スタッフブログ

歯ぐきのトラブルの原因について

歯を支える大切な歯ぐきについてお話しします。

    • 皆様の歯ぐきは健康ですか?
    • 歯磨きのときしっかり歯ぐきも磨けていますか?
    • 歯ぐきが不潔な状態が続くと色々なトラブルの原因になってしまいます。

まず歯ぐきの炎症(腫れ)です。

 
    • 細菌が歯ぐきについてしまい、炎症を起こします。痛みがあったり、ひどくなると出血する場合もあります。
    • そしてこの状態を放置すると膿が出てくる可能性があります。このような場合は歯周病の可能性が高いです。
    • 口内を清潔にしていても症状が改善しない場合はしっかり病院で診てもらいましょう。歯周病はひどい口臭の原因となります。
    • 歯周病以外としては膿瘍などの可能性もありますのでやはり早めの診察をオススメします。

歯周病だけでなく場合のトラブルの原因は

 
    • 歯肉炎、歯周炎、膿瘍、歯根膜炎と様々です。
    • 主な症状をご紹介します。
 
    • 歯肉炎

    • 歯ぐきが腫れる症状です。
    • 歯と歯の間や、歯と歯肉のすき間に溜まってしまった歯石や歯垢が原因です。歯を支えている歯槽骨が炎症で壊されてしまう病気です。歯槽骨は一番下の奥深い部分ですね。
 
    • 歯周炎

    • 歯周炎は歯肉炎の酷くなった症状です。
    • 歯肉炎になってしまい、そのままで汚れを放置してしまうとどんどん汚れは溜まっていき奥深くの歯槽骨まで達してしまうのですね。
    • 歯肉炎~歯周炎と悪化してしまいます。
    • 歯周炎になると歯槽骨が溶けてしまい歯がグラグラしてきて最終的に歯を失うことになりかねません。考えるだけで怖いですね。
    • 初期の段階で治療をしましょう。症状は膿が出るなどもあります。まず歯肉炎の段階で気付かない人も多くいます。定期的にwhiteningBARのセルフクリーニングや歯医者さんでのクリーニングをしてキレイに保ちましょう。クリーニングは3ヶ月に1度が目安になります。
 
    • 次に膿瘍です。

    • これは歯の感染によるものです。できた場所により呼び方が違います。
    • こちらも常に清潔にしていれば防ぐことができます。
    • 歯根膜炎とは、歯の根っこを囲んでいる歯根膜が炎症を起こしてしまうことです。
    • 原因はう蝕により細菌が歯の神経や血管のあるところに感染してしまい炎症を起こす。外側からの歯に対する大きな力が加わり炎症を起こす(外傷、噛み合わせ)
    • 歯周病により歯根膜が炎症を起こしてしまう。など原因は1つではありません。
 

最後に歯周病とは、

 
    • 最初のうちは見た目もそんなに変化なく、痛みもないので気付きにくいものです。歯ぐきはデリケートなので歯磨きを強くし過ぎたりするだけでも出血してしまう事があるので、余計分かりにくいですよね。
    • ちなみに歯周病(歯槽膿漏)とは大きく分けると歯周炎、歯肉炎に分かれます。どちらにしても避けたいですね。
    • 歯周病になることで歯ぐきが下がってしまい見た目も悪くなってきます。ブラッシングが強すぎたり、加齢によってということもあります。歯並びが悪く歯ぐきも下がってしまう場合もあります。
    • 歯ぐきが下がると…
    • 知覚過敏になり、ひどくなると生活に支障をきたすので神経を抜かなくてはならないこともあるようです。
 

歯ぐきが下がるのを防ぐには。

 
    • 1 原因としてブラッシングが強すぎるというのがあります。毛が硬かったりする場合は少し柔らかめにしたり、毛の細いものを選ぶことで歯ぐきと歯のすき間や歯と歯の隙間も磨けるのでおすすめです。
    • 2 歯並びが原因の場合は矯正がおすすめです。外側に力がかかっているのでその負担を取り除けば歯ぐきの下がりも防げます。
    • 簡単に出来る値段ではないですが、歯ぐきが下がっている部分だけの矯正ができるところもあるみたいなのでそちらもおすすめです。
    • 3 歯ぐきの組織を移植
    • 大きく下がってしまうと自然に治すのが難しくなります。そのため他の部分から切り取り下がっている歯ぐきの部分に移植します。
    • 4 噛み合わせを調整
    • 一部の歯が外側に押し出されるように強い力がかかっている場合は噛み合わせがずれているかもしれません。なので噛み合わせを正常に戻すことで歯ぐきの下がりが改善されます。
 
    • いずれにせよ、早期発見が良さそうですね。お金もかかってしまいますし、痛いのも辛いですよね。1番良いのはならないように……ですね。そのための予防をしっかりしていきましょう!
 
    • 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
    • 健康な口内を保ちましょう!
 

着色しやすい人の特徴と予防方法について

見栄えの悪い歯の原因は?

    • 永久歯からの何十年の汚れが溜まり、歯が茶色くなったり黄ばんだりして汚くなっていませんでしょうか?
    • 歯はちょっとした事で着色しやすく、相手に嫌な印象を与えてしまうことやそれが虫歯の原因につながってしまう事もあります。
    • そんな歯の着色はなぜ起きるのか、またその予防方法をご紹介していきます。
    • 歯は放っておくと茶色や黄色に着色し、なんとも見栄えが悪くなってしまう事があります。
 

歯が着色するのにはいくつか原因があります!

《↓主な原因として↓》

 
    • ◎飲み物による着色 お茶・コーヒー・ワインなどの飲み物を飲むと、その成分が歯に付着し着色してしまう事がある。
    • ◎特にコーヒーは着色の原因となるポリフェノールが多量に含まれているため、着色しやすい。また飲み物に限らず、カレーなど濃い食べ物を食べてもその成分が歯に付着し色が付く原因となる事がある。
    • ◎タバコによる着色 タバコを多量に吸っていると、タバコに含まれるニコチンやタールが蓄積されていき、歯の着色につながることがある。
    • ◎歯の汚れ 歯に歯垢や歯石などが付着し、それが汚れとなり歯を着色させてしまう事がある。歯の汚れによる着色は、いずれ虫歯の原因ともなるため注意が必要。
    • ◎虫歯による汚れ 歯が虫歯となると、その初期段階としてカルシウムが抜けていき歯の白が濁っていく。さらに悪化すると虫歯により歯の表面が崩れ茶色になり、最終的に歯の神経が死んでしまうと、歯が黒ずんでしまう。
    • ◎加齢による着色 年齢を重ね、歯の組織が老化したことにより、自然と歯が変色していくことがある。
    • ◎遺伝性による着色 遺伝が原因で歯が自然と着色されてしまう事もあり、遺伝によって着色する人の割合は15000人に一人程度と言われている。
    • ◎その他、薬物や抗生剤などの副作用により、歯が着色される事もある。
 

【【歯の着色の予防法は?】 】

    • ※ 自分の努力次第で未然に防ぐ事も可能です。
 
    • ◎歯磨きをする
    • 歯の着色は特殊な原因のものでなければ、歯磨きをする事で洗い落とせるため、未然に予防できる。特に食後やコーヒーなどの後は必ず歯磨きをすることが大事!
 
    • ◎ガムを噛む
    • ガムを噛むと、唾液が分泌され着色成分が洗い流せるため、これも予防につながると言われている。毎食後の歯磨きが面倒くさいという方はガムを噛む習慣をつけることがオススメ!
 
    • ◎うがいをする
    • 水を口に含みガラガラとうがいをすれば、着色成分も一緒に洗い流す事ができる。できれば歯磨きも一緒にした方がいいですがそれがめんどくさいのであればうがいだけでも大事!

歯磨き粉の使用期限って知っていますか?

多くの方は歯磨き粉に使用期限がある事を意識していない!?

    • ずいぶん前に買った歯磨き粉が出てきたり、旅行へ持って行った歯磨きセットの歯磨き粉が残っていたり、いつまで使えるのかな?と思いますよね。そもそも歯磨き粉に使用期限があるのかもわからないという方も多いのではないでしょうか。
 

●未開封の歯磨き粉の使用期限は?

    • 歯磨き粉には、箱の裏にも使用期限が書いてないものが多いかと思います。
    • 薬事法により未開封のものを通常の環境で保管した場合を前提に、製造から3年経過しても有効性と安全性が認められているものは使用期限を書かなくても良いとされているのです。
    • 3年以内に品質の劣化をする可能性がある商品の場合は必ずパッケージに使用期限の記載があります。
    • そのため使用期限の記載がない歯磨き粉の場合、未開封の状態で3年は使用しても大丈夫ということになります。使用期限については、特にメーカーによる違いはないようですが、メーカーによっては、製造年月日が記載されているものもあります。パッケージに刻印されている数字から製造年月日がわかるので、ここから3年以内なら未開封の場合は大丈夫ということになるのでわかりやすいですね!
 

●開封後の使用期限は?

    • 未開封の歯磨き粉の使用期限は3年だけど、一度開封してしまったものの場合はどうなのでしょうか?商品には「なるべく早くお使い下さい。」と記載されていることが多いです。
    • ですが基本的には「開封後は1年以内」が理想とされています。歯磨き粉の刻印で製造年月を確認できることがわかったので、「いつ買ったのか」よりも「いつ開封したのか」が大事なんです!歯磨き粉のパッケージに開封した日付を記入しておくのもいいですね。そして一番大事なことは、歯磨き粉の成分は品質が低下しにくいといっても、適切な温度や湿度で衛生的に保存することです。開封後の歯磨き粉は空気に触れてしまうため、香りや味が薄れてしまったり中で固まってしまう可能性もありますので注意しましょう。
 

●使用期限を過ぎた歯磨き粉は掃除に使おう!

    • 使用期限を過ぎてしまい使うのに不安な歯磨き粉は、お掃除に使いましょう!
    • 歯磨き粉には研磨剤が含まれています。お風呂掃除や、コンロの油汚れ、食器についた茶しぶなどを落とすことにも最適です。また、冷蔵庫内のお掃除をすると臭いも消し去ることができるのでオススメです。使用期限が過ぎても無理にに使わず別の用途で使い続けると良いかもしれません。
    • 歯磨き粉は口腔内を綺麗にするのに必需品です。ですが、口の中に入るものではあるので衛生状態を保ち、使用期限内に使用する管理も必要なのです。
    • 皆さんも使用期限をしっかり守りましょう!

結婚式は白い歯で迎えたい!ブライダルホワイトニングはいつがベスト?

結婚式前にホワイトニングはとても重要です!

    • 結婚式当日の主役は花嫁様。当日はお写真をどの角度で撮られているかわかりませんよね。。
    • 完璧に美容院で髪のメンテナンスをし、ネイルアートを施し、エステに通いボディとリーメント、そして脱毛。女性はとにかくお金がかかりますよね。
    • ここまで時間とお金をかけたのに関わらず、当日歯が黄色くては台無しです。
 

歯の色はメイクではごまかせない

    • ご存じの通りメイクでは誤魔化せません。着色の濃い飲食を控え、ケアを気を付けていても、そもそも蓄積されている数十年分の汚れを落としてからでないと歯のお色は中々上がりにくいのです。
    • なので理想はお式の1~3か月前から通いながら歯のお色をキレイにして仕上げていくのが理想なのですが、忙しくてなかなか、、と言った方はもちろんどうせなら夫婦ペアでリーズナブルにホワイトニングをしたいなぁと言った方にお勧めしているのが、ウエディングプランなのです?
 

結婚式前にホワイトニングするの料金は幾らくらい?

    • 2人合わせて¥33,600(税込)で2回通うことが出来るお得なプランとなってます!
    • もちろん用途に合わせてコース変更も行えますよ♪
 
  • 詳しくはお気軽にお近くの店舗にてお問合せくださいね^^
 

人から見られる歯の印象について

歯の印象について考えたことありますか?

 
    • みなさんは歯並びや着色など、他の人からどのように見られてるのか気になる事はないですか?
    • 特に人とお話しする機会が多い仕事の方は1度は気にしたことがあるかと思います。メイクやファッションで綺麗に装っているわりには、歯並びのよくない人が他の国に比べて日本は多いと言われています。
    • 外側を意識してばかりで、歯を意識している人はまだまだ少ないという事です。
 

歯は仕事にも影響があることをご存じですか?

 
    • 海外でのビジネスシーンにおいて、歯並びの良し悪しでプレゼン結果が左右されたという話しもあるほど、米諸国では仕事への評価に影響しかねないと言われています。
    • たかが歯並びと思うかもしれませんが、意識の高い国ではありえる事なのです。実際に歯が綺麗だったらもっと素敵なのに…と感じることは無いですか?
 

ようやく日本も歯に対する予防意識が高まってきた?

    • ただ最近の日本では予防歯科の概念も徐々に拡がり、意識の高い人たちの間ではホワイトニングなども一般化しつつあります。
    • 一方で、虫歯が痛み出したり、歯周病が進んだりしない限り、歯科を受診したがらない人がまだまだ多いのも事実なのです。
    • 歯が1本ぐらい無くても大丈夫だろうという誤った認識さえまだあるほどです。アメリカ人にとっては、歯が1本無いのと、指が1本無いのは同じくらい大変なことだと言われているそうで、正直ビックリしました。
    • 日本人の歯への意識改革を推進するにあたり、まずはこうした文化の違いによる認識の差から改善しなければならないのです。
    • 例えば『歯を失ったら入れ歯にすればいい』と思っている方も少なくありませんが、実際に入れ歯を使い始めてみると、噛みづらい、口がもごもごしてうまく話せない、など違和感を持つ患者さんがたくさんいるのです。
 

インプラントですべては解決しない

    • 最近はインプラントも注目されていますが、高度な治療で、お金や時間がかかること、定期的なケアが必須であることまで理解してる方は多くはありません。
    • しかも人工物なので自覚症状に乏しく、インプラント周囲炎という歯周病に陥るケースもあります。
   

歯を綺麗にする大切さを考えましょう!

    • ここまでお話ししたのはほんの一例ですが『歯を失うのは一大事』という感覚が常にあるべきということは分かって頂けたかと思います!
    • 歯が与える見た目の印象を考えれば、歯並び、着色、虫歯、ホームケアなど色々なことに繋がってくるかと思います。
    • みなさんも他人事ではなく、1度自分の歯について調べてみたり、ぜひ考えてあげてみてください。年齢を重ねてもキレイな自分の歯で生活できるよう意識を高めていきましょう
 

歯の印象は大事!第一印象を良くする方法

歯の印象は大事!

 
    • 今回は歯が与える印象についてです。
    • 歯の色でどのくらい人に与える印象が変わってくるかご紹介したいと思います。
 
    • 芸能人は歯が命。今では常識!

 
    • いまでは有名なこのフレーズ!芸能人の方は皆、歯の色や歯並びが綺麗な方がほとんどだと思いませんか?歯の色や歯並びが綺麗なだけで凄く清潔感があるように思いませんか?
    • 歯が命なのは芸能人だけではなく、一般の方も同じです。
    • 欧米では、ビジネスマンも歯の見た目で判断されるそうです。欧米の一般の方も、物凄く歯の色や歯並び綺麗ですよね!日本はその面で物凄く出遅れているそうです。
 
    • 今では政治家・ビジネスマンの間でも常識に!

 
    • 日本の政治家や有名なビジネスマンでも歯に気を使っていないんだなと思う方が多く居るとか…
    • もう少し見た目に気を遣うだけで好感が上がるのに…
    • 程度に見ていたが、歯科先進国ではパートナーとして適さない人と判断されるそうです。
 
    • 病気のリスク回避にもなるのが口腔ケアです。

 
    • にほんでも厚労省研究班が65歳以上の健常者を4年間に渡って追跡したところ歯を失って噛めなくなった人は最大1.9倍も認知症のリスクが高まるというそうです。
    • 奈良県の介護福祉施設では、口腔ケアで口腔内の汚れを取り除いた結果、普通に歯磨きをしていた人達と比べインフルエンザ発症率が10分の1に激変したと言います。
    • 糖尿病、心筋梗塞、脳卒中関節リウマチ、早産、骨粗鬆症、肺炎らインフルエンザに至るまで口腔内の菌と発症には相関がある事が解明されているそうです。
    • 全身の健康を消化器の入り口である歯が握っているそうです。歯が体の健康を決めると言っても過言ではありません。早期発見、早期治療ではなく予防が大事です!虫歯になってから、歯周病になってからではもう遅いのです。
 
    • 定期的に歯医者でチェックを!

 
    • なる前に! ホワイトニングやクリーニングで定期的に歯の健康を保っていきましょう!
    • 当店に通って頂いてから歯医者さんに行くのが嫌いだった。なんて方でも今では歯医者さんに行くと褒められるのが嬉しいと定期的に歯医者さんに行ってくださる方が増えました。ホワイトニングをするようになってから口元を気にするようになります。 例えば! 相手の口元を気になって見てしまう。
    • 着色しないように歯磨きの回数が増えた。なにか着色汚れしてしまいそうな飲み物だったり食べ物を避ける。 こんな風にホワイトニングに通ってから通う前よりもお口の中を気にしてケアして下さる方が増えました!
 
    • 簡単にできるホワイトニングバーのセルフクリーニング

 
    • 当店にはホワイトニング以外にもセルフクリーニングのご案内もあります!
    • セルフクリーニングとは… 目に見て汚れが落ちている実感はありませんが次にやるホワイトニングが効果的になるものになっています。
    • 毎分200万回転の超音波で歯の汚れを除去してくれます。タバコを吸っている方や歯間が気になる方にオススメしています。
    • 3ヶ月に1度を目安に使用して頂くことをオススメしています。クリーニングを定期的にやるだけでも口腔内の汚れの落ち具合や虫歯の予防、口臭予防、歯周病の予防にも繋がると思います。
 
    • ホワイトニングをするとどうなるの?

    • ホワイトニングをすると… 歯の色が明るくなるだけではなく、口腔内を気にかけるきっかけになると思います。先程もお話したように、明るい歯を保つために歯磨きの回数が増える。些細な事かもしれませんが、その些細な気遣いで歯の健康を保つ事が出来ると思います!
    • 明るく綺麗になった歯になると、歯を出して笑う事がとても楽しくなります。例え、歯並びに自信がなくとも歯が明るくなるだけで自信に繋がります。歯や口腔内を綺麗にするだけで健康にも、繋がっていきます!なってから。ではなくて、なる前にケアをしていきましょう。
 

あなたの歯の黄ばみは大丈夫?

歯の黄ばみ、着色が気になられている方は気になり始めが肝心です!

    • 一番リーズナブルな口元の美容ぜひお試しくださいね?
    • 口元が美しい方はやはり笑顔が素敵で,今ではモデルやタレントの方のみするものではなく、ホワイトニングはかなり浸透したものだと思います。
    • 歯の白さ→歯並び→歯の形の順番で歯が白いだけでモテるのです?口元で最も印象に残るのは歯の白さです。
    • タバコやコーヒーが好きな方は要注意!知らない間にステインがたまってしまっているかもしれません。。
 
    • これが歯の着色の主な原因といった方が多いです。
 
    • 歯の印象を変えたい方はまずは歯を白くすることが一番重要なポイントです
    • 近年の痛みやしみといったホワイトニングから進化して今では痛みを軽減させたホワイトニングが実現可能なのです。
    • 口元の美容として、セラミックやインプラント、矯正をするのには高いお金がかるのに対してホワイトニングは最も手軽にできる方法だといえます。
    • 綺麗で美しい歯を手に入れてお顔の印象を更によりよく変えてみるのもありですね。

歯がしみる時の対策

歯がしみるお薬のせい?

    • 歯医者さんでのホワイト二グでしみる方は、そもそも歯医者さんでは歯がしみるお薬を使用している為です。
    • そして今回はこういったセルフホワイトニングでの場合についてお話していきますね。

1つ目は、【虫歯治療】を必ず先に済ませておくことです。

    • ホワイトニングでしみる場合の一番の原因は虫歯です。
    • 虫歯菌は歯に穴を開けるためその箇所から溶液が入ることで激しい痛みを伴います。
    • 傷口に消毒液を塗るのと同じような痛みが続いてしまうため、必ず虫歯を治療してからホワイトニングをしてくださいね★

2つ目は【歯磨きの仕方】を見直すことです

    • 市販の歯磨き粉のほとんどには研磨剤といわれる歯の表面を削って白くする成分が含まれています。
    • これはステインの除去に役立つ成分なのですが同時に歯を削るため、エナメル質が少しずつ薄くなり象牙質が露出してしまいます。
    • 象牙質が露出していくことで歯が黄色く見えやすくなるだけではなく、
    • ホワイトニングの際もしみやすくなります。。
    • 研磨剤の入っていない歯磨きをを使うことにより、エナメル質が減りにくくなるため
    • 結果として効果を実感しやすくなり、傷つかない為ホワイトニングでしみる、といった症状が大幅に軽減されるのです?
     
  • この2つをお守り頂くことによってしみないホワイトニングも実現可能になるのです☆彡
  • すぐにでも実践できるので今日から皆様もぜひ意識してみて下さいね!

歯並びが悪くなるのは何故?

日頃の習慣やクセで歯並びは悪くなる場合もある

    •  歯は一見とても丈夫そうに見えますがなにげないくせなどによって簡単に歯は動いてしまうのです。
    • 乳歯から永久歯に生え変わる時期はとてもデリケートなので子供の頃はとくに気をつけた方がいいです。
 

歯並びが悪くなる原因としては

  • 口呼吸

  • 舌で歯を押してしまう

  • 姿勢が悪い

  • 軟らかい食べ物ばかりたべる

    • などみなさんが無意識のうちにしていることが結構あると思います。
    • 舌の力は思っているよりはすごく強いものになっているので気をつけた方がいいです。
    • 歯並びが悪いと歯磨きがしづらくなり歯ブラシが当たりづらい面がでてきて虫歯になりやすく、虫歯の再発が起こりやすいと言われています。
    • また歯についた汚れや色素が残りやすくなり歯石や着色が残りやすくなります。
    • 歯並びがいい人より歯並びが悪い人はていねいにフロスや歯間ブラシも使いながら歯磨きをしたほうがいいです。
 

嚙合せは重要!

 
    • 噛み合わせが悪いと噛み切って磨り潰す機能が十分にできないため消化不良を引き起こしやすくなってしまったり、噛み合わせが悪いと片方に力がはいり、顔が歪んでずれると言われています。
    • よく歯列矯正をすると小顔になる、顔つきが変わるなどと言われていますが、それは噛み合わせがなおると顔の歪みがとれ全体のバランスが良くなるからです。

歯並びが悪い方にはホワイトニングは効果的

    • 歯並びを直したいけどお金が高いと思っている方はホワイトニングをしてみるといいと思います。
    • 歯並びが悪くてもホワイトニングをするだけで全体が明るくなり歯並びがよく見えます。歯の白さというのはすごく重要です。歯が白くなるだけで笑顔が素敵になり印象もアップします。
    • 歯並びが綺麗だと口元の清潔感が出て人に与ええ、印象もよくなります。
   
    • まずは歯並びが悪くなる習慣などをやめることが大切です。

丈夫な歯をつくる為の食事について

歯を丈夫にするには、食事も関係しています。

普段の食事では、歯を丈夫にするカルシウムをとり、清潔な口腔を保つ助けをする食物繊維を積極的にとることをおすすめします。

歯が丈夫であれば、 なんでも美味しく食べられます。

高齢者の方で自分の歯でしっかり食べられている方は全身の健康状態も良好だと言われています!

8020運動

丈夫な歯「8020運動!80 歳で20本の歯を残そう!!」を目指して美味しい食事がいつまで楽しめるようにしましょう。

丈夫な歯には食物繊維が重要

丈夫な歯にする為にまず食物繊維が必要と言われているのは、唾液が潤った状態は口腔内を清潔に保ち、歯周病、虫歯などの予防になり丈夫な歯を保つことにつながるからです。

唾液の働きには「消化を助ける・食べ物のカスを洗い流す・細菌の繁殖を防ぐ」などがあります。

この唾液で常に潤った状態をつくるには歯磨き以外にも食事をする時によく噛むことがポイントの一つになります。

また、食物繊維の多い食品は噛む回数が自然と増えますし、よく噛むことであごの骨を丈夫にし、歯をますます丈夫にしてくれます。

良く噛んで食べることで食事ペースもゆっくりになり満腹感を得やすくなるので食べ過ぎの予防につながりダイエット効果もあります。

食物繊維は、比較的低カロリーなものが多いので積極的にとりいれましょう!

◎食物繊維の多い食品

    ・玄米

    ・こんにゃく

    ・きのこ類

    ・昆布

    ・切り干し大根

    ・ごぼう など…

↓↓他にも一緒に摂ると良いもの

◎たんぱく質

    *歯の土台をつくる

    *カルシウム吸収をよくする

     《卵、肉、牛乳、乳製品、魚、豆、大豆製品》

◎カルシウム

*歯の原料となる 《牛乳、乳製品、小魚、大豆、大豆製品、ごま、小松菜、ひじき》

◎ビタミンA

    *歯のエナメル質をつくる

     《レバー、卵、チーズ、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜》

◎ビタミンD

    *カルシウムの利用を高める

     《魚介類、きのこ類》

◎ビタミンC

    *歯の象牙質をつくる

    *カルシウムの吸収よくする

     《野菜、果物、芋類》

◎マグネシウム

    *カルシウムの吸収を助ける

     《魚介類、海藻類、納豆、玄米、ココア》

  楽しく食べて体の中から健康にしていきましょう!!