し明るくなっていればきちんとトーンアップしている証拠です!

ベストな通い方の目安

通って頂く目安としては、次の日から1週間以内が次回ご来店目安になっていますが、当店の使用しているジェルは毎日でも使える物になっていて痛くないものになっているので毎日でも通って頂けます! 何回も何回もこまめに通って頂いてトーンアップを繰り返していきます。ご自身の思うお色まで上がったら、その後のメンテナンスが凄く大切な物になってきます。ある程度お色上がってしまえば、月に1~2回メンテナンスして頂ければお色を保って頂けます。中々思うように通えない方はお家でのホームケアも大事です!

究極のホームケアグッズ

当店で販売している、歯磨き粉があります。paste peachは泡立ちが少ないものになっていて研磨力よりも清掃力を軸足としたものになっています。1本2800円で販売しています!市販で販売している歯磨き粉を使うのもいいのですが市販で販売している歯磨き粉とは異なり歯を白くすることをベースに作られた究極の歯磨き粉。当店の販売している歯磨き粉は歯を白くすることと同時に色戻りを防ぐことができるので1週間使い続ければ効果を実感できます!

ホワイトニングしていても歯が白くならないのはなぜ!?190509

ホワイトニングをしていて色が上がりにくい!と悩まれている方すごく多く見受けられます。 店舗で実際にご相談頂くこともありますので今回はどうして色が上がりにくいのか一緒に考えていきたいと思います!

根元の色が上がりにくい!と悩まれている方は

歯の根元は先端に比べるとエナメル質が薄く、象牙質の色が濃く目立ってしまっている事がほとんどだと考えられます。 その象牙質の着色がどのような理由によるのかで対応方法が変わりますので、歯医者さんでよく相談してみてください。

全体的に色が上がりにくいなと悩まれている方は

ホワイトニングのしている間の飲食されるものを少し意識してみて下さい。食事制限はありませんが、ホワイトニングをしているとペリクルというタンパク質が剥がれ外部からの影響を受けやすくなっています。その為、着色のしやすい飲食物や(コーヒー、赤ワイン、ケチャップ類、カレー、醤油など)脱灰作用を起こす酸性の飲食物(炭酸飲料、レモンなど)を控えてみて下さい。

ホワイトニング中のたばこは大丈夫?

タバコを吸われる方も多くいらっしゃるかと思います。 できればホワイトニング中は避けて頂きたいのですが(ホワイトニング後の24?48時間は特に)、吸っているから白くならないというわけではないです。ただ吸わない方に比べるとホワイトニングの効果が現れにくくなります。

フッ素コーティングをしている方

毎日使っている歯磨き粉にフッ素が含まれていて、フッ素コーティングをしている方。フッ素はエナメル質を虫歯菌の出す 【酸】に対し、溶けにくいように変化させる働きがある為、新しい虫歯を作りにくくする効果が期待できます。しかし、フッ素にはホワイトニング剤が歯に浸透するのを阻害してしまう作用があるのでホワイトニング効果が十分に得られない事もあります。 なので、歯磨き粉も見直してみて下さい。 着色成分や歯垢が歯の表面に多く付着していてもホワイトニング剤が歯に浸透しにくくなる一つの原因になりますので、是非クリーニングをしてからホワイトニングをしてみてください。 ご自身に当てはまるものや、考えられそうな原因はございましたか?今一度毎日の生活で意識し直してみましょう!

歯の黄ばみの状態をチェックするには190506

どんな笑顔でも、歯に黄ばみなどがあったら台無しです

普段歯の色って意識をしないと気づかないものです。 自分の歯が黄ばんでいるかどうかを確かめるのはなかなか気づきにくいかもしれません。 白い歯は清潔感の表れで、美しい口元に欠かせないポイントです。 基本的には正しい歯磨きと、2.3か月に一度ほどのクリーニングに通っていればキレイな歯をキープできますが、よりしっかり歯の黄ばみどうにかしたい!という方はホワイトニングがおすすめです。 まず、ご自身の歯の黄ばみの状態をチェックするには、 以下の項目を鏡の前で確かめてみてください。

●くすみ歯チェックテスト

  • 喫煙の習慣がある。
  • この半年、歯医者に一度も行っていない。
  • 紅茶、コーヒーをよく飲む。
  • 歯を磨けない時が多い。
  • ストレスを感じやすい。
  • 歯磨きの時間は3分程度。
  • 歯を舐めると、ぬるっとした感じがする。
  • 赤ワインを飲むことが多い。
  • 水をあまり飲まない。
  • 早食いでよく噛まないで食べる。
  • 口の中が乾燥しやすい(ドライマウス)。
もしこの中に当てはまる項目かあるなら、黄ばみの原因があります。 歯が全体的に薄黄色に色がついていますか? タバコを吸いますか? 日常的にコーヒー、お茶、ワイン、を飲みますか? 歯の自然な明るさやエナメル質の深さは人により異なるため、 断定は難しいかもしれませんが、あなたの歯は色素沈着している可能性が高いでしょう。 色素沈着の主な症状は、エナメル質上の目に見える着色汚れです。 これらは歯石の堆積や、コーヒー、お茶、コーラ、ワイン、タバコの摂取から発生します。 これらを避けることにより歯の黄ばみを減らしたり、もしくはホワイトニングをすることにより 明るい歯を手に入れることが完璧な笑顔でいられるベストな方法です。 明るい白い歯の笑顔になるためにホワイトニングする方法は、今たくさんの種類があるのです。 ホワイトニングと組み合わせて 簡単にできるケアとしては口の中の舌と唾液のケア、1日の終わりのケアも重要です。

●舌と唾液のケア

唾液が減ると、歯の表面が乾燥し、艶がなくなり黄ばみやすくなります。さらに、唾液には、歯の再石灰化を促す作用があり、エナメル質をいい状態に保持してくれる効果もあり、 歯にとって天然の美容液、天然のリンスとも言われ、唾液の大切さがわかります。 舌の筋力アップの為に、舌のエクササイズも良いと言われます。舌を回すと唾液がたくさん出ます。それが、歯黄ばみ予防にもつながります。1日数回、舌回しのエクササイズを行いましょう。

●夜は複数のツールを使ってしっかり落とす。

歯磨き夜にその日の汚れを落としきること。夜の歯磨きは、最低でも10分以上は行いましょう! なぜなら一日の汚れは、それくらい時間をかけないと落としきれないからです。また、どんなに優秀な歯ブラシでも、汚れを落とせるのは50%ほど。フロスや歯間ブラシなどで徹底的に汚れを落とすのがおすすめです。 ホワイトニングと日常ケアを組み合わせて、黄ばみにくい歯を目指していきましょう! そしてより自信の持てる笑顔を手に入れていきましょう!

【黄ばんだ歯を綺麗にする時にやりがちなこと】について190425

日頃きちんと歯を磨いているからといって歯が黄ばまないわけではありません。食べ物、飲み物の汚れの他にも加齢による黄ばみもあります!お茶の茶渋やタバコのヤニ、食べ物の色素も歯の中と外に沈着しますが、加齢とともに歯の中の象牙質の色が濃くなることによっても黄ばんでいきます。

◎黄ばんだ歯を綺麗にする時にやりがちな注意

黄ばんだ歯からおさらばしたい為に歯市販の歯磨き粉で白くしようとゴシゴシ磨いてしまう事。これは絶対にやってはいけません!!逆効果になってしまう場合があります。なぜならエナメル質表層を薄くしてしまい、逆に黄ばんで見せてしまうことがあるからです。日本で売られている市販の歯磨き粉は薬事法の関係で、確かな漂白作用のある薬剤は入っていませんが ホワイトニングと同じくらいの効果が得られる物はありません。なので市販の歯磨き粉でゴシゴシ磨いたとしても歯自体の黄ばみが取れることはありません。歯の白さは表面のエナメル質に、その中の黄褐色の象牙質の色が反映されているのでエナメル質が薄くなってしまうと逆に歯が黄ばんで見えてしまう事もあるのです!なぜかというとエナメル質が薄くなって象牙質の色の影響を大きくしてしまうからです。 なのでむやみにゴシゴシ磨かないように注意しましょう!!

 ◎歯の印象はその人全体の印象を変える部分です!

どんなに外見を綺麗にしていたとしても『ニコッ』っと笑った時の歯の色が黄色ければそれだけで清潔感がない人だと思われてしまいます。また欧米の方々は日本人に比べ歯が白い方が明らかに多いですよね?それはなぜだと思いますか?

◎欧米では「歯が綺麗かどうか」は採用や昇格の基準になる

日本ではさほど気にされていませんが、欧米では「歯が綺麗かどうか」は採用や昇格の基準になる例があるほど、歯の印象は重要と言われています。歯の色が『白く綺麗であることはメリット』ですが『黄ばんでいるとデメリット』でしかありません。今からでもホワイトニングは遅くないので是非気になっている方はやって見ましょう!!!