歯磨き粉は研磨剤なしがおすすめ!選ぶときのポイントを紹介

投稿日:2021年11月28日
最終更新日:2021年12月13日

歯磨き粉は研磨剤なしがおすすめ!選ぶときのポイントを紹介
歯磨き粉には研磨剤が含まれている商品があります。研磨剤には歯に付着した汚れを落とす効果がある反面、歯を削ってしまうデメリットがあるため、歯磨き粉は研磨剤なしを選ぶのがおすすめです。 今回は、研磨剤なしの歯磨き粉をおすすめする理由やおすすめの市販歯磨き粉を紹介します。

目次

歯磨き粉は研磨剤なしがおすすめの理由

さっそく歯磨き粉は研磨剤なしを選ぶほうが良い理由について解説します。

歯の表面を傷つけない

研磨剤入りの歯磨き粉は、歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。 研磨剤入り歯磨き粉はステインを落として歯を白くしてくれますが、傷ついた部分に着色汚れが溜まるため、一時的に白い歯になってもまた汚れてしまいます。 また、歯のエナメル質を削りすぎると神経に刺激が伝わりやすくなるので、知覚過敏になる可能性もあるでしょう。歯の表面を傷つけないためには、研磨剤なしの歯磨き粉を選びましょう。

歯周病や炎症を防ぐ

研磨剤なしの歯磨き粉は歯周病や炎症を防ぎます。 研磨剤入りの歯磨き粉は歯磨きの際に歯茎に強い刺激を与え炎症を起こしたり研磨剤の粒子が歯周ポケットに入り込み炎症を起こしたりします。 こういったトラブルを予防するためにも研磨剤なし歯磨き粉の利用をおすすめします。

子供も安心して使える

研磨剤なしの歯磨き粉は子供も安心して使えます。乳歯は柔らかいため、研磨剤入りの歯磨き粉をおすすめしない歯科医師がほとんどです。子供はワインやコーヒーなど歯に着色汚れがつきやすいものを飲んだり食べたりすることは少ないため、研磨剤なしの歯磨き粉で十分きれいになるでしょう。

研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶポイントは?

研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶポイントは?

研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶポイントは、研磨剤入りの歯磨き粉かそうでないかを見極めることです。 例えば、リン酸カルシウム・粒状炭酸カルシウム・塩・顆粒・水酸化アルミニウム・シリカ・重質炭酸カルシウム・清掃剤・ポロリン酸ナトリウムなどは、歯のエナメル質を削ったり溶かしたりする研磨成分です。これらは「白い歯」を目的にした歯磨き粉に含まれることが多いのでパッケージの裏面のチェックをおすすめします。 研磨剤の使用以外に歯を白くする方法として、汚れを溶解する天然成分配合や汚れを浮かせる弱アルカリ性の成分などがあげられます。

研磨剤以外に歯磨き粉選びで重視したいこと

研磨剤以外に歯磨き粉選びで重視したいこと

次は、研磨剤以外に歯磨き粉選びで重視したいことについて解説します。

目的に合わせて選ぶ

歯磨き粉は目的に合わせて選ぶようにしましょう。 歯磨き粉のパッケージに使用目的は記載されていますが、成分をチェックするのもおすすめです。 例えば、ホワイトニングが目的の場合、ポリエチレングリコールなど溶解除去する成分が含まれていますし、虫歯予防ならばクロルヘキシジン類などが含まれています。

フッ素配合のものを選ぶ

歯磨き粉はフッ素配合のものもおすすめです。 フッ素は歯質を強化し虫歯の発生と進行を防止する働きがあるので、口腔トラブルを予防するのに優れています。

低発泡タイプを選ぶ

歯磨き粉は泡立ちが良いほうがいいと感じる方もいるかもしれませんが、歯のためには低発砲タイプを選ぶのがおすすめです。発泡剤は泡立ちと爽快感を得られるため、磨けているという錯覚を起こす方が多い傾向です。歯磨きで爽快感は要らないという歯科医もいます。

研磨剤なしでおすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介

最後に、研磨剤なしでおすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介します。

クリニカアドバンテージ コートジェル

「クリニカアドバンテージ コートジェル」は、研磨剤不使用、低発泡剤のジェルタイプの歯磨き粉です。フッ素が1,450ppm配合されています。独自の高密着処方により長時間歯にとどまり、エナメル質の再石灰化を促進する歯磨き粉です。

シュミテクト トゥルーホワイト

「シュミテクト トゥルーホワイト」は、ホワイトニング目的でありながら研磨剤なしの歯磨き粉です。着色汚れを分解して落としやすくするポリリン酸ナトリウムを配合しています。フッ素も配合されているので、虫歯予防効果もばっちりですし、知覚過敏でお悩みの方も安心して使用できるおすすめの歯磨き粉です。

トゥービー・ホワイト 薬用 ホワイトニング ジェルハミガキ

「トゥービー・ホワイト 薬用 ホワイトニング ジェルハミガキ」は、植物由来成分を配合、研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉です。発泡剤が入っていないので電動歯ブラシでも使いやすいでしょう。また、2種類のフッ素で虫歯を予防します。薬用美白成分であるポリエチレングリコール4000がヤニを浮かせて落とし、白い歯に導くので、ホワイトニンフ目的の方におすすめです。

最後に

今回は、研磨剤なしの歯磨き粉がおすすめの理由について紹介しました。研磨剤なしの歯磨き粉でもホワイトニング効果があるものは市販されています。研磨剤なしの歯磨き粉を用いて白い歯を保ちましょう。 セルフケアで白い歯にならずお悩みの方は、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングをぜひお試しください。ホワイトニングバーでは、歯科医師が監修した専用ジェルを使用したセルフホワイトニングを1回あたり5,080円で受けられます。全国に店舗がありますから、公式サイトからお近くの店舗を探してみてください。

この記事は歯科医師が監修しております
歯科医師 岡本恵衣
ホワイトニングバー専属歯科医師 岡本恵衣
https://whiteningbar.jp/
予約はこちら ホワイトニング歯磨き粉購入 新成人キャンペーン ブライダルホワイトニング 学割

出店情報

ホワイトニングバー
全店舗一覧

オープン予定
熊本店(熊本県)

オープン予定
宮崎店(宮崎県)

オープン予定
長崎店(長崎県)

オープン予定
三宮店(兵庫県)

オープン予定
京都店(京都府)

オープン予定
札幌店(北海道)

オープン予定
那覇店(沖縄県)

オープン予定
広島店(広島県)