スタッフブログ

喫煙者の歯が黄色くなる原因について190421

皆さまこんにちは!ホワイトニングバーです★ 喫煙者の歯が黄色くなる原因について、本日はご紹介していきます!   喫煙者の歯が黄色くなる原因は?     喫煙者の数は年々減ってきています。昨今の喫煙者に対する風当たりの強さも禁煙の一因としてありますが、喫煙者特有の悩みもあります。それは歯が黄ばみや口が臭くなってしまうことです。歯の黄ばみの原因は一体何なのかご存知ですか?   タバコには何種類もの物質が含まれています。そのタバコを口にくわえて息を吸い込むことで多くの物質は前歯を介して口腔内へ入ってきます。タバコに含まれているものの中で、タールというものが歯の黄ばみの原因です。   タールはもともと真っ黒色で、中には発がん性物質を含んでいます。よく喫煙者の人の肺はこのようになるといって黒い肺が出てきますが、その黒色はタールによってついてしまった着色です。歯も黒色の着色が着くことがありますが、多くの人は薄い黄色です。これもタールによるものです。   タバコを吸っていると部屋の壁紙が黄色くなってしまうことがありますよね?   それと同じ現象が口の中で起きているのです。 喫煙者の歯が黄色くなる理由として、タバコが間接的に関係してくることもあります。   タバコを吸っている人は吸っていない人に比べて歯周病が重症化しやすくなっているのです。歯周病が進行し重症化すると、歯ぐきが下がってきて歯の根っこが露出してきます。歯の根っこが露出してくると歯磨きで汚れが落ちにくく、虫歯も出来やすいです。   歯の根っこに虫歯ができると普通の虫歯に比べて黒色や黄色が濃くつくようになります。さらに汚れが歯についていると黄色みを帯びてくることも多いです。   ☆では、歯が黄色くならないようにするためには?歯磨きの仕方は?   ご紹介していきます!   <タバコにパイプをつける> 吸い終わったタバコを見るとフィルターと呼ばれる口元と接するところが黄色になっています。タールはフィルターでほんの少し濾過されるのでタール色がフィルターに付着しているのです。これでタールがフィルターを通して口の中へ入ってきていることがわかりましたね。このフィルターと口の間にヤニ取り用のパイプを使用します。するとパイプでヤニが減少し歯に色がつきにくくなります。   <研磨剤入りの歯磨き粉を使う> タバコにパイプをつける方法はヤニ予防という面では優秀ですが根本的な改善策にはなっていません。患者さんが主体となって毎日のセルフケアとしてできる方法があります。それは研磨剤の入っている歯磨き粉を使用することです。薬局やコンビニなどで売っている歯磨き粉のほとんどに研磨剤は入っています。研磨剤は歯の表面を研磨する効果のある材料です。 しかし、研磨剤の入っている歯磨き粉は使用するときに注意が必要です。研磨剤は歯の表面を微量に削ることになります。歯ブラシをするときに力強く磨いている人が研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると、長い目で見たときに歯が大きく削られたことと一緒になります。歯ブラシのときに強く磨いて歯が削られると知覚過敏を起こすことがあり悪循環になります。ヤニを落とす歯磨きの仕方としては、歯ブラシのブラシを歯に直角になるように当てて磨くように気をつけましょう。     タバコの着色のように歯の表面についた汚れを落とすには歯のクリーニングを行うしかありません。 クリーニングの方法としては超音波で汚れを除去する方法と研磨剤入り歯磨き粉で衛生士による清掃を行う方法の2種類があります。   超音波で汚れを除去する方法は、歯石とりと同じ方法で、歯の表面についた汚れを超音波チップを使用して除去します。そのときチクチクと痛みがすることがあるのですが汚れをしっかりと取っているということです。   研磨剤入りの歯磨き粉を使用する方法では歯科医師や歯科衛生士と言った歯科医療のプロによって行われます。プロによって行われる処置なのでPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれています。これはゴム製のチップを用いて研磨剤入りの歯磨き粉を使用し歯の表面を磨いていきます。   このようにして、クリーニングとセットでホワイトニングするとより歯も綺麗になるので皆さまも心がけて下さいね。

キシリトールとは?190417

よく歯の健康に、と耳にするキシリトール入りのガムやタブレットなどは身近で簡単に手に入れることができます。キシリトールとは一体どんなものでどんな効果があるのでしょうか?本日はキシリトールについて紹介していきたいと思います。     ●キシリトールとは? キシリトールは、糖アルコールという甘味炭水化物の仲間です。自然界では多くの果実や野菜に含まれ、イチゴやラズベリーなどにも微量ですが含まれています。   私達がガムやタブレットなどのお菓子の形で口にするキシリトールは、白樺や樫などの木から抽出されるキシランヘミセルロースというものを原料にして、工業的に作られています。 自然界にあるキシリトールも、工業的に作られたものも、差はあまりないと言われています。キシリトールは、日本では食品添加物として認可され、人体にも安全であることが知られています。     ●砂糖と同じ甘さを持つ キシリトールは、糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同じ甘味度を持っています。 キシリトールは溶ける時に熱を奪うので、口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。そのため、ミントの味によく合うことから、キシリトールを使ったお菓子には、ミント味が多く見られます。     ●虫歯の原因にならない甘味料 キシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません! 口の中で歯を溶かすほどの酸を作らないことと、甘みが強く唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、キシリトールが虫歯の原因にならない理由なのです。     ●虫歯を防ぐ甘味料 キシリトールには、「むし歯の発生や進行を防ぐ」効果もあります。 キシリトール入りのガムやタブレットを一定時間以上口の中に入れておくと、虫歯の原因となる歯垢が付きにくくなったり、歯の再石灰化を促し歯を固くしたりします。さらに、虫歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。 このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果なのです!     ●キシリトールを取り入れよう 口腔内の健康を保つ方法として重要なのは ①歯磨き(ブラッシング) ②ホームケア ③規則正しい食事 ④定期的な歯科健診 です。     キシリトールを取り入れることはあくまで補助的な役割であって健康な歯を守る方法に取って代わるものではないのです。キシリトールガムを噛んだから歯磨きをしなくていいという訳ではありません!ですが、キシリトールは常用することによりこれらの4つ方法の効果を高めてくれます。   そして、キシリトールの効果が期待できるお菓子は、ガムかタブレット(錠菓)に限られます。 なぜなら、キシリトールが口の中に長くとどまるからです。 選ぶ際には「シュガーレス」「糖類が0g」であることと、糖質中におけるキシリトールの割合が50%を超えていることを確認して選んでください。 このような機能性ガム等は虫歯になりやすい方には、特に効果的と考えられます。     出掛けた時など、食後に歯磨きができない時などに取り入れてみるのもいいと思います!

アイドルグループURA-KiSSがホワイトニングバーを紹介190416

アイドルグループURA-KiSSがホワイトニングバーをYouTubeにて紹介! 【1週間】『歯を白くする商品』ってどれが1番効き目あるのか検証‼️

歯周病190414

歯周病   歯周病予防の歯磨きのCMが流れていたり、薬局などにも歯周病予防の歯ブラシなどが目立ち、歯周病という言葉を聞いたことがない人はあまりいないのではないでしょうか。   歯周病はまだ私には関係ないという気持ちを持っている方が多い気がします。特に20代、30代の女性はまだまだ先の話と思っていないでしょうか。   それは大きな間違いで40代50代から悪化する傾向はありますが、20代でも7割、30代から50代では8割の有病率なのです。   成人の4人に3人が歯周病ということです。 これを知ったらとても怖くなりますね。   国民病とも言える病なのに、予防に力をいれていない人が多いですよね。   予防をするにも 歯周病の事を正しく理解することが必要ですね。   歯周病のサインとして有名なのが歯茎からの出血です。これは知ってる人が多いんじゃないかと思います。実際に歯茎から出血したことがある人は結構いるんじゃないでしょうか、ですがそれを歯周病だと気づかない人が多いです。   出血が一時的ですぐに収まってしまったために、たまたま血が出ただけだと見過ごしてしまうのです。   歯周病の厄介なところは、体の抵抗力が強い時には停止し、 静止期に入ってしまうところなのです。   静止期と活動期を繰り返しながら静かに重症化していくものなのです。静止期の間は自覚症状がほとんどないので、歯周病とは気づかずに悪化させている場合が多いそうです。   歯周病に気づかない理由としてあまり痛みがないということも大きいようです。   忙しい毎日の中で歯磨きをしている時に歯や歯茎を隅々までしっかり見ている人は少ないと思います。なので痛いと思わないとなかなか注意してみれないものです。   女性は特に気をつけなければなりません。歯周病の悪化には女性ホルモンの関与が大きいみたいです。なので思春期や妊娠期は危険なのです。   特に妊娠中の女性が歯周病にかかっている場合、早産、低体重児の危険率が上がってしまうのです。危険率はタバコやアルコールなどよりもだいぶ高い7.5倍にもなるそうです。   タバコやアルコールはよくないことはみなさん知っているでしょうが、歯周病がこんなにも大変な病気だとは気づいていない方が多いと思います。   毎日時間をかけてしっかりと歯を磨き、生活習慣を整え、唾液の質をよくすることが予防になります。少し意識しながら歯周病にならないように気をつけましょう。

今回は【虫歯】について190405

今回は【虫歯】についてお話ししていきます。   皆さんも1度は虫歯を経験したことがありませんか?そもそもなぜ虫歯になるか分かりますか?虫歯の原因となる細菌で有名なのが『ミュータンス菌』というもので、あまり馴染みのない名前かと思います。お口の中の食べカス(糖分)を餌にして増殖し、プラークを形成し、歯の表面にバイオフィルムというネバネバした膜を作ります。   そのネバネバに守られた虫歯菌は糖を発酵させ、その際にやっかいな『酸』を発生させます。するとお口の中が酸性になり、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうのです。   これを『脱灰』といいます。   その後、本来ならば唾液などの中和作用のおかげで失われたミネラルを取り込み、歯が再石灰化されるのですが、酸性状態が長く続くと、この修復作業が追い付かなくなってしまうのです。   そして、虫歯菌は増殖しながら、やがて歯の内側の象牙質というところまで溶かし始めます。さらには歯の神経にまで到達し、神経を殺して歯根の先に細菌の巣を作ります。   聞いているだけで歯が痛くなりそうな状況ですね…。ただ虫歯といっても、すぐに歯が痛くなることはありませんよんね?   どの段階で痛みを感じてくるのでしょうか。   歯科検診で医師が「C1」や「C2」などと言っているのを聞いたことがあるかと思います。これは虫歯の度合いを示しています。   ◇要注意(CO)   虫歯になりかけている初期の状態。歯の表面が白くなり、溝が黒くなり始めています。この段階であれば、歯を削ることなくフッ素塗布で再石灰化させる治療ができる可能性もあります。   ◇進行度1(C1) / 軽度の虫歯 エナメル質に小さく穴が開いた状態。この時点では痛みを感じることはほとんどありません。進行の度合いにより、虫歯の部分を削って治療します。   ◇進行度2(C2) / 初期の虫歯 エナメル質よりも深い象牙質にまで進行した虫歯。象牙質はエナメル質よりも酸に弱く、進行が一気に進むこともあります。最初は冷たいものが染みると感じ、徐々に温かいものまで染みるようになると虫歯が悪化している状態です。   ◇進行度3(C3) / 中期の虫歯 虫歯菌が神経にまで侵入している状態で、痛みを感じるようになります。時にはズキズキと耐えられないとうな痛みに襲われることもあります。痛みに耐えかねて、歯医者さんに行く方の多くがこの段階です。神経を取り除き、根管内に薬を詰めて消毒する「根管治療」というものを行います。   ◇進行度4(C4) / 末期の虫歯 歯冠部まで溶けて、神経が死んでしまった状態です。ここまで進行すると痛みさえ感じなくなります。炎症が悪化すると、顔が腫れたり、高熱がでることもあります。ここまでくると歯の保存は難しく、抜歯をして入れ歯やブリッジ、インプラントなどを使っての治療が必要となります。   このように虫歯と言っても段階があり、早期に発見すればほとんど痛みの感じない状態で治療も可能なことが分かって頂けたかと思います。   そして、歯医者さんが嫌だからと言って我慢してしまうと、最悪の場合自分の歯を失ってしまうこともあるのです。   しっかり毎日ケアをして虫歯にならないのが1番ですが、もし虫歯かな?と思ったら、早めの治療を心がけましょう!

妊娠中、授乳中のホワイトニングについて190402

妊娠中、授乳中のホワイトニングについて   妊娠中、授乳中にお母さんが摂取するお薬に制限がありますが今回ホワイトニングの薬剤が安全なものと、そうでないものをご紹介致します。   妊娠中、授乳中に控える薬剤 ○過酸化水素 いわゆる漂白のホワイトニング剤 ○過酸化尿素 使用時に分解され過酸化水素が発生してしまう   これらの2つは歯科医院でのオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングで主に使われている為、避けるべきであります。   具体的に妊娠中、授乳中にこれら2つの入った薬剤でホワイトニングをするとどのような影響があるのかと言いますと、実際のところホワイトニング剤に含まれる過酸化水素、過酸化尿素が安全であるかは厳密には明らかになっていません。 一般の人が使用するのは問題がないですが、妊婦さん、授乳中のお母さんに試す事が出来ない為、安全かもしれませんが、安全でないかもしれないと言うデータ結果が現状です。 ですが妊娠中、授乳中の期間はとてもデリケートであるため余計な刺激は不安ストレスにも繋がるので控える必要があります。   妊娠中つわりがひどい方は、歯ブラシをする時でさえ気分が悪くなってしまう場合もあり、まともに歯磨きもできません。 美容メンテナンスが疎かになりがちですし 結婚式を挙げたり、マタニティフォトや家族写真と撮ったするときやっぱり笑った時に見える歯の黄ばみが気になり、何とかしたい!! そんな方でも着色を抑える対策があります。   ○着色付きやすいものを控える。 タバコはもちろん、代表的なコーヒー、紅茶、赤ワインはそもそも控えるものなので取り組んでいるかと思いますが、出来るだけ色素沈着しやすいもの控えることことも予防に繋がります。   ○歯のクリーニングをする。 歯の表面に着いた歯石で凹凸ができてしまい、そこに着色汚れが詰まり黄ばんだ歯になります。クリーニングする事によって歯磨きでは落とす事が出来ない細かい汚れが取れ、着色付きにくい歯にサポートしてくれる効果もあります。   ○セルフホワイトニングをする。 歯医者さんのいないセルフホワイトニングでは過酸化水素、過酸化尿素を基本的に使用することが出来ません。 当店で使用するものはジェル状で重曹をベースに作っております。安定期に入って体調が良好であれば安心にケアしていただけますのでご心配なくご来店下さい。 店頭のスタッフがしっかりサポートし、安心してホワイトニングできる環境も整っております。   妊娠中、授乳中でもご自身にあった方法で歯のケアをしてみてください。

歯と口臭の関係190328

歯と口臭の関係   こんにちは!今回は口臭についてお話しさせて頂きます。 口臭って、実は4種類もあるのをご存知ですか?? 私は知りませんでした。せいぜい二種類くらいかなぁ…なんて思ってる方、私の他にも多いのではないでしょうか?   口臭の種類 1.生理的口臭 2.病的口臭 3.飲食物や嗜好品による口臭 4.心因性口臭   と、4種類に分かれるのですが、今回は歯が原因となる病的口臭から説明致しますね!!   病的口臭というのはむし歯や口の中の病気(歯周病など)が原因となります。(口中以外ですと鼻や胃の病気も原因となります。)   むし歯はひどくなると痛いだけでなく見た目にも影響がありますし、口臭の原因にもなってしまうのですね。 歯医者さんに行って定期的に虫歯の検診をしてもらいましょう! 虫歯ができないように毎日正しい歯磨きで清潔な口内をキープするのも大きな効果がありますよ。 歯磨きについての記事もございますので参考にしてください☆   そして口内のケアは年代によっても変わってきます。 大まかにご紹介致しますね!   まず ☆小学生から20代半ばまでの方☆ 永久歯に生え変わってからですね。 永久歯に生え変わると共に虫歯や歯肉炎、歯周病などのトラブルが出てきます。 歯を丁寧に磨いてしっかり予防しましょう☆   ☆壮年期20代半ばから60歳前半までの方☆ この年代の方は特に歯周病になりやすいと言われています。ご自身の歯をなるべく多く残すことを心がけて毎食後の歯磨きを忘れず定期的に歯医者さんなどでケアをしていきましょう。   ☆高齢期60歳後半から☆ 虫歯で歯が失われることが多くなってきてしまう年代です。なぜかと言うと高齢になるにつれ唾液の分泌が減ってしまい自然と虫歯になりやすくなってしまいます。もちろん歯周病にも若い頃よりなりやすくなります。80歳になっても20本の歯を残すことを目標にご自身の歯を大切にしてくださいね☆   少し長くなりましたが口臭を予防するひとつの手はなんと言っても歯磨きにあります! 歯磨きを怠る>>歯周病や虫歯になる>>口臭がきつくなる ので日頃からマナーとして口臭には常に気を使いたいですね!   歯磨きを丁寧にすることで歯の着色を防ぐ効果もありますよ☆   そして文頭でお話しした残りの3つの口臭の原因は 生理的口臭>>>>これは皆さん全員にあるものです。ただ普通の生活の中ではそこまで臭ったりしません。 朝起きた時やお腹が空いている時、緊張している時は口の中の細菌が増えて口臭を増してしまうのです。   飲食物や嗜好品による口臭>>>>これはわかりやすく言うとキムチや焼肉を食べたあとのお口の中の臭いです!誰もが匂いの強いものを食べたあとは臭うものなので防ぐために歯磨きや歯磨きガムなどで対処するのもマナーや美意識に繋がりますね。   心因性口臭>>>>少し難しいのですが他人には臭っていないのに自分だけが匂いを気にしてしまうというものです。歯磨きやケアをしっかりしていれば臭わないのであまり神経質にならないようにしましょうね☆   実は訪日外国人の方は、日本人の7割程に口臭でガッカリしたことがあるというデータがあります。 そして半分程の外国人の方がエチケットとして改善するべき!!と答えているデータもあります。   せっかく髪の毛をキレイにセットしたり 丁寧にお化粧やネイルをして 素敵なお洋服で着飾っても、お口が原因で相手をガッカリさせてしまうことがあります。 笑った時の歯の色、そして口臭。 オシャレの第1歩はお口の中からだと思いませんか?   ホワイトニングを始めることで今までよりお口の中を清潔に保つように心がけてくださるお客様もかなり多いです☆ 清潔に保つことで虫歯や口臭予防にもなりますので良いことだらけなのです☆   歯医者さんは怖いからホワイトニングしたくない!しかも痛いんでしょ?という概念を捨ててオシャレなホワイトニングバーで気軽にホワイトニングを始めてみてください(?)きっと今より素敵な自分になれることを保証します!

口腔内のトラブルについて190317

口腔内のトラブルについてご紹介します! ・歯周病や虫歯といったトラブルは細菌、体質、環境の3つが影響してきます。実際どのくらいリスクが高いのかを自分自身で判断するのは、難しいですよね?   ・自分の口腔内への状態を知り、自分に合ったケアできるので、機会があれば歯科医院にいき唾液検査を試してみてはいかがでしょうか。   ・日常生活においてトラブルになりやすい行為を減らしていく必要がある。 次にあげる項目に思い当たる人は注意して下さい。 ・間食が多い ・常に飴やガム、ミンティア、タブレット菓子などを口にしている。 ・無意識に口で呼吸をしている。 ・仕事なのでデスクワークの時間が長い人や忙しくて食事の時間をゆっくりとれない人は、手軽な間食でお腹を満たしてしまいがちです。   ダイエットのために食事を抜いて口寂しさからつい、飴やタブレットのお菓子、チョコレートなどを頻繁に口にしたりしていませんか?   口腔内は普段は唾液によって弱アルカリ性に保たれていますが食事をするとわずか数分で細菌がプラークの糖質を餌にして酸を作り出し始めます。   この酸によって歯の成分であるカルシウムやリン酸が溶けてしまうことを(脱灰)と呼びます。そのあと唾液の作用で弱アルカリ性に戻ると今度はカルシウムやリン酸が付着し歯の再石灰化が起こります。   つまり食事のときに(脱灰→再石灰化)を繰り返してるのです。   ・細菌の大好物である糖質を頻繁に口にしていたらどうなるでしょうか?酸性の状態が長くなってしまい脱灰が連続することで歯を修復する時間が少なくなり虫歯のリスクが高まってしまいます。   ・口呼吸がよくないのは、口腔内が乾燥すると唾液の分泌量が減るからです。食後に再石灰化がしづらくなるのはもちろん唾液による抗菌作用が弱まりさまざまな細菌が繁殖することにつながっていきます。わかりやすく言えば口臭や歯周病、虫歯に影響しますが更には歯並びの悪さ、風邪のひきやすさ、睡眠時無呼吸症候群になりやすいなどの原因にもなります。   これを参考に、意識しよりよい日常生活をおくってみてはいかがでしょう。

ホワイトニングとセラミックの違い190314

ホワイトニングとセラミックの違い まずセラミックは金属のように体内に溶け出す心配のない素材です。変色の心配もないため元ある天然の歯に溶け込ませることができます。歯のクリーニングであるホワイトニングとは違い、セラミックは欠けや抜けが発生した歯にしか適用ができませんが、虫歯などでダメージを受けた部分に適用ができるのでホワイトニングを受けたあとのような綺麗な歯が手に入ります。 セラミックはインプラント用の歯にも使用されていますが、銀歯の代わりにかぶせものとして使用されるほか、ブリーチングやホワイトニングの代替治療として多く利用されています。金属アレルギーの心配もありません。陶材は汚れがつきにくいので、過去の治療物をセラミックに置き換えることで虫歯や歯周病を防げるとゆうメリットもあります。ホワイトニングは歯の汚れを取り除いて白く仕上げる治療ですが、セラミック治療は基本的に歯の元の状態を取り戻すために行います。歯を直して元どおり使えるようにする治療に多く用いられています。 ホワイトニングは歯の黄ばみや黒ずみなど虫歯が原因ではない歯の汚れを取り除いて歯の表面を白く仕上げていきます。ホワイトニングは歯のクリーニングような方法でもあり手段としては、まず歯の表面の汚れをブラッシングなので落としてから、ホワイトニング剤を〈ジェル〉を塗って専用のライトを照射し、歯を漂白していきます。 ホワイトニングの方法には2種類あり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングの方がより短時間で効果が現れます。ホワイトニングは審美性を高めるものであり、虫歯治療などとは異なります。 ★ホワイトニングの効果の持ち ホワイトニング効果が持続する期間は、個人差があります。半年から1年で色の後戻りがありますが、通常、ホワイトニング前の色まで戻ることはありません。 オフィスホワイトニングよりも、ホームホワイトニングの方が後戻りは少ないとゆわれています。 色戻りした場合でも、再度ホワイトニングを行うことで、歯を白くすることができます。また、付着の原因となるような色の濃い食べ物や、飲み物、たばこにより、歯の表面に色素が沈着しますので、着色の原因となることは控えた方がいいといえます。 このようにセラミックとホワイトニングは全く異なります。ご自身の希望に合うようなものを選びましょう。

【マウスウオッシュ】について190307

こんにちは。WhiteningBARです☆ 皆さんは毎日の歯のケアとして、歯磨き以外にどんなケアをされていますか?デンタルフロスや歯間ブラシなど、市販で売られているものでもたくさんの種類があるかと思います。   その中でも今回は【マウスウオッシュ】についてお話ししていきます。   まず、マウスウオッシュと言っても今はたくさんの種類があります。その中でも使用方法によって3つに分けることができます。   ◇ボトルタイプ 自宅で使用するのに最も適しているタイプで、市販のマウスウオッシュに利用されることが多いポピュラーなタイプです。容量の割に値段が安いのが大きな特徴です。   ◇スプレータイプ 口の中にスプレーで液体を吹きつけるタイプのマウスウオッシュです。口腔内全体に液体を拡散させることができ、マウスウオッシュの効果のムラを無くすことができます。また少量でも高い効果を発揮することができます。   スプレータイプはマウスウオッシュの中でもマイナーなタイプで、ボトルタイプに比べて種類や製品数は少なくなっています。   ◇小分け個包装タイプ 1回の使用する分のマウスウオッシュが少量ずつ袋などに小分けされて包装されているタイプです。1度の使用量が分かりやすく、使用する度に開封するため非常に衛生的なのが特徴です。マウスウオッシュに含まれる成分の劣化を防ぐことができます。また使用する分だけ用意すればいいので、持ち運びにも便利です。   このように色々な種類がありますが、マウスウオッシュを使用したことがある方は、何を目的として使っているのでしょうか?   多分ですが、ほとんどの方が虫歯対策・歯周病予防そして口臭対策として使っている方が多いかと思います。   ただ、歯周病予防・虫歯対策に効果的とうたわれているマウスウオッシュですが、市販されている商品の多くは、歯科医院で使用している製品とは成分が違います。   なぜかと言うと、有効とされている成分は、薬事法により使用することができないからです。   爽快感や気分転換を目的として使う分には問題ないと思いますが、実際にマウスウオッシュだけで歯周病菌や、虫歯菌を殺菌・予防できるかと言ったら、やや疑問が残ります。   もちろん、販売側も殺菌効果を検証されていると思うので多少は効果もあるのかもしれませんが、そこはなんとも言えない点です…。   そもそも歯周病や虫歯予防という観点からすれば、プラークを除去することが大切なのです。   このプラークは、バイオフィルムといったネバネバした膜を形成するので、マウスウオッシュではキレイに洗い流すことは難しいかと思います。   例えば、ネバネバした納豆の汚れがついた食器を水でどんなに洗い流しても綺麗にはなりませんよね?そこで洗剤を使用し、スポンジを使って綺麗にするのと一緒です。しかも歯周病によってできてしまった歯周ポケットの中には届きません。   マウスウオッシュはあくまでデンタルケアの補完アイテムだと考えてください。   仕事の合間や、どうしても歯を磨けない時に使う分にはいいかもしれませんが、歯みがきの代わりにマウスウオッシュで何分間も口をすすぐくらいなら、歯ブラシでササっと磨いたほうが、歯周病予防や虫歯の予防になることを覚えておいてください♪