スタッフブログ

親知らずで歯が痛いのは何故?

今回は【親知らず】についてお話ししていきます。

 

親知らずとは永久歯の1番奥に生える歯で、第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)と言います。

前から数えて8番目の歯です。親の手を離れ、物ごとの区別がつくようになった頃に生えてくることから「親知らず」や「智歯(ちし)」と呼ばれます。

一般に17~21歳頃に生えてきますが、個人差があり、生えてこない人もいます。

また、生え方によってはお口のトラブルになることが多い歯です。親知らずが正常に生えていれば、とくにトラブルが無い場合抜歯の必要はありません。

毎日の歯みがきやケアで、そのまま綺麗に保ちましょう。

 

親知らずで歯が痛いのは何故?

 

生えるスペースが無いと斜めや横向きに生えてきて、前にある歯を圧迫してしまうことがあります。

そうすると汚れも溜まりやすく、歯みがきも困難なため虫歯になりやすくなります。このような場合は抜歯する可能性が高くなります。

親知らずは1番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、歯垢除去が難しいです。その為、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。そして斜めに生えてきた場合、歯と歯肉の間に隙間ができます。

ここにプラークや食べかすがたまると歯肉に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。

このような状態のことを「智歯周囲炎」と言います。炎症がひどくなると、ほっぺたが腫れて口が開けにくくなったり、飲み込む時に痛みを伴ったりします。

しかも1番奥に生えてることにより、抜歯や治療が難しいと言われています。

こうならないようにするためには、やはり毎日の歯みがきとケアをかかさないようにしましょう。

親知らずのお手入れ方法としては、歯ブラシやタフトブラシの毛先をきちんとに届かせるように意識することです。

そして小さく動かすのがポイントです。

※口を大きく開けてしまうと頬が引っ張られて歯ブラシが入れにくいので、小さめに口を開けるようにしましょう。

そして親知らずだけでなく、手前の歯も意識して磨くようにしてください。

歯ブラシで磨いた後、磨き残しを鏡で確認したり、ザラつきが無いかチェックすることも大切です。

痛いからと言って触れないようにしてしまうのは逆効果です!

それでも痛くなってしまった場合は我慢せず、歯科医院に行くことをお勧めします。我慢して痛みが強い場合は、すぐに処置ができないこともあるので早めの処置を心がけましょう。

ホワイトニングは痛いの?

本当のところ痛みはどうなの?

 

ホワイトニングのイメージの一つとして、痛みがあるものと思われている方も多いのではないでしょうか?

もちろん歯医者でのホワイトニングでは大抵痛みが伴うのですが、痛みのあるホワイトニング=白くなるというわけではありません。

ホワイトニングは虫歯治療とは違います。

場合によっては痛みを伴う事によって歯や歯茎にダメージを与えかねないのです。

歯の健康と、綺麗なお色の両立が出来たら理想的ですよね

 

歯は一生使うものです

 

ホワイトニングは現在ではモデルのやタレントの方のみがするものではなく、一般の方にも浸透していてたくさんのサロンが増えましたが、Whitening BARでは歯の健康と白さを両立することを目指したホワイトニングを提案しています。

歯や歯ぐきに刺激に痛みを与えることなくホワイトニングを続けていくことが実現可能です

歳を重ねるごとに、健康な歯は痛んでいき黄ばんで見えてしまいます。

 

全ての皆さんへ、歯を大切にしながらホワイトニングをすることをおすすめします

リップで変わる歯の印象

メイクでこんなに歯の印象が変わる!?

 

白くて綺麗な歯は笑顔を、より素敵な笑顔にみせてくれます。しかし、歯は年齢とともに黄ばみやすいパーツで定期的なホワイトニングをして真っ白な歯をキープしている女性も最近では増えてきています。

実は、メイクの仕方によって歯の印象も変わってきます!より歯を綺麗に見せるためには口紅やグロスの選び方を変えてみてください!

 

● 歯が黄ばんで見えてしまうNGリップをご紹介します。

 

1、ベージュ系の口紅

ベージュ系など黄色味が強い口紅やグロスは、とても使いやすいですよね。

しかし、黄色味の強い口紅にしてしまうと視覚効果で、歯まで黄ばんで見えてしまう可能性があります!どうしてもベージュを使いたいときは、リップライナーでしっかり輪郭をとって唇を強調させましょう。

 

2、オレンジ系の口紅

ベージュ同様に、オレンジ系の口紅も歯を黄ばんで見せてしまう色味。

黄色に近い色になるほど、歯の色と同化するかのように歯も黄ばんで見える傾向に。

パキッとした色の口紅を使った方がコントラストがハッキリし、歯が白く見えるのです。

オレンジ系が好みという方は、グロスをのせ光を集めるようにし、ピンクやレッドが入った強めのグロスにしてみるといいでしょう。

 

3、赤の口紅

パキッとしてはっきり歯が強調されます。ただ、歯の色が余計に目立ってしまうため、視線が口元にいき、歯が黄ばんでいると気づかれてしまう可能性があるので注意です。

 

4、輪郭をとらずに口紅を塗る

歯を白く見せるためのリップメイクをする際には、リップライナーで輪郭をとって唇を目立たせるように意識するのがコツ。こうすることで、唇がしっかりと強調されて歯とコントラストが強くなります。唇がぼやけていると歯との境界線が曖昧に見えてしまい、不思議と歯が黄ばんで見えること場合があります。歯と唇の境界線をつくるように意識をしてみてください。

 

ピンク系の口紅のほうが、歯は明るく見えます。反対に、歯の黄ばみを引き出してしまうのがオレンジ系の口紅です。ピンク系の色の中でもいろいろな色がありますが、その中でも淡いピンクではなく、コーラルピンク系が「歯をきれいに見せる」にはオススメです。魅力的な笑顔を引き出すためにもリップカラーにも意識してみてください。

 

逆に、リップ、メイクを映えさせるのは、白くて綺麗な歯です!

ホワイトニングにリップのコントラストを組み合わせて、自信の持てる笑顔を手に入れましょう!

歯並びについてのまとめ

多くの方が悩んでいるのが歯並びです

 

歯並びが悪く、自信が持てない、おもいっきり笑えない!などコンプレックスに感じる人は少なくありません。

口の中が不衛生になりやすく、咀嚼、発音がしづらい、顎に負担がかかるなどの歯並びが悪いだけでデメリットがこんなにあります。歯並びは、心の健康、口腔内の健康に影響しているのです。

 

そもそも歯並びが悪くなるのはどうして?

 

大きくわけて3つあります。

 

1.遺伝によるもので、子共が親に似たような歯並びや、かみ合わせになるのはこのためです。歯と顎のバランスがとれていなければ叢生(ガタガタの歯並び)上下の顎の骨のバランスがとれていない場合や歯の並ぶ角度が悪い場合は、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)になったりします。

 

2.骨の発育障害や指しゃぶり、おしゃぶり、などの癖によるものです。例えば骨の発育障害が部分的に現れれば顎の変形、指しゃぶりがあると前歯がかみ合わないことが起きてきしまいます。

 

3.虫歯を治療しないで放置してしまったり、歯を抜いたままにしておくと歯が正常な位置から移動してしまい歯並びや、かみ合わせが異常になったりしてしまいす。

 

歯並びを悪くしてしまうクセに注意!

 

指しゃぶり

前歯を指で前方に押していることになります。

・唇を噛む

 

上顎を前に出す癖がついてしまいます。

・口呼吸

 

全て不正咬合の原因となりやすくなります。

・舌で歯を押す

 

前歯を前方に押し出してしまいます。

・片側だけ食べる

 

顎の左右の成長のバランスが乱れてしまいます。

・頬杖

 

片顎に力がかかってしまい、歯並びを乱してしまいます。

 

このような事を意識して、生活してみてはいかがでしょう。

 

歯並びが悪くなってしまったら、顎の成長に合わせて行う矯正治療をおすすめします。正しい歯並びに改善することができます。

 

矯正にも色々な種類があります。

 

・表側矯正

・裏側矯正

・マウスピース矯正などがあります。

一般的に歯科矯正と言われて思いつくの、表側矯正だとおもいます。

矯正は金属部分、結線部分が見えて恥ずかしいというかたもいらっしゃらと思います。

でも、マウスピース矯正や、裏側矯正なら大丈夫です。

 

ぜひ1度、歯医者さんに行って相談してみてください。

歯の色が恋愛に影響する?!

今回は歯の色と恋愛についてお話しさせていただきます。

 

みなさん好きな人はいますか?

その人の前で自信をもって笑顔を見せられますか?

人の印象はほぼ笑顔で決まると言っても過言ではないと思います。

 

誰かと会話をしていて、笑顔を見せてくれる相手とまったく見せてくれない相手だったらあなたはどちらの相手と会話したいですか?

まったく笑顔を見せてくれない人は愛想が悪い、リアクションが薄くて話していてもつまらない、怒ってるのかな?など相手にあまり良い印象を与えません。

特に男女となると余計に相手はそう感じるでしょう。

女性も男性も笑顔が1番の武器ですよ☆

 

好きな人を振り向かせたいし楽しく会話がしたい!

なのにその人の前で自信を持って笑顔を見せるのは恥ずかしい…などと思ってしまう方もいるのではないでしょうか? それはなぜでしょうか?

歯並びや着色してしまった歯を見せたくない、という理由の方も多いのではないでしょうか?

歯並びを直すには矯正をしたり、お金や時間がかかるケースも多いですが、セルフホワイトニングならあなたの通い方次第ですぐに白くてキレイな歯を手に入れることができます☆

歯が白くなることで歯並びもキレイに見えるので一石二鳥です!

 

ホワイトニングはやりたいけどいつかやろう…と思ってる方いませんか?

ホワイトニングは1回で劇的に色は変わりません。

何回か通って頂き、色が変わっていきます。

ですので今始めるべきです!明日デートだから明日までに…というのはほぼ無理に近いのです。

 

ちなみに第一印象は

ほぼ歯で決まります!!

異性の第一印象で重視するところのデータでは

1位 口臭 67%

2位 歯並び、着色汚れ 50%

で、ほぼ歯で決まるということがわかりますね。

 

歯が黄ばんでいると…

私生活だらしないのかな?

清潔感が無さそうに見える…

好きな人でも冷めます。

一緒にいるのが恥ずかしい。

自己管理できなそう。

 

などと好印象どころかかなりのイメージダウンです。

好きな人と仲良くなる前に距離を置かれてしまうことが多そうな意見ですね。

 

白い歯の人は果たしてモテるのか?

というアンケートを見つけました。

歯が白い人のモテ度はなんと70%近く

歯が黄色い人はというと49%ほどの人がモテるとのこと。

断然白い歯の方がモテるということですね!!

 

みなさんの好きな芸能人やモデルさんはやはり白い歯で輝く笑顔をしていませんか?

かわいい=歯がキレイ

かっこいい=歯がキレイ

歯がキレイ=笑顔が魅力的、好印象ですので相手に素敵な笑顔を印象付けることができます!!

 

イケメンなのに歯が黄ばんでいてガッカリ、かわいいと思っていたのに歯が汚くてガッカリなんて思われないように今からホワイトニングをはじめてみませんか?

  ホワイトニングをする他に、普段の食事での着色も気にかけてみてください。

歯の黄ばみの原因はステインというものです。

  ・大豆製品

納豆、豆乳、豆腐

一見色が濃いものでは無いですがこちらの食べ物、飲み物も着色しやすいです。女性に嬉しいイソフラボンがステインの原因になりやすいです。

  ・バナナ、りんご、柿などのフルーツ

このフルーツに含まれるタンニンがステインの原因となります。

  ・ブルーベリー、プルーン、ぶどう、アサイー

アントシアニンという成分が歯につくと着色の原因となります。

  ・ネギ、にんにく、玉ねぎ

イオウ成分といって独特の辛みを出すものですがこちらもステインになりやすいと言われています。

  ・チョコレート、ココア

カカオポリフェノールがステインになりやすいです。

  ・お茶

カテキンがステインになりやすいです。

  ホワイトニングをせっかく始めるならやはり普段から気を使いたいですよね。

外食などの食後は歯磨きが出来ないことが多いですが、お水でうがいをするだけでも着色を防ぐことができます!爽快感も得られるのでぜひやってみてください。

  そして、ホワイトニングは自分の好きな白さに調整できますので、芸能人のように真っ白はイヤ!

自然な白さにしたい!という方でもokです。

今までホームホワイトニング、オフィスホワイトニングをしていた方でもケアできます。

セラミックがある方もケアできます。セラミックについてしまった着色を元々の色に戻すことが可能です。

  ホワイトニングバーでは効果的な通い方もご案内しております!

なるべく日にちは空けない方が◎!!

その方が早くキレイな歯を手に入れることができます。

 

キレイな歯で素敵な恋愛をしてくださいね?

笑顔は1番のオシャレです☆

歯の役割について

そもそも歯は『ものを食べる』以外なんの為にあるのでしょうか?

 

まず、歯は私たちの健康と深く関わっています。

歯や歯肉が健康で、ものがよく噛めれば、胃や腸に負担をかけずに前身に栄養をいき渡らせることができます。

また会話がスムーズにできるのも、歯が揃っていてハッキリと発音できるおかげです。

この他にも歯ざわりや歯ごたえを楽しみ味覚を豊かに保ったり、美しい表情を作るなど、歯の働きは様々で、健康的な生活をする上でかかせないものばかりなのです。

もしたった1本でも歯が無くなると、正常な働きができません。

例えば奥歯が1本無くなっただけでも、ものを噛み砕く能率は40%も低下すると言われています。

このため消化器官に負担がかかり、栄養の吸収が悪くなるという悪循環が生まれます。

また、上の前歯が抜けるとサ行、奥歯が抜けるとハ行・ラ行が発音しにくくなって、言葉が不明瞭になったり、顔の輪郭が変わってしまい老けて見られることもあります。

 

ちなみに皆さんは今自分の歯が何本あるかご存知ですか?

 

成人の歯は通常28本。

「親知らず」を加えると32本になりますが、最近では生えない人も多いようです。

むしろ今の若い子たちは骨格が小さい子が多く、そもそも28本歯が生えていない子も多く存在します。

ただ、それは生まれつきなので、それによって悪い支障がでるわけでは無いので安心してください。

そして、その歯は「エナメル質」「象牙質」「セメント質」から成り立っていて、エナメル質は体の中でも1番硬い組織で、水晶に近い硬度です。

 

歯は生きている

 

また、歯の中心部には「歯髄」という大切な組織があります。

この歯髄には様々な刺激を脳へ伝える神経とともに、無数の毛細血管が存在します。

この毛細血管は、歯に栄養と酸素を供給する大切な役割を担っています。

ですから、治療によって歯髄が取り除かれると、栄養や酸素の供給源が絶たれ、歯はツヤを失い黒褐色に変色することもあり、歯の強度自体も弱くなります。

そして歯髄まで達した虫歯をさらに放置すると、菌が顎の骨まで到達し、膿の袋を形成します。

根の深部まで虫歯に侵食された歯は、抜歯するしか治療方法は無くなってしまいます。

こうならないように毎日ケアをすることが大事なのです。

どんなにケアを頑張っていても、虫歯になってしまうことはあるかもしれません。

そこで諦めずになるべく早めに治療することを心がけて、一生自分の歯で生活していくことを目指しましょう!

歯間ケアに必要なアイテム

歯間ケアに必要な5つのマストアイテムについてご紹介します!

歯間ケアにはいろんな種類があり、一人一人に合ったものを使用することが大切です。それぞれの特徴を理解した上で最適なものを選びましょう。  

●デンタルフロス

合成繊維などでできた細い糸状のものです。歯と歯の間に差し込み、糸を細かくスライドさせることによって歯垢を掻き出します。歯間はもちろん、歯と歯肉の境目にも入り込めるので歯肉溝の歯垢も取ることができるのです。   ※一般的には、ケースの中に糸巻き状に束ねられていて、自分で使用したい長さ(30から40センチを引き出しその都度使用します。  

●フロスピック

基本的にはデンタルフロスと同じですが使いやすいように持ち手がつけられています。 デンタルフロスで指を巻いて使用するのが苦手な方や奥歯がやりづらいと感じる方はピックタイプの方がやりやすいと思います。  

●歯間ブラシ

持ち手の先に小さなブラシが付いていて、歯と歯の間の根元に滑り込ませて歯垢を除去します。  

●ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシとはブラシの毛束が小さく1本にまとまった歯ブラシで、通常の歯ブラシのヘッドでは入りにくい奥歯の部分や歯並びの悪い歯の重なっている部分などを磨くのに大変便利なアイテムです。 ブラシの毛束が小さく小回りが利くので、周囲の歯が抜けてしまい、1本だけ独立している歯を磨く時にも役立ちます。  

●スポンジブラシ

スポンジブラシとは先端がスポンジでできている棒状のブラシです。主に高齢になって歯が抜けてしまった方や残っている歯が少ない方、うがいができない方向けのものです。 水で湿らせたスポンジ部分でほっぺたの内側、唇の内側、歯肉、上顎、舌などに付着した汚れをお口の中の粘膜を傷つけることなく優しく取り除くことができます。   ご自身に合った歯間アイテムを使ってお口の中を清潔にしましょう。

感染の窓をご存じですか?

虫歯菌が襲ってくる 感染の窓

 

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌になるミュータンス菌というものは存在しません。

ですが知らない間に子供に虫歯をうつしてしまっているかもしれないのです。

それは一緒に生活する家族の唾液と言われています。

 

感染しやすい時期

 

しかも感染しやすい要注意時期があるのです。

それが歯科関係者が 感染の窓とよんでいる1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃なのです。

つまり家族の唾液から虫歯菌が赤ちゃんにうつることがあるのです。

その頃は歯がよく生える時期、乳歯の生え始めから乳歯が生え揃うころの期間です。

この時期に感染しなければ絶対に虫歯にならないというわけではないですが、3歳までに感染しなければ乳歯の虫歯は激減します。

 

感染させないためには

 

ミュータンス菌に感染させないためにできるだけ親がしてあげられることは、食べさせかたに気をつける。大人が使ったスプーンで食べさせない。噛んだものをあげない、フーフ冷ましをなるべくしない。などです。

うがいのコップも別々にして子供専用のものを作ってあげるといいでしょう。

家族に虫歯が多いほど子供に感染しやすいものです。なので親自身がしっかり歯磨きをすることも重要です。

お口にキスをするのも意外に危険なので少し気をつけるようにしましょう。

 

虫歯の進行速度が違う!?

なぜこんなに子供に虫歯菌をうつさないように気をつけなければならないのか、同じ虫歯でも大人と子供では進行速度が違うことを知らない人も多いと思います。

乳歯や生え替ったばかりの永久歯は大人の歯よりもやわらかく虫歯にかかるとどんどん進行していってしまうのです。

子供の虫歯の進行はあっという間なのです。

 

虫歯の原因は

 

ダラダラ食べやダラダラのみ。食べる量ではなく食べる回数が問題なのです。

歯磨きがしっかりできていない。子供だけではしっかりと歯磨きをすることは難しいです。

なので最後に歯磨きの仕上げ磨きをしてあげることが大切です。虫歯にならないように気をつけて子供の頃から歯は大切ということを教えてあげて歯医者に定期的に通うようにしましょう。

知覚過敏について

歯がしみたりしませんか?

虫歯があるわけものないのに、冷たいものを食べたり飲んだりしたときに歯がしみることはありませんか?

もしそうであれば、それは知覚過敏かもしれません。

冷たいものを飲食するとき以外に風が当たったり歯磨きをしたりするときなどにも、ツンっ!と小さな痛みが走ることがあります。

その痛みは瞬間だけのものですが、日常生活で何度も繰り返し起こると大きなストレスになるものです。

知覚過敏の原因や対処法を知り、知覚過敏を解消しましょう。

 

知覚過敏が起こる仕組み

知覚過敏は歯の表面のエナメル質が何らかの原因によって削られることで歯の内側の象牙質がむき出しになってしまい、そこにある象牙細管の穴が露出することで発生します。

象牙細管は歯髄(歯の神経)につながっているので、その穴に冷たいものや甘いものといった「刺激を与えるもの」が浸入することで歯がしみてしまいます。

このように知覚過敏は「エナメル質が削られること」で発生します。

 

知覚過敏の原因

知覚過敏はエナメル質が削られてしまうことで発生します。

 

《エナメル質を削ってしまう原因は?》

 

◎歯磨きの力が強すぎる

ゴシゴシと力強く歯を磨きすぎると、エナメル質を傷つけやすくなります。 柔らかめの歯ブラシで優しく磨くようにしましょう。

 

◎酸が含まれる食品をたくさんとっている 酸はエナメル質を溶かしてしまいます。

酸が多く含まれている食品

*例:炭酸飲料、柑橘系の果物、酢の物などばかりとるような食生活になっているなら改善する必要があります。

 

◎歯ぎしり

歯ぎしりが酷い場合、マウスピースをするなどして対策しましょう。

 

◎噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと一部の歯だけに過度な力がかけられてしまうので、エナメル質が削れてしまいます。

噛み合わせについては自分で矯正するのは難しいので、歯科医に診てもらうなどしましょう。

 

◎歯石除去

 

歯科クリニックなどで歯石を除去することで知覚過敏が起こることがあります。

歯石が取り除かれることで象牙部分がむき出しになってしまうことがあるからです。

 

◎加齢

 

加齢に伴い歯茎が後退し知覚過敏を引き起こしやすくなります。

 

歯が染みるのを防ぐ歯磨き粉を選ぶ

 

歯磨き粉には、硝酸カリウムという成分の含まれたものがあります。

硝酸カリウムは歯髄の周囲にイオンバリアを作り、歯がしみる症状を防いでくれます。

また虫歯や歯周病などの予防や、歯を白くさせたり口臭を防いだりする効果もあるのでおすすめです。

また、唾液の分泌量を増やすことで歯の再石灰化を促進し、むき出しになっている象牙質を再びエナメル質でカバーすることができます。

口の中が乾いてしまわないように注意しましょう。

 

知覚過敏の原因と、対策についてご紹介しました。

日々の生活習慣である程度は知覚過敏を抑えることも可能ですがあまりにもひどい方は歯医者さんをお勧めします!!

自分の臭いの中で一番気づきにくいのが口臭

自分の口臭わかってますか?

 

自分の臭いの中で一番気づきにくいのが口臭と言われています。

WhiteningBAR のホワイトニングは歯のホワイトニング効果だけではなく口臭を予防してくれる効果もあるんです。

当店で使用しているジェルには『抗菌・殺菌機能』や『消臭機能』があるため元々の歯の白さに近づけると同時に歯周病菌・口臭の原因菌を抑制することができます。

 

差し歯からくる口臭は歯周病が原因であることがほとんどなので口臭を抑えるためには歯周病を予防することが一番の近道なんです。

 

また、歯周病を予防することは口臭の改善につながるだけではなく、美容の面からも高い効果があります

誰かと話すときに自分の口臭って気になりますよね。

恋人や友達に口が臭いと思われたらがっかりします。

ぜひぜひ今日からオーラルケア習慣を始めてみてください♪

 

抗菌・殺菌機能・消臭機能

 

上記3つの機能があるため、元々の歯の白さに近づけると同時に歯周病菌・口臭の原因菌を抑制することができます。