スタッフブログ

歯周病について181129

本日は皆さんも1度は聞いたことのある【歯周病】について詳しくお話しさせて頂きます。

 

聞いたことはあっても、具体的にどのような症状が、そしてどんな人がなりやすいのかまではなかなか分からないかと思います。

 

日本人が歯を失う原因と聞くと、まず初めに思い浮かぶのは『虫歯』ではないでしょうか? 実は、その虫歯以上に多いのが【歯周病】と言われています。しかも驚くことに日本人の約8割が歯周病とのデータもあるのです!
このデータには歯周病の初期レベルの方も含まれていますが、それにしても驚く数字ですよね?CMはもちろん、薬局などでも『歯周病予防』などの商品をたくさん見かけることはあると思います。 それでもこれだけの数字になってしまうのは何故でしょう?

 

理由としては・・・歯周病予防の効果がある歯磨き粉や歯ブラシを使っていても、使い方やケアの仕方が間違っていれば歯周病を防ぐことはできないからです。

 

しかも1度歯周病になってしまうと、これらのケア用品を使っても治ることはありません。また成人の歯周病は年齢を重ねるほど進行するリスクが高くなるので、高齢者ほど重症化しやすい傾向にあります。

 

厚生労働省の調べによると、331万5000人もの患者がいるとの発表があったそうです。そのうちの男性は約137万3000人、女性は194万2000人と女性が上回っていました。

 

年代別の割合を見てみると・・・
20代 ⇒ 約70%
30~50代 ⇒ 約80%
60代以上 ⇒ 約90%

 

このように、60代以上になるとほとんどの人に歯周病の症状が出てると言えます。 そしてこれに比例して、重度の歯周病の割合も増えていきます。

 

歯周病予防はもちろん大切ですが
「歯周病予防の歯磨き粉をずっと使ってるから大丈夫!」などと考えてしまうのが、1番危険だということが分かって頂けたかと思います。

 

初期の段階の『歯肉炎』と言われている状態であれば、歯医者さんなどに行き適切な処置をすれば治すことも可能です。歯周病が怖いのは、初期の段階では虫歯のように歯が染みたり、痛くなることがないので、自分では気付きにくいという点です。静かに進行し、歯茎が腫れてから膿がでるなどの自覚症状がある時は、すでに重症化してしまっているパターンが多いのです。

 

そのまま放っておけば、歯を支えている骨も破壊され、やがて歯が抜け落ちてしまいます。歯周病によって1度溶けてしまった骨を完全に再生させることは難しいので、こうなる前の段階で進行をストップさせることが重要です。

 

「自分は歯周病予防をしてるから大丈夫!」という考え方はやめて「歯周病を早期発見し、ケアで進行を止める!」という意識を持つようにしましょう♪

歯間ケアってしていますか?

歯についた汚れを落としていくのに必要なのが「歯みがき」です。

 

これは皆さんも普段の日常の中で取り入れている事だと思います。ですが、 普段の歯みがきで歯と歯の間の汚れまでしっかり落とす事はなかなか難しいのです。

 

自分ではしっかり丁寧に歯を磨けていると思っていても、 実は、歯みがきで取り除ける歯間の歯垢は60%程度と言われています! つまり、40%程度の汚れが歯の間に残ってしまっているということになります。 そのままにしておくと、歯間の虫歯や、歯ぐきの炎症に繋がる可能性があり、 虫歯の原因の90%は歯間から始まっているとも言われています。

そこで、普段の歯みがきに取り入れていただきたいのが、歯間清掃具を使った「歯間ケア」です! 歯間清掃具も様々な種類があるので、自分に合ったものを選んだり、使い分けるのがおすすめです。

 

●デンタルフロス 合成繊維などでできた細い糸状のものを歯と歯の間でスライドさせ、歯垢を落としていきます。 歯ブラシではなかなか届きにくい場所を360°清掃できるのが特徴です。

 

●フロスピック 基本的にはデンタルフロスと同じですが、持ち手が付いていて使いやすさが特徴です。 主に歯と歯の隣接面の清掃に適しています。

 

●歯間ブラシ 先端についている小さなブラシで歯のすき間の汚れを落としていきます。 形状に種類やサイズがあり、汚れの気になる場所や、歯のすき間に合わせて太さを選びます。 ・I字型 … 前歯の歯間部の汚れに。 ・L字型 … 奥歯の歯間部の汚れに。

 

●ワンタフトブラシ ブラシの毛束が1つにまとまっている歯ブラシです。 主に通常の歯ブラシでは届きにくい奥歯や、歯並びの悪い重なっている歯などをポイントで磨くことができます。

 

●スポンジブラシ 先端がスポンジでできている棒状のブラシです。 主に歯が抜けてしまい残っている歯が少ない高齢者の方や、うがいのできない方におすすめです。 歯を磨くというよりも、粘膜についた汚れを先端のスポンジで優しく取り除いていくことが出来ます。

 

このように、様々な歯間ケアの方法があり、それぞれ使い方、効果も変わります。 歯間ケアをする事で、歯垢の除去率も約80%までアップする事ができるのです! 今の歯みがき後に自分に合った歯間ケアをプラスすることで、 歯の汚れの除去率を高めていきましょう!

なぜ犬歯の着色が濃いのか?

今回はなぜ犬歯が着色が濃いのかをご紹介します。

 

歯に意識が高まるとついつい自分の歯を鏡で見たり、相手の歯も気になり見たりしてしますよね。 全ての歯の色が均一の方って珍しく、ほとんどの方が少しずつ色が違っており、特に犬歯の色が濃い方って多くないですか?

 

そもそも、その犬歯ですが八重歯 、糸切り歯など色々な言い方を耳にした事があるかと思いますが、その違いは皆さんご存知でしょうか? どれも同じ様に尖っていて形が似ていますし、 ただ単に人によって表現の仕方が違うだけではありません。 まず、そこから整理していきたいと思います。

 

●犬歯●
前歯から3番目の永久歯の事です。
永久歯への生え変わりも1番遅く、寿命も長いとも言われています。 これは尖っている為、歯で糸が切れるところから別名、糸切り歯とも言います。 つまり犬歯=糸切り歯となり同じ意味です。

 

●八重歯●
乳歯から永久歯に生え変わる際、顎の骨が十分に成長されず、犬歯が正しい位置に生えず歯列からはみ出でいる場合、その歯を八重歯と呼びます。

 

それでは本題のなぜ犬歯の色が濃いのかです。

 

●原因1他の歯の作りの違い?
犬歯はとくに他の歯と比べて表面にあるエナメル質が薄く、そのすぐ内側にある黄色っぽい色の分厚い象牙質があるため、構造上黄ばんで見えやすくなっているからです。

 

●原因2歯ブラシの磨き残し?
通常、歯磨きは歯に対してブラシが垂直に当たる様に磨きます。前歯、奥歯はしっかり磨けていても、少しカーブがかった犬歯は意識しておかないと中々きれいに磨く事が出来ません。
なので歯ブラシが当たりにくく黄ばみが加速しまうという理由です。

 

当店のホワイトニングでも前歯と比べると犬歯、八重歯の方が色を上げるのに回数は必要です。 ですがライト当て方に角度をつけて工夫していけば、歯全体がほぼ均等にきれいになってきます。
犬歯、八重歯は正面はもちろん、横からも見られてる箇所なので特に集中的ケアや、オプションメニューである超音波を当て、クリーニングすることもおすすめしております。

 

1日で急に歯が黄ばむ訳ではありません。

歯ブラシを磨き方を見直し、正しく磨く事を習慣にして、定期的なホワイトニングケアを心掛けていれば犬歯の黄ばみも気にする事なくなるでしょう。 コンプレックスがチャームポイントになるるように、ご自身の歯が健康的でナチュラルに明るい歯を手に入れて頂くためにも、是非今日からデンタルケアに意識を向けてみてください。

黄ばみを落とす様々な方法について

こんにちは仙台店です。 今日は『黄ばみを落とす様々な方法』についてお話します。

 

具体的に歯の黄ばみを落とす方法についてまとめてみました。

 

●ホワイトニング歯磨き粉
 
最新の歯磨き粉の成分には市販品の多くが取り入れている研磨力ではなく、清掃力を軸足としたペーストがおすすめです。吸着性能(除去性能)い優れ、高機能性シリカを高濃度に配合していることが重要で、ステイン、歯垢等を含有成分で剥がしながら、シリカで吸着をさせます。発泡力の高い歯磨き粉より低発泡(泡立ちが少ない)なペーストをお勧めします
 
●歯の消しゴム
 
シリコンでできた消しゴム状のパーツと研磨剤がセットになったものです。研磨剤を歯に塗ってから消しゴムでこすって歯を白くしていきます。値段は1000円以内のものが多く手っ取り早く白くしたいという方に向いています。これらのものは気軽にドラッグストアなどで購入できますが、歯科医院で取り扱っているもののほうが研磨剤の成分が優しく歯の表面を傷つけにくいです。使用の際は歯科医師などに確認することをお勧めします。
 
●ホワイトニングテープ
 
薄いフィルム状のテープを歯の表面に直接貼るものです。アメリカではホワイトニングアイテムとして定番で一般的です。日本ではあまり知られていません。なぜなら日本ではテープに使用されている成分は取り扱いに制限がありホワイトニングテープの販売許可が下りていないからです。ですから日本の薬局などでは取り扱っていないので個人輸入などを通じて入手、使用することになります。さらに日本人がこのテープを使用すると知覚過敏のなりやすいとのことで使用には注意が必要です。
 
●歯医者のホワイトニング
 
クリーニングなどの保険診療の他に自由診療のものでは歯科医の指示のもとで自分自身で行うホームホワイトニングや、クリニックに通いながら行うオフィスホワイトニングがあります。またホームホワイトニングやオフィスホワイトニングの2つ並行するデュアルホワイトニングという方法もあります。短期間で白さを極めたい方に人気です。
 
★今日は『黄ばみを防ぐ様々な方法』についてお話しました。 ご自身の生活やペースに合った方法を取り入れることで美しい白い歯をぜひ手に入れましょう!

煙草が原因で歯のヤニ汚れ iCOSなら大丈夫なの?

こんにちは。WiteningBARスタッフです。

最近は煙草よりiQOSを吸われている方が多いですよね。本日はよくあるご質問にお答えしたいと思います。

 

『煙草が原因で歯のヤニ汚れが増えるのはわかるけど iCOSなら大丈夫なの?』というご質問をよく頂きます。iCOSは従来の煙草に比べ、タールを約90%カットするといわれています。ですが、煙草程ではなくとも全く黄ばまないというわけではありません。

 

汚れは溜まる方が多く、ある程度歯や歯茎が汚れる成分が入っていると思われます。ただ、その汚れは全く落とせない訳ではなく、 分類としてはステイン汚れと同じと言えます。(ステイン汚れは珈琲、紅茶類をよく飲まれる方に付着している汚れで 後から付着してしまった着色汚れなので、落とす事が出来ます)つまり

 

whitening BAR専用のジェルにより高い清掃効果を期待できるのです。iCOSに変えても歯の黄ばみが気になるようであれば、ぜひwhitening BARで お試しくださいね♪(定期的なメンテナンスもお勧め致します)

歯の定期検診を受けましょう181113

歯の定期検診を受けましょう! 最近いつ、歯科医院に行きましたか?歯や歯茎の痛みや虫歯など、何か不調が起こってから歯科医院に駆け込む!という方は要注意です。 日本人は海外の方に比べて定期検診を受けている人の割合が少ないと言われています。 歯の健康のためにも、日頃から定期検診を受けることが必要です。

 

歯科検診では、

・虫歯のチェック

・歯茎のチェック

・ブラッシング指導

・プラーク(歯垢)の染め出しチェック

・プラーク(歯垢)や歯石の除去

・口腔内の粘膜の病気チェック

・噛み合わせのチェック などをしてもらうことができます。

 

かかりつけの歯科医院を作り、定期的に歯科検診を行うことで、 お口や歯の変化を見逃さず、虫歯や歯周病の早期発見などにつながるメリットがあります。

 

例えば、 歯科検診で虫歯を早期発見し、早い段階で治療を進めた場合 通院の回数も少なく時間も治療費も少ない負担で治療を終了することができます。 歯が痛くなってから歯科医院に行き、治療を進めた場合 状態によっては通院の回数も多く時間も治療費もかさんでしまいます。

 

このように、早く異常に気付くことができれば、結果も大きく変わってきます。

 

また再発の早期発見にもなります。歯周病は一度治療を終えても歯周病菌がまだお口の中には存在しています。歯垢が溜まっていたり、綺麗な状態を保っていなければ、また再発することも多いのです。一度歯周病や、虫歯などの治療を終えた方でもその後の定期検診はとても大切なことなのです。

 

ブラッシング指導などもあるので、よりご自宅でのセルフケアもしっかり行えるようになります。 自分ではきちんと磨けているように見える歯でも、歯垢染色液などを使用してみると、歯垢が残っているケースも多くあります。改めてブラッシングの仕方を見直す機会にもなります。 このように、歯の定期検診にはメリットがたくさんあります。

 

痛くないから、異常がないからと言って、歯の定期検診を怠ってはいけません。後悔しないためにも定期検診を受けることをおすすめします。 歯やお口の状態、年齢にもよりますが、通院の頻度は半年に1回くらいが理想と言われています。定期検診を受け、さらに自宅でのしっかりとしたセルフケアを行うことがより理想的です。 セルフケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守っていきましょう!

雨宮由乙花さんとegg編集長の赤萩瞳さんご来店

当店のイメージモデルでありegg専属モデルの雨宮由乙花様とegg編集長の赤萩瞳様がご来店されました。しっかりトーンアップされていました。ゆずはちゃんは継続的に通っているのでどんどん歯が白くなってきていて本人も喜ばれています。このペースで通ってください。ご来店いただきありがとうございました。

当店のイメージモデルでありegg専属モデルの雨宮由乙花様とegg編集長の赤萩瞳様がご来店

正しい歯の磨き方

こんにちは。whitening BARです

 

whitening BARではホームケアとしても利用できる新感覚の歯磨き粉を販売しております☆

新感覚の歯磨き粉とは、泡立ちが少ない歯磨き粉のことです。主な効果効能としては「歯を白くする」「口臭の予防」を中心に作られました。

ホワイトニング専用歯磨き粉https://whiteningbar.jp/whiteningbar-paste-peach/

色戻りを気にされてる方にも最適です。歯肉炎、歯周病、虫歯の予防もできる万能な歯磨き粉ではありますが、しっかりとした磨き方が出来ていないと効果も半減してしまい非常に勿体無いです。

効果をより実感して頂きたいので本日は正しい歯の磨き方をご紹介していきたいと思います!

 

まずは《歯の表側》です。歯ブラシを横にし、歯の表面に対して垂直に毛先をあてます。歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に毛先があたっていることを確認して小刻みに動かします。軽い力加減で、歯ブラシをホウキだと思って歯の表面を掃くイメージで磨いてください。

次に《歯の裏側》です。歯と歯ぐきの間に歯ブラシの毛先を入れて小刻みに動かします。毛先がきちんと入るように丁寧に磨いてください。

市販の歯磨き粉を利用されている方は、ミント成分の爽快感でうっかり磨いた気になってしまわないよう気をつけましょう!前歯の裏側は前歯の角度によって歯ブラシを縦にし、歯ブラシの先端と持ち手側の2箇所の毛を使って磨きましょう。

歯磨きを頑張っている方は、ホワイトニングをする事によって更に効果が高まります。表と裏の歯磨きの仕方をご説明させていただきましたが、この磨き方で、1日15分間磨けると更にベストです。更に、ヘッドの部分を付けかけ歯間ブラシを使うとより効果的です。

店頭でも歯間ブラシ 2本入り【税込¥300】でも販売しておりますので、お気軽にお買い求め下さいね

歯間ブラシ

今の歯の白さよりも更に明るくしたい、白くしたい!と考えている方は、一度ホワイトニングを体験されることをおすすめします。ホワイトニングすることによって浸透してしまった色素を一度落とす事で歯磨きの効果が更に高まるからです!

 

初めてホワイトニングをする時って意外に勇気がいて、不安もありますよね。初めての方はもちろん、ホワイトニング経験者の方にも満足頂けるよう努めております!出来る限り不安は消化して貰うためにカウンセリングの際に丁寧な説明をさせて頂いております☆彡

楽しくホワイトニングをして、ぜひ明るく綺麗な歯を取り戻して下さいね^^

歯を磨くタイミングと歯を磨く回数についてご

こんにちは( ‘Θ’ )WhiteningBARです!

 

本日は【歯を磨くタイミング】と【歯を磨く回数】についてご紹介していきたいと思います。

 

皆さんはどのタイミングで、そして1日何回歯を磨いていますか?間違った磨き方をしていると、歯や歯茎を痛めることもあるので、正しい知識を身に付けてあげることが大切です。

 

まずは【歯を磨くタイミング】について もちろん毎食後に磨くとは思いますが、食べてすぐ磨いてしまう方も多いのではないでしょうか? できることなら食後30分ほどたったタイミングがいいと言われています。

 

理由として・・・食べてすぐの口腔内はプラークが酸を生み出して酸性に傾いているため、歯の脱灰が起こっています。 このタイミングで歯を磨いてしまうと、歯ブラシの毛が歯のエナメル質まで削り落としてしまう可能性があるからです!

 

〔※プラークとは歯周病や虫歯の原因となる細菌で、一般的に歯の表面に付着した黄白色を帯びた粘着性の細菌のことをいいます。  歯垢(プラーク)は食べ物の残りかすや、糖分などを栄養源として急速に増え、歯に定着すると歯石となり、歯槽膿漏や歯肉炎など歯周病の原因にもなります。〕

 

食後30分ほど経つと、唾液の作用で口腔内は中性に戻り、歯の再石灰化がすすむので、歯の表面を傷つける事は少なくなります。

 

ですが忙しい朝や仕事中ですと、なかなか30分置いて歯を磨くのは難しい事もあるかと思います。 そんな時に神経質になってしまい、歯を磨かない!とはならずに、できるだけ優しく、歯の表面を傷つけないように意識すれば問題ないので、しっかり歯を磨いてあげましょう。

 

次に【歯を磨く回数】について 回数としては1日3~4回がベストと言われています。 毎食後に行う事が理想的とは言われていますが、間食のたびに歯を磨いていると、歯や歯茎を痛めてしまう事があるからです。

 

朝食後、昼食後、夜食後(夜寝る前)の3回でも問題ありませんが、起床した直後に磨く事もお勧めしています。そして歯磨きの回数よりも、正しく磨き、プラークが残っていない事が大切だと言われています。

 

毎日欠かさず行う歯磨き。 みなさんも正しい知識を身に付けて、毎日の歯磨きをよりいいものにしていってくださいね♪

歯の印象について

こんにちはwhiteningbar表参道原宿店です!

 

本日は歯の印象について紹介していきたいと思います。

 

第一印象は、その後の人間関係にも影響を与える大事な要素です。 仕事、恋愛、その他面接など様々な場面にもかかわってくるものです。

 

第一印象は出会った瞬間に決まります。
その短い時間で好感を持っていただくためには笑顔が必要です。
さらにその笑顔の効果を高めるのが明るい歯です。白い歯の人は、健康的で爽やかなイメージを与え、つまり、きちんとケアを行なっていて身嗜みにしっかりと気を遣う事の出来る人と好印象を持ってもらう事ができます。

 

逆に、黄ばんでいる歯は清潔感がなく、不健康なイメージを与えてしまいます。 なんと、歯の黄ばんでいる人は実年齢よりも高く見られるというデータもあります。 素敵なメイクやリップをしても、黄ばんでいる歯ではメイクは映えませんよね。

 

やはり歯の色は重要とも言えます。 そこで、最近では日本でも歯に対する意識が高くなってきている傾向があり、ホワイトニングをする方が増えてきています。 女性だけではなく、男性のお客様も多くご来店されています。

 

当店のホワイトニングは歯科クリニックとは異なるセルフ方式となっており、忙しい方でも、気軽にホワイトニングができるのが大きな特徴です!

 

そもそも、セルフホワイトニングって?

 

歯の表面の汚れを除去して、歯を明るくしていくケアで、専門のスタッフの説明を受けた後、全てご自身でケアを行っていただきます。

 

ケアの手順としては、

 

初めに専用の歯磨き粉で歯をきれいにします。

マウスオープナーを装着し、
専用のジェルを塗っていただきます。

その後、ホワイトニング用のLEDライトの光を当てて、汚れを浮かせていきます!

最後に浮かせた汚れを歯磨きで落としてあげてケアは終了です。
ご自身でケアを行なって頂くため、短時間で気軽にリーズナブルにホワイトニングができるのです。 そして、ホワイトニングは一度で白くなるものではありません。 何度かご来店していただき、理想の歯のお色まで戻していきます!

 

もう一つ、ホワイトニングの効果は永久ではございません。
理想のお色まで上がったとしても、普段のご飲食などにより、また汚れは少しずつ歯に着いてきてしまいます! 美容院で毎月ヘアメンテナンスをするのと同じように、ホワイトニングも定期的なメンテナンスでお色をキープしていくのが必要です。

 

今は、白い歯は身近なものであり、気軽に手に入れる事ができます!! 皆さんもぜひホワイトニングをして白い歯を手に入れていきましょう!