スタッフブログ

歯磨きの詳しい仕方をご紹介

まずは歯ブラシの選び方

細い、または柔らかい毛先のものはコシがなく圧力が分散してしまうし、山切りカットは圧が均等に加えられません。同じ理由で羽の開いた歯ブラシも適切に磨けないので、早めに交換しましょう。
また、歯ブラシが大きいものは奥まで届かず、プラークが落としきれないため、[ふつう]の硬さで平らな毛先のサイズは2cmくらいのコンパクトサイズな歯ブラシを使用することを推奨します。

歯間ブラシはフロスについて

磨きレベル90点の人が95点にしたければフロスを使ってもいいですが、多くの人は90点に全く満たないのでまずそこを目指すためには、歯間ブラシを使いましょう。

※ 歯間ブラシが入らないところは、無理に入れて使わないようにしましょう。歯周病やその予備軍の人たちは、ぜひ歯間ブラシを使用してください。

まず自分が歯周病かどうか知らない人は、歯周病専門医による総合的な診断がもちろん必要ですが、歯肉炎になったことがある人は要注意ですね!炎症によって歯茎が腫れる(歯肉炎)→支持骨が下がって歯茎が下がるという順で歯間が現れます。その歯間にプラークがたまるので、歯間ブラシが必須なのです。

※ 歯間ブラシのサイズはスカスカなほど細すぎず、入らないほど大きすぎず、歯間に合う適度なサイズのものを選びましょう。

歯磨きの頻度とタイミングについて

ご存知の通り、歯磨きは食後に行うことが重要です。食後すぐ、または食後30分以内に磨くのは良くないなどとネット上では議論になっていますが、科学的に有意差はありません。 例えば、朝は朝食後出かける前に磨く。昼はランチ後の休憩終わりのときに磨く。夜は夕食後の就寝前に磨く。など食後に忘れないタイミングで磨くのがいいでしょう。

そして、2×2×2×2(スウェーデン式)という考え方があるので、参考にしてみてください。

1、1回2分以上歯を磨く。

2、1回2cm使用で歯磨き剤を付ける。

3、歯みがき後2時間(最低でも30分)は飲食を避ける。

歯磨き粉の量について

歯磨き剤(歯磨き粉)の付ける量は、たっぷり2cm程度歯ブラシに取ってください。これらは科学的に証明されており、虫歯や歯周病を予防する上でとても重要なことです。まず、磨くルートを決めます。そして磨く部分それぞれに適した方法で歯を磨いていきます。

ルートは例えば、歯間→奥歯→境目→表面といった具合です。磨き残さないことが目的なので、ご自身が磨きやすいルートを決めてください。

磨き方は3種類あります

それぞれの場所に適切なブラッシング方法を身につけましょう。

(1)歯間の磨き方

歯間ブラシで10往復程度動かしていきます。

歯間ブラシの使い方

(2)表面(隣接面、咬合面、フラットサイト)と歯の裏側、奥歯の終わり部分の磨き方

食べたり口を動かすことでプラークが溜まりにくいこれらの部分は、歯に対してブラシを垂直に当てて縦磨きをします。

縦磨きをする場所と歯ブラシの動かし方

(3)歯と歯茎の境目の磨き方

バス法で磨いていきます。Drバスが考案した方法で、振動法とも言います。

【バス法(振動法)とは?】

1本1本の歯と歯茎の境目に、歯ブラシを斜め45度に保ったまま、しっかり圧をかけながら20秒小きざみに振動させるように当ててプラークを落と歯のみがき方を言います。角度45度に保ち圧を加えて小刻みに歯を磨くバス法

「圧をかける」といってもどの程度の圧力を加えればいいか、なかなかわかりませんよね。その辺りは、予防歯科を推奨している歯医者さんで、きちんと指導してくれますので、担当医に聞いてみましょう。

ゴシゴシこするようなストロークではプラークは落とせないし、適切でない角度や強すぎる圧で歯みがきをすると、歯茎を傷つける原因にもなるので、しっかり指導を受けてくださいね!

うがいについて

最後に歯を磨き終わったら、あまり多い水でブクブクうがいをするとフッ素イオンが余計に流れてしまうため、15mlの水で15秒間だけゆすぎます。

※15mlは大さじ1またはペットボトルキャップ2個分が目安になります。

これらを踏まえて今日から意識してやってみてください!

歯ぎしりはなぜ起こるのでしょう?

皆さんも1度くらいは人の歯ぎしりを聞いたことがあるんじゃないでしょうか?どちらかと言うと聞いていて不快に思う人のほうが多いかと思います。そもそもなぜ歯ぎしりは起こるのでしょう?

睡眠中の歯ぎしりには、上下の歯をギリギリと横にすり合わせる『グライディング』と、あまり音をたてず強く噛みしめる『クレンチング』その両方が混在したタイプがあります。

いずれも珍しいものではなく、人口の5~15%が睡眠中に歯ぎしりをすると言われるほどです。それどころか、誰でも寝ている間に多少は歯を合わせています。

ただ、一定以上の強さや回数だと、次に説明するような悪影響があるので対処が必要となります。

なぜ歯ぎしりをするのか、詳しい原因は分かっていませんが、遺伝や飲酒、喫煙、カフェイン摂取、ある種の抗うつ薬の服用、ストレスなどが関係していると言われています。

実は歯ぎしりは浅い眠りの時に起こると分かっています。人間は浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返し、深い眠りのとき筋肉の動きは抑制されています。

そして眠りが浅くなると抑制が解け、その拍子に頬の筋肉が動き、歯ぎしりが起こると考えられるのです。

先ほど説明した飲酒や喫煙、ストレスなどは、睡眠を浅くする要因であり、とくにストレスは歯ぎしりの7~10%に関係してると言われています。

ある研究によると、睡眠中の歯ぎしりの時に出る力は、日中、意識して思い切り噛みしめた時に出る力よりも大きくなることがあります。中には、ギリギリと5分間も歯をすりあわせる人や、一晩で計何分も歯を食いしばってる人もいます。

歯ぎしりを続けると、多くは歯がすり減ってしまいます。また、歯が欠けたり、根っこから折れたりすることもあります。歯が何本も抜けている場合は、残った歯に力が集中するので、なおさらその歯が短くなってしまいます。

以前は噛み合わせが悪いから歯ぎしりをすると言われていましたが、今は反対で、歯ぎしりをするから噛み合わせが悪くなることが分かっています。

また、歯ぎしりによって、歯周病が悪化してしまったり、顎に力がかかることによって顎関節症を引き起こすこともあります。

子供は睡眠のリズムが整っていないため、歯ぎしりをする場合が多いので様子を見てもいいかもしれません。大人の場合は、飲酒やカフェイン飲料を飲む量を減らすなど、睡眠が浅くなるような生活は避けるようにしましょう。

生活習慣の見直しや、お風呂にゆったり入るなど、ストレスを軽減させることも大切です。それでも歯ぎしりが続く場合には、早めの受診を心がけましょう。

自分の臭いの中で一番気づきにくいのが口臭と言われています

自分自身の口臭って気づかないですよね。WhiteningBAR のホワイトニングは歯のホワイトニング効果だけではなく口臭を予防してくれる効果もあるんです。

当店で使用しているジェルには『抗菌・殺菌機能』や『消臭機能』があるため元々の歯の白さに近づけると同時に歯周病菌・口臭の原因菌を抑制することができます。

差し歯からくる口臭は歯周病が原因であることがほとんどなので口臭を抑えるためには歯周病を予防することが一番の近道なんです。また、歯周病を予防することは口臭の改善につながるだけではなく、美容の面からも高い効果があります?

誰かと話すときに自分の口臭って気になりますよね。恋人や友達に口が臭いと思われたらがっかりします。


ぜひぜひ今日からオーラルケア習慣を始めてみてください

人間の歯の数は何本かご存じですか?

はじめに歯の本数について、子供の歯は上下で20本の乳歯が生えています。

 

大人は親知らずを含めて上下で32本の永久歯が生えています。ただ、親知らずが無い方、抜いた方も多いと思いますので28本の方が多いと思います。そして、歯ぐきより上の表面に出ている部分を歯の「歯冠」と言い、歯茎に隠れている部分を歯の「歯根」と言います。歯の形や根っこの形・本数は全て異なって様々ですし、歯冠に比べて歯根は長く、思った以上に歯は長いと思われるかもしれません。

 

象牙質

エナメル質に比べて柔らかく、虫歯が広がりやすい部分になります。また、象牙質まで虫歯が進行した場合、痛みを感じることが多くなります。

 

歯根膜

歯槽骨と歯根の間にある薄い膜のことです。歯と歯槽骨を繋ぐという役割に加えて「噛み応え」を感じるという役割や、歯に伝わる力を調整するという役割もあります。噛んで痛みを感じる時には、この部分に炎症がある可能性が高いです。

 

歯槽骨

歯を支えている骨のことです。通常、歯は簡単に抜けることはありませんが、歯周病が進行すると歯槽骨や歯根膜が破壊されるため歯を支えることが出来なくなり、歯が抜けてしまうことがあります。また、歯周病で一度吸収してしまった歯槽骨は、どんなに良い治療を行なったとしても回復が非常に困難です。

 

まずは、ご自身の歯を知り、虫歯になり易い箇所を気を配りましょう。

 

そして80歳まで20本の歯を残せるように頑張っていきましょう!

口腔ケアを簡単にお伝えします

口腔ケアとは

 

聞いてもあまり若い人は知らない人が多いと思います。今は歯磨きやうがい歯間ブラシなど自分でやろうと思えばいつでもできると思います。ですが歳を取っていくと加齢による衰えや病気などによってこれらの機能が低下してしまうことがあります。そうすると自分ではできなくなってしまうのです。なので口腔ケアをしてもらいます。

 

口腔ケアとは、具体的には、

 

検診、口腔清掃、義歯の着脱と手入れ、咀嚼・摂食・嚥下のリハビリ、歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口臭の除去、口腔乾燥予防などがあります。

 

なぜ口腔ケアをしないといけないのか、

 

口には主に食べること、話すこと、呼吸すること、表情をつくること、という4つの機能があります。なのでしっかりと口腔ケアをしていただき機能を良好に維持していくことが大切なのです。口腔ケアを通して口の中を綺麗に保つことは、健康的な日常生活を送るためには不可欠です。口角ケアを疎かにすることで起こる悪影響はとても多くあります。

 

まず1つは認知症です。

 

認知症の発症リスクは噛む能力が低下すると高まると言われています。食べ物を噛めない人はよく噛める人にくらべると認知症の発症リスクが約1.5倍高まると言われています。なので口腔ケアでよく噛むことが大切だと言われています。

 

2つ目は

心臓病です。口腔ケアを怠って歯周病が歯周病が進行した場合、血管を通って心臓に移動し、血管壁に炎症を起こします。  

3つ目は

 

糖尿病です。

 

インスリンの働きが妨げられると、血糖値が上がってしまうため、糖尿病のリスクを高めることにつながってしまいます。このように口腔ケアをしないだけで様々な病気にか借りやすくなってしまうのです。自分の口で食事ができることや友達とご飯をたべれることや話ができることは当たり前のようで当たり前ではないのです。

 

心身ともに健やかな生活が送れるように口腔ケアをしっかりしましょう。

歯とお口の健康チェックしてますか?

歯とお口の健康チェックしてますか?

 

自分でお口の健康をチェックする事ができます。

一緒にチェックして見ましょう!

 

まずは、歯周病の初期症状についてチェックしていきましょう。

1.朝起きた時に、口の中がネバネバする

2.堅いものが噛めない、

3.歯と歯の間に食べ物がよくはさまる

4.口臭を感じる、口臭があると言われる

5.歯がしみる

6.歯垢(プラーク)、歯石が付着している

7.歯が長くなったように見える

8.歯の動揺がある

9.ブラッシング時などに歯肉から出血がみられる

10.歯と歯の間の歯肉が丸く、腫れぼったい

 

いかがでしたか?

 

1つでも当てはまるものがあるとしたら、歯周病の疑いがあります。

糖尿病、高血圧症、心臓病といった生活習慣病に共通しているのは、初期段階では本人にあまり自覚症状がないことです。このような病気のことを、サイレント・ディシーズ(静かな病気)と呼んでいます。生活習慣病のひとつである歯周病もその仲間。気がついたときには、かなり進行しているケースが多いのです。

歯周病が重症化しないように歯医者さんに行き相談しましょう。

 

次に、健康習慣についてチェックしていきましょう。

 

1.1日1回は丁寧に歯を磨いている

2.かかりつけの歯科医院がある

3.歯と歯肉の境目をしっかり磨くようにしている

4.デンタルフロスなどの補助清掃道具を使う

5.甘い飲料水や、食べ物をなるべく控えるようにしている

6.口の中を鏡などを使って見るようにしている

7.よく噛んんで食べるようにしている

8.1年に1回以上、歯科医院にて歯石をとってもらっている

 

いかがでしたか?

 

5つ以上のよい習慣があると良いですね。

 

・自分の歯を守るために出来ること

歯周病は単なる口の病気ではありません。

最近ではさまざまな研究により、歯周病と全身の健康との関係がつぎつぎにわかってきました。

例えば、糖尿病の人には歯周病になっている人が多く、また歯周病が治りにくいという報告があります。

様々な病気から自分を守るためにも、自分で行うセルフケアと歯科医が行うプロフェッショナルケアの両方が必要です。

上記のチェック項目をクリアしている人はセルフケアが出来ているのかも知れません。プロフェッショナルケア

もしっかり行うともっと良いですね。

 

自分の歯を綺麗に保つためにもにセルフケア、プロフェッショナルケアを頑張りましょう。

ケア前のカウンセリングについて

初めてのホワイトニングって不安ですよね?

当店では初めてご来店されたお客様には必ず、ホワイトニングの前にカウンセリングを行います。

 

その際によく『差し歯もキレイになりますか?』と聞かれる事が多いです。答えは出来ます!!!差し歯の黄ばみもホワイトニングで本来の差し歯のお色までキレイにする事が出来ますが差し歯をホワイトニングするには天然の歯と同じように、まずは自分の差し歯がホワイトニングに向いているかどうかを試す事が大切です。

 

ホワイト二ングのサロンそれぞれ使っている溶液の成分に違いがあるので差し歯のホワイトニングに適正が無ければ効果が発揮できなくなってしまうからです。

 

ただご注意いただきたいのは、差し歯は保険適用で入れた差し歯や保険適用外の非常に高価な差し歯にもかかわらず、経年劣化がおこります。ホワイトニングでは差し歯自体が経年劣化してしまっている場合その経年劣化した色味までしか戻すことができません。ですが、ほとんどのお客様は、差し歯自体にかなりの色素沈着があるため施術前と施術後の口元をお鏡でパッと見た状態で明るくなることを実感いただけます。

 

差し歯だからホワイトニングは…と諦めてしまっている方も諦めることなく一緒にキレイな歯を目指しましょう。

歯に煙草のヤニは大敵

歯の色に影響が大きい煙草

 

男女ともに、よくお煙草を吸われる方はやはりヤニ汚れが原因で歯の色素沈着が濃く付着してしまっている方が多いです。ヘビースモーカーのお客様で、20分のライトの照射を2回連続行って所、ヤニ汚れの黄ばみが一気に改善されました!もちろん20分の照射ですべてのヤニ汚れが取れるわけではありませんが、大幅な効果が期待できます。

 

タバコによる汚れは歯磨きでは落とすことが難しく、頑固な汚れがつきやすいです。オフィスホワイトニングをしたからといって即煙草を吸ったり、ケアを怠るとせっかくのホワイトングも無駄になってしまいます。

 

無駄にしない為にも、ステインやヤニ汚れを残さないホワイトニング習慣が大切なのです。

 

日常的に行えるホワイトニングで最も安全で効果的なことは、綺麗になった歯を維持する習慣や、新たにステインを沈着させない事です。色々なホワイトニング習慣がありますが、今日からでも実践できる簡単なものを一つご紹介します。

 

ステインは、濃いものが歯に長い時間付着することで起こります。飲食物が付着する時間をできるだけ短くすることを意識することが肝心です。

 

ステインの沈着を防ぐために行う習慣としては、飲食後はお水ですすぎ、その後歯磨きが効果的。キレイになった歯は簡単な意識で長持ちさせることができます。今日からぜひ試して継続的にホワイトニングを行ってくださいね。

歯の神経についてどれくらいご存じですか?

歯の神経というのはいろんな点で歯の健康に役に立っています。

 

しかし、虫歯が歯の神経にまで達すると、虫歯菌が神経を侵して歯の神経が細菌感染をおこしてしまって、そのことにより強い痛みが続いてしまったりすることが多くなります。こうなると感染した神経を取らなければ症状は悪化の一途をたどってしまいます。また、虫歯がじわっと慢性的に進行した時は痛みを感じないのに歯の神経まで虫歯菌が感染して、歯髄が死んでしまい腐ってきて歯の根を徐々に痛めてしまうことがあります。

 

●神経(歯髄)を取るメリットとしては?

 

《1:歯の知覚がまったく無くなる》

 

虫歯で痛くなったり、冷たい水がしみたりなど、神経が無くなればまったく感じなくなります。

 

《2:病気の進行を食い止められる》

 

神経がある部分は歯の内部の通路の役割もする為、虫歯の細菌が歯の内部を通り越して根の先の骨まで侵してしまうのを防ぐことができます。

 

●神経(歯髄)を取るデメリットとしては?

 

《1:歯が脆くなる》

 

神経を取るとその周辺の細かい血管まで取ることになるので、血液からの栄養分が歯に行き届かなくなり脆くなります。その為、歯の寿命も短くなりがちになり、神経をとってから数十年後に折れてしまい抜歯に至るケースもみられます。

 

《2:虫歯が再び進行したとしても知覚が失われているので痛みを感じず、知らない間に虫歯が進行してしまって抜歯に至ってしまうケースがある》

 

歯の神経は、虫歯が神経に近づいてくると初期症状としては冷たいものがしみたりといった症状がでて、危険信号を発してくれます。それで虫歯に気づき治療することによりこれ以上の虫歯の進行をくいとめることができるのです。 神経を処置した歯はもう虫歯にならないというわけではなく、歯のお手入れ不良などによって隙間からまた虫歯が再び進行してしむことがあります。そういった時に知覚が失われているので痛みを感じず、知らない間に虫歯が進行してしまい、抜歯に至ってしまうケースがあります。

 

《3:歯の色が変色する》

神経を取った歯は徐々に本来の白さが失われ、褐色が目立つようになってしまいます。特に上の前歯だと目立ってくることがあります。

 

《4:歯の神経処置の成功率は100%ではない》

 

常に最善を尽くして根管治療の成功率100%を目指しているのはもちろんですが、一般に歯の神経の治療は、歯内治療専門医が治療したとしても、成功率は約80%という研究結果がでています。 その理由というのは歯の神経は必ずしも一本の単純な形をしているのではなく、小さくて細い神経が木の枝の様に分かれいてとても複雑な形をしていることがあります。その為に歯の神経の治療を終えた後にそこから再感染を起こしてしまい、数年を経過してから痛みや腫れが出る可能性がリスクとして残ります。

 

歯の神経はとても大切なものです!

 

早めの治療を心がけ神経の通っている歯を少しでも長く残しましょう。

歯は何本生えてるか知っていますか?

今回は【歯の数、特徴】についてお話しします。

nbsp;

子供の歯は上下で20本の乳歯が生えています。大人は親知らずを含めて上下で32本の永久歯が生えています。ただ、親知らずが無い方、抜いた方も多いと思いますので28本の方が多いと思われます。

 

●歯の番号と名称

 

歯には一つ一つに番号や名称が付いています。

 

《番号》

前歯から後ろの歯に向かって1.2.3…と数えます。これは歯科検診などによく使われる呼び方になります。親知らずがある方は親知らずが8番になります。

 

《歯の名称》

 

*乳歯*

1:前歯(乳中切歯)

2:前歯(乳側切歯)

3:犬歯(乳犬歯)

4:乳臼歯(第一乳臼歯)

5:乳臼歯(第二乳臼歯)

 

*永久歯*

1:前歯(中切歯)

2:前歯(側切歯)

3:犬歯(糸切り歯)

4:小臼歯(第一小臼歯)

5:小臼歯(第二小臼歯)

6:大臼歯(第一大臼歯)

7:大臼歯(第二大臼歯)

8:親知らず(第三大臼歯)

 

●歯の数過剰

 

歯の数は『乳歯 20本』『永久歯 28本』で親知らずを入れると最大で32本ですが余分に歯が出現する場合があります。その部位は上顎中切歯の間に生える場合が多いのが特徴です。上顎中切歯の外側、上下の大臼歯の頬側や後方に出現する場合もあります。

 

●歯の数不足

 

親知らずが欠如することを「歯数が不足」とは言いません。珍しいことではないからです。歯が欠如する場合、側切歯、第二小臼歯、下顎中切歯に多くみられます。この歯の欠如という現象は、歯の数の過剰と比較すると、とても多くみられます。変則のみに歯の欠如がみられる場合、両側にみられる場合、数歯におよぶ場合など多くの場合があります。

 

●歯の組織の特徴

 

《エナメル質》

歯の表面には一層エナメル質という組織が有ります。ここはとても固く体の中で最も硬い組織になります。つまりここは虫歯になりにくい部位になります。

 

《象牙質》

 

エナメル質の内側には象牙質という組織が有ります。エナメル質に比べて柔らかく虫歯が広がりやすい部分になります。また、象牙質まで虫歯が進行した場合、痛みを感じることが多くなります。

 

《歯髄》

 

象牙質の中には歯髄と呼ばれる神経や血管が通る部位が存在します。

 

《セメント質》

 

歯根の象牙質の表面を覆っている組織です。歯根膜と呼ばれる結合組織をつなぎとめる役割をしています。

 

《歯根膜》

 

歯槽骨と歯根の間にある薄い膜のことです。歯と歯槽骨を繋ぐという役割に加えて「噛み応え」を感じるという役割や、歯に伝わる力を調整するという役割もあります。噛んで痛みを感じる時には、この部分に炎症がある可能性が高いです。

 

《歯槽骨》

 

歯を支えている骨のことです。通常、歯は簡単に抜けることはありませんが、歯周病が進行すると歯槽骨や歯根膜が破壊されるため歯を支えることが出来なくなり、歯が抜けてしまうことがあります。また、歯周病で一度吸収してしまった歯槽骨はどんなに良い治療を行なったとしても回復が非常に困難です。

 

歯のことについて知っていただけたでしょうか?

 

虫歯になりやすい箇所に気を配り、80歳まで20本の歯を残せるように頑張っていきましょう!