ホワイトニングはメリットだけじゃない?デメリットとは

2020年06月15日

ホワイトニングと聞くと、白く輝く歯を連想する人は多いでしょう。歯の色にコンプレックスを抱いている方の中には、いつか挑戦してみたいと思っている方もいるかもしれませんね。 ですが、ホワイトニングにはメリットだけでなくデメリットもあるのです。 今回は、ホワイトニングにはどんなデメリットがあるのかを紹介していきます。 ホワイトニングを始めるときは、メリットだけでなくデメリットも把握しておくことが大切ですよ。

ホワイトニングのメリットは?

ホワイトニングのメリットといえば、もちろん歯が白くなることです。 歯が白くなると、笑ったときに歯が人目に触れても気にならなくなるため、笑顔が増え、明るい印象を与えることもできますね。 歯の黄ばみに悩んでいる人は、歯が白くなることで自分に自信が持てるようになるため、それだけでもホワイトニングに挑戦する価値はあるのではないでしょうか。

ホワイトニングのデメリットも知ろう

ホワイトニングには、メリットだけではなくデメリットも存在します。 ホワイトニングは強い薬剤を使用しますので、歯に負担がかかり、知覚過敏になることがあります。 また、ホワイトニングの方法にもよりますが、特にオフィスホワイトニングは料金が高いため、気軽に何度でも通えるという人は少ないかもしれません。 また、歯の質や状態によってはホワイトニングをしても効果が期待できない場合もあります。 不安な場合は自分の歯がホワイトニングして効果が得られるかどうか、事前に歯科医院で相談すると良いでしょう。 しかし、白い歯へのあこがれは捨てきれないという方も多いですよね。 そこでここからは、いくつかのホワイトニングについて特徴とそれぞれのデメリットを紹介していきます。 それぞれのデメリットや特徴を比較して、やってみたい方法が見つかればぜひ挑戦してみましょう。

ホワイトニング歯磨き粉のデメリット

ホワイトニング歯磨き粉を使ったセルフホワイトニングは、手軽に始められるホワイトニング方法のひとつです。 ホワイトニング用の歯磨き粉を使って歯磨きするだけという方法ですので、歯磨きの習慣がしっかりとある人なら忘れず続けられることができるでしょう。 ホワイトニング歯磨き粉のデメリットとしては、期待するほどの効果は得られない可能性があるということがあげられます。 歯の白い人がメンテナンスとして使用する分には、歯の汚れを落とし、白さを持続させる効果も期待できますが、歯の黄ばみが気になる方は別の方法を試す方が得策かもしれません。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングとは、歯科医で作ってもらったマウスピースとホワイトニング用のジェルを使って、自宅で行うセルフホワイトニングの方法です。 しっかりと続けていけば、2週間ほどで満足のいく効果が得られる人が多いのが特徴です。 デメリットとしては、決められた時間マウスピースを装着する必要があるため、会話のしにくさや多少の不便があります。 また、毎日又は2日に1回のペースで続けていく必要があるため、自分を律することのできる人でないと継続するのが難しい場合もあるでしょう。

オフィスホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングとは、歯科医院に通って高濃度のホワイトニング剤を使ってホワイトニングする方法です。 自宅で行うホワイトニングと比べ、効果が出るのが早いのがこのオフィスホワイトニングの特徴です。 デメリットとしては、保険の適用がされないため料金が高い点と、効果が早く出るかわりに色戻りしやすいという点があげられます。 また、ホワイトニング剤の濃度が高いため、中には歯がしみたり痛みを感じたりする人もいます。

活性炭ホワイトニングのデメリット

活性炭ホワイトニングとは、活性炭の入った歯磨き粉で歯磨きをするホワイトニングの方法です。 オフィスホワイトニングやホームホワイトニングに比べれば低価格で手軽に始めることができるでしょう。 活性炭ホワイトニングのデメリットとしては、歯への着色予防には効果があるものの、既に着色している汚れを除去する効果はあまり期待できないという点があげられます。 歯が白くなったという声がある一方で、長期間蓄積された着色汚れには全く効果がなかったという声もあります。 歯の頑固な汚れには別の方法を試す方が良いかもしれませんね。

ポリリン酸ホワイトニングのデメリット

ポリリン酸ホワイトニングとは、従来使用されてきた過酸化水素のホワイトニング剤に、ポリリン酸ナトリウムを混ぜた液剤を使用するホワイトニング方法です。 比較的リーズナブルな価格で行えることが多く、痛みを感じることも少ないとされています。 ポリリン酸ホワイトニングのデメリットとしては、通常のオフィスホワイトニングに比べると、ホワイトニングの効果が弱いという点があげられます。 歯を漂白するホワイトニングと違い、ポリリン酸は歯の表面の汚れを落とす働きがある薬剤です。 そのため、真っ白い歯をイメージしてホワイトニングしても、希望の白さまでは届かない可能性があります。 また、ポリリン酸ホワイトニングができる歯科医院は限られているため、探すのが大変という点もデメリットといえるでしょう。

最後に

今回は、様々なホワイトニングの方法別に、それぞれのデメリットを紹介してきました。ホワイトニングをするメリットは白い歯が手に入ることです。 歯の色にコンプレックスがある人は、ホワイトニングで歯を白くすることで、自信が持てるようになるでしょう。 しかし、どのホワイトニングにもデメリットは存在します。デメリットをしっかりと把握して、ホワイトニングをしても後悔しないかどうかは冷静に考えるようにしてください。 また、ホワイトニングで白い歯を手に入れたとしても、その歯の色が生涯持続するわけではありません。 喫煙者や歯に色の付きやすいコーヒーなどを好む人は、色戻りも他の人より早く訪れる可能性もあります。

ホワイトニングしたあともケアは丁寧に行い、月に1回程度のメンテナンスも行うようにしてください。 ホワイトニングしたいけど高額な費用は出せないという方や、自宅でのホワイトニングが継続できるか不安という方におすすめしたいのが、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングです。 ホワイトニングバーなら、1回5,080円(税込)でセルフホワイトニングを受けることができます。使用するジェルは歯科医師のチームが監修したものですので、安心して使うことができます。 お得なコースもありますので、1回あたりの料金は更に抑えることも可能です。 興味のある方は、公式サイトからお近くの店舗を探してみてください。

ホワイトニングしたいけど高額な費用は出せないという方や、自宅でのホワイトニングが継続できるか不安という方におすすめしたいのが、ホワイトニングバーのセルフホワイトニングです。ホワイトニングバーなら、1回5,080円(税込)でセルフホワイトニングを受けることができます。使用するジェルは歯科医師のチームが監修したものですので、安心して使うことができますよ。お得なコースもありますので、1回あたりの料金は更に抑えることも可能です。興味のある方は、公式サイトからお近くの店舗を探してみてください。

この記事は歯科医師が監修しております
歯科医師 岡本恵衣
ホワイトニングバー専属歯科医師 岡本恵衣
https://whiteningbar.jp/
簡単予約はこちら 新成人キャンペーン ブライダルホワイトニング 学割 専用歯磨き粉購入ご検討の方

出店情報

ホワイトニングバー
全店舗一覧(13店舗)

順次オープン予定
神戸三ノ宮店

順次オープン予定
京都四条河原町店

順次オープン予定
札幌すすきの店

順次オープン予定
吉祥寺店

順次オープン予定
博多店

順次オープン予定
熊本店