歯磨き粉は研磨剤なしで!研磨剤なしの歯磨き粉がおすすめの理由とは

2020年04月16日

市販されている歯磨き粉の種類によっては、研磨剤が含まれている商品があります。 研磨剤には歯の表面に付着した汚れを落とす作用がある反面、デメリットもあるため、歯磨き粉を選ぶときは研磨剤なしを選ぶべきとも言われています。 そこで今回は、研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶべき理由やおすすめの市販歯磨き粉をご紹介していきます。 歯磨き粉選びでお悩みの方は、参考にしてみてくださいね。

歯磨き粉は研磨剤なしがおすすめ?その理由とは

歯磨き粉に含まれる研磨剤には、歯の表面に付着した着色汚れを落とす効果があります。 歯の黄ばみやくすみの原因と言われる着色汚れを落としてくれるのは嬉しい効果ですが、一方で歯のエナメル質を傷つけてしまう恐れもあり注意が必要です。 エナメル質が傷ついてしまうと、汚れが付着しやすくなるので本末転倒になってしまいます。 また、研磨剤が歯周ポケットに入り込み、歯茎の炎症を引き起こすこともあることから、知覚過敏や歯周病の原因となる恐れもあります。 これらの理由から研磨剤入りの歯磨き粉を避けることを推奨している歯医者さんも多くいます。 高い効果が期待できるかもしれませんが、デメリットを考えると、研磨剤なしの歯磨き粉の方が安心して使用できるでしょう。 これらの理由から、研磨剤入りの歯磨き粉を避けることを推奨している歯医者さんも多くいます。高い効果が期待できるかもしれませんが、デメリットを考えると、研磨剤なしの歯磨き粉の方が安心して使用できるでしょう。

歯磨き粉には研磨剤だけでなく発泡剤もなしがいい?

歯磨き粉には、歯の表面の汚れを落とすための成分として研磨剤だけでなく発泡剤が配合されている商品があります。 発泡剤とは、その名の通り泡立ちをよくしてくれる成分で、発泡剤が含まれた歯磨き粉は爽快感が高いことが知られています。 しかし、一方で泡立ちが良いことによるデメリットもあります。 短い時間のブラッシングでも泡立ちが良い為、しっかり磨けたと勘違いしてしまう人が多いのです。 その結果、磨き残しが増え、虫歯の原因になってしまいます。 歯磨きによって歯の汚れを落とすためにはしっかりと時間をかけて磨くことも重要なので、歯磨き粉を選ぶときは発泡剤が含まれていないものや低発泡剤タイプを選ぶことをおすすめします。

研磨剤なしの歯磨き粉でおすすめの市販品は?

研磨剤のデメリットや発泡剤のデメリットについてご紹介してきましたが、続いてはおすすめの市販歯磨き粉をいくつかピックアップしてご紹介します。

研磨剤なしのおすすめ歯磨き粉①クリニカアドバンテージ コートジェル

クリニカアドバンテージ コートジェルは、研磨剤不使用、低発泡剤のジェルタイプの歯磨き粉です。 メインの歯磨き粉として使うというよりは、おやすみ前のプラスケアとしての使用が推奨されています。 フッ素が1450ppm配合されていて、独自の高密着処方により翌朝まで歯にとどまり、エナメル質の再石灰化を促進してくれる歯磨き粉です。 虫歯予防や歯周病、口臭予防に効果が期待でき、ジェルタイプなのですすぎは1回で良いのも嬉しいポイントです。

研磨剤なしのおすすめ歯磨き粉②シュミテクト トゥルーホワイト

シュミテクト トゥルーホワイトは、ホワイトニング歯磨き粉でありながら研磨剤なしの歯磨き粉です。研磨剤は配合されていませんが、歯の着色汚れを分解して落としやすくする「ポリリン酸ナトリウム」を配合。 しっかりとしたホワイトニング効果が期待できます。 フッ素も配合されているので、虫歯予防効果もばっちりです。知覚過敏用の歯磨き粉ブランドとして有名なシュミテクトが販売しているので、知覚過敏でお悩みの方も安心して使用できる商品ですね。

研磨剤なしのおすすめ歯磨き粉③トゥービー・ホワイト 薬用 ホワイトニング ジェルハミガキ

トゥービー・ホワイト 薬用 ホワイトニング ジェルハミガキは、植物由来成分を配合し、研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉です。 発泡剤も不使用なので、電動歯ブラシでも使えます。2種類のフッ素が配合されていて、歯の再石灰化を促進し、虫歯を予防してくれます。 薬用美白成分であるポリエチレングリコール4000がヤニを浮かせて落とし、美しい白い歯へと導いてくれるのです。

ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤なしでも効果ある?

市販されているホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面の汚れを落とす効果がある研磨剤が配合されている商品が多くなっています。 しかし、歯の表面の着色汚れを落とす方法は研磨剤で磨く以外にもたくさんあり、メーカーによってはポリリン酸ナトリウムなどの美白成分を配合することで研磨剤不使用を実現しているところもあります。 研磨剤が配合されていないからといって、ホワイトニング効果が低いわけではありません。 メリットとデメリットを踏まえた上で、研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉の購入を検討してみることをおすすめします。

最後に

今回は、研磨剤不使用の歯磨き粉をおすすめする理由と、おすすめの市販品について紹介してきました。 研磨剤は歯の表面に付着した汚れを落とす効果がありますが、歯のエナメル質を傷つけてしまう恐れもあるため、使用には注意が必要です。 研磨剤なしの歯磨き粉でもホワイトニング効果があるものは販売されていますので、まずは歯にも歯茎にも優しいホワイトニング歯磨き粉を試してみてはいかがでしょうか。 但し、セルフケアでのホワイトニングには限界があります。 ホワイトニング歯磨き粉を使ってもなかなか理想の白い歯を手に入れることが出来ずにお悩みの方は、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングをぜひお試しください。 ホワイトニングバーでは、歯科医師が監修した専用ジェルを使用したセルフホワイトニングを1回あたり5,080円で受けることが可能です。 初めてで不安という方でも、やり方についてはスタッフが説明してくれるので安心です。初回限定割引や、お得な定期コース、学割もあります。 全国に店舗がありますから、公式サイトからお近くの店舗を探してみてください。

この記事は歯科医師が監修しております
歯科医師 岡本恵衣
ホワイトニングバー専属歯科医師 岡本恵衣
https://whiteningbar.jp/
簡単予約はこちら 新成人キャンペーン ブライダルホワイトニング 学割 専用歯磨き粉購入ご検討の方

出店情報

ホワイトニングバー
全店舗一覧(13店舗)

順次オープン予定
神戸三ノ宮店

順次オープン予定
京都四条河原町店

順次オープン予定
札幌すすきの店

順次オープン予定
吉祥寺店

順次オープン予定
博多店

順次オープン予定
熊本店